【LOL攻略】ADC強者ケイトリン最強の使い方ガイドまとめ

こんにちは。今回はadcの中でAA射程が初期状態で1番長いケイトリンの使い方ガイドです。このチャンプは、adcの中でも1人でレーンをドミネートする能力があるので、大変おすすめなチャンピオンになっています。

1人で出来ることが多く、レーンで自分からキャリーしたいというadcの方必見の内容となっています。

【LOL攻略】ケイトリンの長所と短所

ケイトリンの長所と短所について見ていきましょう。チャンピオン毎に強み弱みがあるので、まずはしっかり長所と短所を理解しておきましょう。

◆ケイトリン長所

  • AA射程が長い
  • プッシュが早い
  • 少し弱いがブリンクがある
  • タワーシージが強い

射程が長く、プッシュが早いので本当にレーンが強いです。ウェーブコントロールが自由自在で、プッシュの主導権をほぼ取り続けることが出来ます。AAの射程もadc最長なので、ハラス性能も余裕のトップクラスです。

◆ケイトリン短所

  • レーン負けすると復活しづらい
  • AAをしないとダメージが出ない
  • 装備差がないと弱い

ケイトリンは装備依存が高いので、レーンで負けると悲惨なほどダメージが出ません。集団戦でダメージを出す方法が、ほぼAAです。しっかりAAをしないとダメージが出ません。

逆を言えばAAがしっかり出来れば、ダメージが出るのでadcを練習するには、本当にいいチャンピオンだと思います。

【LOL攻略】ケイトリンのスキルとルーン

ケイトリンのスキルは癖がなく、わかりやすいスキルが多いです。

◆P-ヘッドショット


スタックが溜まったAAでしっかり圧力をかけにいったり、ブッシュから殴って早くスタックを貯めたりと強いパッシブ。最初のうちは、特に気にしなくてもAAをしてるだけで、しっかり発動するので特に考えなくても強いスキルです。

Wに引っかかった相手とEを当てた相手には、スタック関係なく発動してさらに射程が2倍になります。

最初に意識するポイントは

  1. スタックが溜まっている時に圧をかける
  2. 茂みから出来るだけAAする

◆Q-ピースメーカー

ケイトリンは、序盤このスキル1つでほとんどの相手に、ウェーブの押し引きが自由自在に行うことができ、同時にハラスが出来ます。

ケイトリンのレーンの強さを支えるスキルです。このQの使い方1つで、ケイトリンのレーンの強さが変わります。

最初に意識するポイントは

  1. 1回のQで全てのミニオンにしっかり当てる
  2. 余裕が出来たらミニオンと同時に相手チャンピオンに当てる

◆W-ヨードルトラップ

ゾーニングスキルとして相手が来れないように使ったり、自分の逃げ道に下がりながら置いたり、相手のタワー下に置いてCSを取りづらくしたりと、多くの使い方が出来ます。

味方のCCに合わせて足元に置くのも強いです。慣れるまでは、とりあえずタワーを殴る時に相手のタワー下に適当に置く、これで最初はいいと思います。

スタック制なので、必ず1スタックは味方のCCに合わせる用に取っておきましょう。

最初に意識するポイント

  1. タワーを殴る時は相手のタワー下に適当に置く
  2. 味方のCCに合わせて相手の足元に置く

◆E-L-90カリバーネット

ケイトリンの重要なブリンクスキル。当たった相手チャンピオンにパッシブ付きAAが打てるので強いですが、逃げるために最後まで取っておきたいスキル。

最初のころは逃げるためだけに使おう。使いすぎると、マナもすぐ切れるので気をつけましょう。

相手方向と逆に打って、相手を追うときにも使えます。小技としてもう1つ覚えていて欲しいのは、Eのブリンクは薄い壁をぬけることが出来ます。どこが抜けることが出来るかは、自分で試してみるといいと思います。

