【LOL攻略】熱くなりすぎる人必見!負けている時に考える5つの大切なこととは?

はじめに

皆さんは、このような経験ありませんか?

「くっそ、味方のティーモのせいで負けた!!」

「まだ、俺は勝てそうなのに・・・」

このような経験は、LOLをプレイしている中で、幾度もあったと思います。今回の記事は、負けている時こそ考える大事な事を、まとめた記事になります。

【LOL攻略】負けている時こそ焦らない

レーン戦を行っている時に、例えば対面に2回もソロキルされたりすると、そのレーン戦は敗北したも同然です。なかなか1人ではひっくり返すのが難しいので、焦らずディフェンシブルな装備を買いましょう。

LOLというゲームは、防御アイテムが攻撃アイテムよりコストパフォーマンスが優れています。攻撃力が10上がるロングソードというアイテムは350ゴールドに対して、防御力が15上がるクロスアーマーは300ゴールドです。

レーン戦が負けたからと言って、試合に負けたわけではありません。負けているときは「まだ勝てる・・・!」という考えは捨て、ソロキルできるチャンスは減りますが、防具を購入し味方を信じてセーフプレイを心がけましょう!

【LOL攻略】勝つために考える5つのポイント

◆1.ワードを使用して、視界を確保しガンクに備えよう

「レーン戦勝てそうなのに、対面のレーンだけガンク来てやられてばっかり・・・これもガンクに来ない味方のせいだ!」レーン戦を行ってる時に、こういう思考に陥ることは本当によくあることだと思います。

あなたのレーンにガンクが来るという事は、とても“警戒”しているからです。終盤強いチャンピオンを使っているとしたら、序盤から中盤にかけて、そのレーンを潰し徹底的に腐らせるのがLOLの定石です。

ガンクが決まらないように、ジャングラーが通るルートなどにワードを置き、警戒しましょう。それでも執拗にガンクに来るようだったら、タワー下など安全な場所で経験値やCSを取りましょう。

また、序盤にあったワンミスを過剰にチャットなどで攻撃しては絶対にいけません。誰にだってミスはあります。

LOLは味方が序盤にワンミスするだけで、勝ち負けが決まるゲームではありません。

味方が勢いよく無理なダイブをし、対面にキルを取られても、1つ冷静に心を落ち着かせましょう。(逆に言うと終盤では、ワンミスが命撮りになることがあります)

また、敵が元気でなうちに無理にバロンなどのオブジェクトを取りに行こうとして、向かっている味方が居れば、バックピンを鳴らすなどして退かせてあげましょう。

それでも止まらない場合、敵にやられてしまう事もあります。

そのときに「?ピン」を炊いてしまう事は、絶対にしてはいけません。効果になり、あなたを助けることもなくなるでしょうし、試合を放棄してしまうかもしれません。

LOLはチームゲームです。ギリギリのダイブや、オブジェクトの獲得に成功したときは「ナイス!」と味方を褒める事によって、味方があなたのレーンや窮地の時に助けに来てくれるかもしれません。

◆2.ジャングラーが助けに来ないのには訳がある

何故ジャングラーが助けに来ないのか、考えてみましょう。ジャングラーは、負けているレーンにはガンクにはいきません。

これもLOLの定石でもあり、ジャングラーをしている人にすれば当然の事です。なぜならば、対面に何回もソロキルをされていて、装備差、レベル差が1つ、2つでも違うと、そのままダブルキルをされジャングラー共々、腐ってしまう可能性があるからです。

そういうレーンには相手ジャングラーが有利を広げるために、ダイブしに寄って来たりします。自分が有利になりづらいレーンに行くことは、自己の負担にもなり行きづらいです。

あなたのレーンにガンクが来ている時は、味方のジャングラーはカウンターアクションで、オブジェクトや相手のジャングルに入り中立モンスターや、視界を取っている可能性が高いです。

ガンクに来た際にキルを与えず、利益を得ないまま相手ジャングラーをしっかりいなせれば、その分相手ジャングラーは味方ジャングラーより不利になります。

そうすることによって、味方のチームは有利になっていき、結果勝利に繋がる可能性が広がります。

LOLは、レーンの勝敗がすべてではありません。負けている時、あなたは苦しいレーン戦を強いられますが、セーフプレイにより有利が積み重なり勝ち取った勝利は、あなたのお陰と言っても過言ではありません。

