<LOL脳で上達>自分と向き合う練習の大切さとは?

この記事は「レートが停滞してしまった」「もっともっと上手くなりたい」「下手なりに上達したい」「これから効率よく上達したい」と言う人向きの記事になります。

はっきり言えば、今現在すごい勢いで上達していたりする人は、こんな記事を読んでいる暇があるなら回した方がいいでしょうし、すでにチャレンジャーの方は無意識のうちにこれに取り組んでいるでしょう。

そもそもこんなことを意識するまでもなく、上手くなるほどセンスがあったのでしょう。しかし僕も含めて、ほとんどの人がそんなにもセンスも頭もよくなく、意識も高く保てません。

なのでマクロやミクロではなくもっと根本的な「LOL脳」を鍛えて、階段を一段ずつ上がっていきましょう。

LOL上達の為に必要な3つの方法

当たり前ですが、練習をしないと上手くなりません。しかしLOLでは野球でいうキャッチボールや、テニスでいうラリー。ゴルフでいう打ちっぱなしのような、基礎練習をしている人は本当に少ないです(FPSではエイム練習している人多い印象なんですけどね)。

CS練習やタイマン練習は、した方がいいのは当然です。ですが今回はそれをした上で、そこから先の上達するための練習を少し話していきましょう。

◆ノーマルで練習しよう

チャンピオンは、まずノーマルで練習しましょう。これは割と重要で「VCで友達に教えてもらいながらできる!」「負けてもいいから楽しくできる!」「負けてもいいから限界バトルに挑戦できる!」ということですね。

要するにノーマルは「楽しく教えてもらいながらチャレンジすることができる」ということです。ノーマルでチャレンジしないやつは上手くならない。上手いやつの腰ぎんちゃくになってるそこの君だぞ!

◆サブ垢でランクを回そう

サブ垢でランクを回すことは悪いことではありません。むしろ個人的には推奨しています。特に他ロールをやったり、新しいチャンプを練習していくにはサブ垢と言うのは非常に役立つものになるでしょう。

サブ垢とはメイン垢から逃げていると思う人もいますが、メイン垢のレートを上げるために練習するツールとして積極的に使っていきましょう。「俺メイン~だから」「サブ垢だから負けてもいいから」という言い訳野郎は女の子に振られてしまえ

◆メインのみは修羅の道

大前提としてLOLは、○○専門と言う人は下手と思ってもらっていいです。上手い人は5つのレーンをある程度できるものですし、その中から「どうしてもできないレーン」「一番勝てるレーン」ができるので○○メインになるわけです。

その道順で色々変わってきて、例えば「ADメインで上げてたけど、サブで入れてたJGのほうが勝率がいい気がする」または「JGメインで上げていたけど、パッチがきてJGが勝てないレーンになった」と言う風に。

LOLと言うゲームは、こういうことが良く起こるゲームです。しかしこれは感覚的なものであり、数字に出るのは回してみないとわかりません。

実際にはサブで入れていたJGは味方が強かったから勝てていただけだったり、JGにとってきついパッチになったとしても、相手のJGも結局きつくて勝率的にはむしろ上がったみたいなことも起こりえるのです。

もちろん「今はMIDメタ!MIDが1番パワーあるんだよ!」とMIDをプレイして、相手のMIDのほうが上手くてレート落とすなんてこともありますよね。

それを回避するためにまずサブ垢で「自分の実力はどんなものなのか?」「仮説は正しいのか?」を検証してみるのです。メインで検証するとレートが落ちて、も下がりますし、修羅の道と言ってもいいでしょう。

LOLソロQでは自分と向き合って練習しよう

チャレンジすることは大事です。僕は何度も言っていました。しかし、それも自分と向き合わなければチャレンジではなく、ただの脳死プレイです。

◆できないことはしない

「できないことにチャレンジしてはいけません」と言うと少し語弊があるのでもう少しちゃんというと「自分が全くイメージできないことをするべきではない」と言うことです。

あなたのしたチャレンジは、本当にあなたの身丈にあったチャレンジですか?もっと自分に合ったプレイがあるのではないですか?

勇敢と無謀が違うように、イメージしていないプレイをすることはチャレンジではありません。画像のヴェイン使いみたいな人いっぱいいるでしょう?まだリプレイ見るだけましですけどね・・・

◆できることはチャレンジする

逆にできることをチャレンジしない人もたくさんいます。例えば、簡単に言えばレーンのダメージトレードなんていうのはやらないとわかりません。じゃあなぜそれをしないのか?

先ほど言ったことの続きになりますが「イメージをしていないから、チャレンジできない」と言うことになります。とある偉い人は「アグレッシブに行かないから下手なのではない、下手だからアグレッシブにいけないのだ」と言いました。

卵が先か鶏が先かみたいな話にはなりますが「自分ができることとは何なのか?」を常に意識し、そしてチャレンジしていきましょう。

◆自分と向き合うということは周りを見ること

LOLと言うのはチームゲームです。つまり自分と向き合うということは「味方から何を求められているのか」ということに他なりません。

もちろん1番は「対面に勝つ」ことですよね。レートの高い人だっていきなり1vs3をできるわけではありませんし、逆に1vs3が出来なくたって対面に勝ち続けていればレートは上がっていきます。

他には「周りが強いなら自分は絶対にやらかさない」とか「周りが弱くて自分がキャリーしてるなら自分が試合を動かす」とか。そういうものを把握することによって、先ほど言ったイメージを作ることができます。

◆サブ垢やノーマルでできたことができない場合

それは確実に練習不足です。別に味方が悪いとか、あなたの調子が悪いとかそんなことではありません。逆に「なぜサブ垢やノーマルでできたのか?」をしっかり言えますか?

