【LJL2019レポート】LoL日本プロリーグが開幕 白熱した試合にガッツポーズも出るEスポーツっぷり

LJL2019

「League of Legends(リーグオブレジェンド)」(LoL)の日本プロリーグ「LJL 2019 Spring Split」が2019年1月19日に開幕しました。

春と夏の2シーズン制のプロリーグで今シーズンからは8チームが参加しており、11週のレギュラーシーズンとプレイオフという長い期間でしのぎを削ります。優勝賞金は1,000万円。国内最大規模のリーグといっても過言ではないでしょう。

会場は渋谷 よしもと∞ホール

yoshimoto
渋谷駅から徒歩10分弱、よしもと∞ホールという場所で開催される今回のシーズンのチケットは、試合数の多い日が3,500円、試合数の少ない日が2,000円でオンラインで購入することができます。

開幕戦のチケットはやはり人気なのか、全席売り切れていました。

開幕戦ならでは 試合前のチーム紹介

LJL2019
今シーズン参加しているチームは下記の8チームです。
・Crest Gaming Act(CGA)
・Rascal Jester(RJ)
・Sengoku Gaming(SG)
・AXIZ(AXZ)
・Detonation FocusMe(DFM)
・Unsold Stuff Gaming(USG)
・Burning Core(BC)
・V3 Esports(V3)

実況解説は4人制 MCには芸人起用

LJL CASTER MC
MCは芸人のタケト氏(写真左)、そして新たにキャスターに加わったJaeger氏(写真中央)とRecruit氏。

LJL eyes revol
そしてその3名を写真に収めようとする名実況・名解説コンビのeyes氏(写真右)とRevol氏。

こういったお茶目なキャスター陣が見られるのもオフラインならではの楽しみです。

会場はほぼ満員 立ち見席も

会場で歓声をあげながら見る試合は、配信で見るよりも数倍熱く見れること間違いなし。周りのボルテージにもつられ、取材中でも声を上げることがよくあります。

注目の結果は?

昨シーズン覇者のDFMと今シーズン大幅強化のUSGは安定の2連勝。初出場のSGは1勝を上げますが同じく初出場のAXZは2連敗と、今後の成長に期待です。RJ、BC、CGAはそれぞれ1勝スタート、V3は2連敗ながら、

1週目終了時点での結果は下記の通りです。

2勝0敗

DFM
USG

1勝1敗

SG
RJ
BC
CGA

0勝2敗

AXZ
V3

終了後にはファンミーティングも

SG LJL
試合の勝敗にかかわらず、当日の全試合が終了したチームから順番に、ファンミーティングをおこなっていました。

ファンミーティングでは選手と交流したり、サインをもらったり、一緒に写真を撮ったりと、ファンも大満足の様子でした。

昨年の王者は危ない場面も

LJL DFM EVI Ceros
2連勝のDFMですが試合内容は危ない場面も多く、2試合目BC v DFMの試合の配信は最高同時視聴者数3万6,000人を超える大注目の試合に。幾度となく王者を追い込んだBCですが、世界を経験したDFMの粘り勝ちで幕を閉じました。

終了後、勝利したEVI選手はガッツポーツ。ファンからのDFMコールにCeros選手も安堵の表情を浮かべていました。しかしながら、絶対王者といわれたDFMを追い込んだBCの今シーズンもとても楽しみです。

なお、Week2のレポート記事もあわせてご覧ください。Week2から、試合内容・結果の詳細も記載しています!

是非皆さんもオフライン観戦に来てみてはいかがでしょうか。配信では味わえない熱狂がそこにはあります!試合のアーカイブなどは下記からご覧ください。

関連リンク

LJL公式ページ
チケット販売サイト(よしもと)
WEEK1試合アーカイブ動画

この記事の著者

Melt

Melt

1992年北海道生まれ北海道育ち
2000年よりオンラインの対戦ゲームをプレイし始める。

2010年に上京して以来、esportsの選手、イベントや大会の企画・運営、チームマネジメント、メディア等に携わり今に至る。

現 ゲーミングイベントチーム「Sky Rocket」のチーフディレクター

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る