最初に意識するポイント

  1. 逃げるためだけに使う
  2. 相手と逆方向に打って追えることも頭の片隅に入れておく。

◆R-ブルズアイ

対象指定でダメージの高いスキル。1人にしか当たらないのでボディーブロックされることもあるが、相手のHPが少なく、さらにAAが届かない距離なら積極的に使うべきスキル。

詠唱が1秒あり、詠唱中は動けないので相手が近くにいる状態では使わないように、気をつけましょう。後半の集団戦ではRを使うよりAAをしたほうがダメージが出るので、集団戦が始まる前に柔らかい相手に打つようにしよう。

最初に意識するポイント

  1. 相手が近くにいる時は使わない
  2. 後半は集団戦の前に柔らかい相手に使う

◆ケイトリンルーン

ケイトリン初心者へのおすすめはこちら。フリートフットワークのMS上昇で一方的なダメージトレード、オーバーヒールによるバースト対策、基本的にライフスティールアイテムを積むことが少ないのでレジェンド血脈。

ひたすらQでミニオンを押し付けたいので、マナを助けるためのビスケットデリバリーを選びます。強気にいきたいという方は、レジェンド地脈をレジェンド迅速に変えるのもいいと思いますが、最初のうちは、レジェンド血脈のほうが安定します。

【LOL攻略】ケイトリンのビルド

LOLはビルドが多様ですが、初心者におすすめのビルドを紹介していきます。

◆スタートアイテム

or  

adc全般に言える話ですが、相手のsupがメイジチャンピオンならドランシールドを持ちましょう。メイジサポートはハラスが強力なので、ドランシールドを持つとレーンの安定性が飛躍的に上昇します。それ以外は、ドランブレードを持ちましょう。

◆コアアイテム

  

ケイトリンは、ストームレイザー→インフィニティエッジ→ラピッドファイヤーキャノンが1番強いです。ラピッドファイヤーキャノン+ストームレイザーで、長距離から相手にスローをつけて一方的に攻撃することが出来るのが、とても強い点です。

ケイトリンの強いタイミングは、コアアイテム1つと3つの時です。

◆シチュエーションアイテム

  

最初に覚えていて欲しいアイテムは、この3つ。相手のAPチャンピオンが育っていた時はヘクスドリンカー、相手のADチャンピオンが育っていた場合はPD。

相手に回復系のサポート(ソラカ・ナミ・ソナetc…)がいる時は、エクスキューショナー。

いつ買うかは、シチェーション毎に異なるので難しいですが、最初のうちはストームレイザーが出来たら買うという意識で大丈夫です。

【LOL攻略】ケイトリンの立ち回りとコンボ

ケイトリンの立ち回りや、コンボで覚えておきたい基礎的なことを紹介していきます。

◆立ち回り

ケイトリンは、序盤と終盤は強いが中盤が弱いです。ケイトリンが強い序盤の強い時間に、出来るだけ相手と差をつけて、ケイトリンの弱い中盤の時間を短くするのが大事です。

そのためレーニングフェイズで負けてはいけません。レーニングフェイズで負けるということは、ケイトリンの弱い中盤の時間が伸びてしまうからです。

ケイトリンはプッシュするチャンプなので、相手JGもガンクによく来ます。最初は無理だと思いますが、ガンクをくらわないことも大事です。

相手のジャングラーが近くにいない時にプッシュして、相手より先にタワーを破壊する。これがケイトリンを使う上で、1番大事な立ち回りです

◆コンボ

この動画で説明されている3つ目のコンボくらいまでは実用性も有り、簡単なのでおすすめです。特に3つ目のコンボは、ケイトリンが1番瞬間的にダメージを出せるコンボなので、ぜひプラクティスモードで練習してみましょう!必ずキルラインが増えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、レーンからキャリーが出来るadcケイトリンの使い方ガイドでした。初心者から上級者まで強いチャンピオンなので、ぜひ練習してみてください。

この記事の著者

ぬぴお

ぬぴお

LOLや格闘ゲームの大会を見るのが趣味で、LOLは日本サーバーからプレイしています。格闘ゲームはほぼ動画勢です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る