◆3.絶対にAFK・Feedをしない

LOLなどMOBA(*1)と言われるゲームは、チームゲームです。序盤、どんだけボコボコにされようが、絶対にAFK(*2)はしないようにしましょう。

AFKとはキーボードから手を離すことです。これを、LoLでは試合放棄とみなします。5vs5のチームゲームなのに1人が試合放棄すると、4vs5になり非常に勝つことが難しくなります。

レーナーが減れば対面の介入がない分、そのレーンの対面は粛々と育っていき、試合放棄以降ノーリスクのファーム、無防備なタワー、どんどん手が付けられず最終的に、そのゲームは敗北となることが多い事でしょう。

心優しいジャングラーは、カバーしてくれる方も居ます。そうなるとサモナーズリフトのジャングルは相手ジャングラーに好き放題され、視界もとれない分、常にガンクの危険と隣り合わせなレーン戦となることでしょう。

ジャングラーの方はサモナースペルでスマイトを選択し、ジャングルアイテムを買っていますので、イグナイトやテレポートがない分、レーン戦を戦う事は明らかに不利です。

たとえ対面に負けた場合は、タワー下など安全な場所で拾えるだけの経験値やミニオンを拾い、セーフプレイを心掛け絶対にAFKはやめましょう!その行動をするだけで、味方には好印象です。

同じくFeedをすることもやめましょう。Feed(フィード)とは直訳すると、餌という意味です。対面にソロキルされ続ける人などを刺したりする、LOLの比喩表現です。

味方から煽られたりすると、自分のレーンを放棄などして味方の邪魔をしたり、ADメインのチャンピオンなのにAPアイテムを買ったり、明らかにおかしい装備をしたりすることです。

負けてしまうのは仕方がありません。ですが、しっかりと戦況を見据えつつ自分のできる最大限の事を行いましょう。

AFKやFeedをすると、そのサモナーズリフトにいる10人が無益な時間を20分近く過ごすことになるので、とてもストレスが溜まりLOLが嫌いになってしまいます。

自分がしないのは当然ですが、そういったプレイヤーがいた場合は試合後に報告システムを使い、Riotに訴えましょう。

調査の結果、悪質な行為と見なされれば、アカウント停止措置等をRiotから課せられます。

*1(MOBA マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)
*2(AFK アウェイフロムキーボード)

◆4.デスの原因を確認する

自分がデスした場合、パッチ9.14からデスの原因が表示されるようになりました。多く受けているダメージが物理攻撃なのに、魔法防御アイテムを積んでいたりしていませんか?

そこでは、何のスキルによってどれだけダメージを受けたかが、物理ダメージ・魔法ダメージ・確定ダメージに分かれて細かく表示されています。

相手の構成や、積んでいる装備を確認しながら必要な装備を整えていきましょう。

味方が初心者の場合、おすすめアイテムとして出ている順に、装備を積んでいる方もいらっしゃると思います。そういう時は、優しくチャットで教えてあげましょう。

◆5.相手のサステイン対策装備をしているか?

ダメージを出し続けているはずなのに、相手の回復量の方が上回っており、落としきれずどんどん味方が倒されていき、結果全滅しエースをとられたことはありませんか?

相手にサステイン能力が高いチャンピオンはいませんか?ソラカやブラッドミア、ドクタームンドなどがそうです。下記に詳しく書いてありますが、対策が必要な場合はしっかり回復阻害装備を積んでから、集団戦を勝ち切りましょう!

LOLで連敗したときは休憩をする

次こそは勝てる・・・!と思いながらも、3連敗、時には10連敗することがあるのが、LOLというゲームです。

そういう時、その日はLOLをやめるか1回休憩を挟んでリラックスしましょう。連敗してる時こそストレスも溜まり、体も疲れてきていると思います。

好きな音楽を聴いてリフレッシュしたり、体操をしてみて体をほぐしてみましょう。落ち着いて試合に臨めば、今までの連敗で上がってたストレスもなくなり、落ち着いてプレイできるはずです。

まとめ

対人ゲームをしている時こそ、熱くなってしまうものです。勝ちにこだわりすぎてチャットで争っている人を見かけますが、とても不愉快な気分になりますよね。

大事なのは、平常心を持って冷静にプレイすることです。熱くなりすぎて味方のせいするのはやめましょう。

長々と書いてしまいましたが、負けている時こそ学びが多いゲームです。相手や味方の状況を確認し、負けを活かし楽しくゲームをプレイしましょう!

この記事の著者

Pozzy

Pozzy

旅行とオンラインゲームが好きで、LoLはシーズン9から始めたエンジョイ勢。いつかLCKを現地で観戦したい。

関連記事

ページ上部へ戻る