相手が弱いからというのが1番でしょうが「どこがどう弱い・下手だから成功したのか?」を考えていれば、メインの相手が強い場合だって全く同じことができるタイミングはあるはずですし、なければ作る工夫をすることだってできるはずです。練習からもっと意味のある練習をしましょう。

LOL脳を鍛えるためには一つ一つに意味をもたせよう

LOLはメンタルゲームであり、インテリジェンスが問われるゲームでもあり、フィジカルが問われるゲームでもあります。

才能が大きい部分もありますが、僕が思うにその才能が活かされるのは一部分だけであり、ほとんどの上手い人は無意識のうちに練習し、LOL脳を鍛えている人が多いです。

周りにいませんか?瞬間的なフィジカルだけならめちゃくちゃ上手いのに、レートもそんなに上がらないし、プロシーンに興味なし。教えるのも下手みたいな人。

そんな人はLOL脳がありません。逆にフィジカルがどう見てもないのに、レートが高い人もいますよね?LOL脳を鍛えればあなたもそちら側に行けます。

◆勝ちにこだわろう

これは本当に大事なことです。メンタル的に勝ちにこだわれない人は、技術や知識がついてきません。その理由は簡単で、勝とうとしないで結果的で勝っている人は勝つまでのプロセスがイメージできていません。

例えば上手い人のほとんどが「しっかりファームしてお金を集めて勝つ」のようなことを言いませんか?これはすごくシンプルに、勝つまでのプロセスがイメージできますよね。

もちろんほかにもいろんな勝ち方があると思いますが、よほどの天才でない限りここのイメージがしっかり決まっていない人は上達がしませんし、結果もついてきません。勝ちにこだわることが「LOL脳」の第一歩です。

◆狙ったワースト結果的なワースでは大きな差がある

「ワース」とはつまり悪くないという意味です。使いやすいですし「今のはワース!」と言い続けていれば、ノーマルでも笑いが取れるのでお勧めです。

さて例えば「タワーダイブされたけど1-1トレードになった」とか「ガンクをもらったけど相手は3枚フラッシュを吐いてこちらは切らずに死んだ」と言ったような場合「これなら大丈夫だろう!」と狙ったプレイで取ったワースと「なんか知らんが相手ミスしてくれた!」でとったワースでは天と地ほどの差があります。

「まぁワースだな」で思考を止めずに「今のはもっと上手くできたのか?」「そもそもの判断が悪かったのか?」を常に考えていきましょう。

◆たまたまの成功体験をしっかり考える

LOLには「なんか知らんけど殺せた!」「今なんか知らんけど俺めちゃくちゃ上手くなかった?」ということが良くあります。

そのたまたまを出せたということは、本当に偶然できたプレイだとしても次も同じプレイができる可能性があるということです。

例えば「フラッシュ先にスキルをあてれた」「相手のスキルを勘で避けれた」ということなどが成功した場合「なぜできたのか」「なぜそうなったのか」「次に同じことをするにはどうしたらいいのか」をしっかり考えます。

この考えがしっかりできる人は、そのスーパープレイを当たり前のように普段からできるようになります。逆にこれができない人はどれだけチャレンジしても無駄と言えますね。

イメージしていないことを実践できる機会は本当に貴重です。大事にしていきましょう。

◆デッドの原因は軽く考えるな

このゲームにはデッドというわかりやすい失敗があります。失敗したならなぜ失敗したのかを考えるべきです。

「味方がよえーよー」「JG来てたらなー」「まぁチャレンジ大事だからw」ここで終わってる人は一生成長しません。

もちろん意味のある死もあるので、デッド自体が悪いわけではありませんが、基本的にはデッドはできるだけ避け続けるべきです。

もしあなたが「味方よえー」と思ってるなら、なおさら死んではいけません。デスタイマーの間にあなたはファームできたのですよ?

弱い味方を餌にしてファームすれば、あなたが強ければ勝てるんじゃないですか?味方に文句言っている暇があるなら、死なないようにしましょう。

まとめ

・メイン垢のレートを上げるにはノーマルやサブ垢で練習しよう

・「チャレンジする」を言い訳にしないで、自分にあったチャレンジをしよう

・成功体験と失敗体験をしっかり振り返り、成長につなげよう。

最後に

これは何度も言っているがますが、上手い人はこれを無意識にやっている。「適当にやってる」「遊びでやってる」と言っている人たちにしっかり聞いてみると、しっかりとした答えが返ってくるのだ。

彼らからすれば「こんなことなんで低レートの人たちわからないの?」という感じなのだろう。だから彼らの「~してたらレート上がるよ」「適当にやっててもゴールド(プラチナ・ダイア)まではいけるよ」を信じてはいけない。

彼らは反射神経なんかの前に、本当にそういう「LOL脳」の部分から才能があるのだ。逆に言えばそこをしっかり鍛えていけば、ある程度のところまではレートは上がる(実際にこんなおじさんでも、ある程度までは上がっている)。なので才能のせいにせず、人のせいにせず頑張ってほしい。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783