【LoL攻略】初心者向け解説 ミッドの役割とコツ【パッチ:9.1】

LoL MID 攻略

ド派手なスキルと圧倒的ダメージでLoLの華といわれるロール、ミッド。LoLをやっている人でその名を知らない人はいないとまでされる韓国のトッププロであるFaker選手の担当しているレーンです。

相当なプレイヤースキルを必要とされ、スキルを当てる・避けることは大前提に、CSの精度、相手のガンクへの警戒も高いレベルを強いられるレーンです。この記事では、そんな重要な役割であるミッドの、ゲームにおける役割とコツを解説します。

他レーンの解説記事についても是非ご覧ください。
【LoL攻略】初心者向け解説 サポートの役割とコツ【パッチ:9.1】
【LoL攻略】初心者向け解説 ADCの役割とコツ【パッチ:9.1】

ミッドとは

ミッドとはサモナーズリフト中央の道のことで、そこに行く人のことを指します。トップに行くにもボットに行くにもジャングルに入るにも近く、少数戦が頻繁に起きます。

良くも悪くも他への影響が大きいレーンであることは間違いなく、プレイの安定感が求められます。集中的に狙われたとしてもしっかり対応し、相手にスキがあれば有利を広げるということを淡々とおこなわなければいけません。

ゲーム序盤

LoL MID early
ゲームの序盤はADCと同じくCSを稼ぎ、ゴールドを貯めるフェーズです。ですが、ADCよりも序盤からのダメージが高いチャンピオンが多く、1vs1のレーンであるためキルが発生しやすいのも特徴です。

味方のジャングルと連携をとりながら、相手のジャングルにプレッシャーを与えたり、相手のミッドをキルしたりボットやトップに動くなど、序盤から大きく動かすこともできます。

ゲーム中盤

LoL MID mid
ゲーム中盤はタワーやドラゴンなどのオブジェクトを積極的に狙います。オブジェクトを狙うためには相手のチャンピオンからのプレッシャーを少なくしなければなりません。

そこで鍵となるのがミッドです。ミッドは基本的にバーストダメージが高かったり、強力なCCスキルを持っていることが多く、相手のキャリーにとって驚異となります。

スキルは一度発動して外してしまうと、相手のキャリーに対してのプレッシャーが薄れ、ミニオンウェーブを処理されてしまったり、エンゲージされてしまうので、当たる自信があるタイミングや外れても危険ではないタイミングを選んでスキルを使用する必要があります。

ゲーム終盤

LoL MID late
終盤の戦い方は大きく分けて2パターンあります。相手のキャリーを狙って倒すのか、味方のADCと寄り添って戦うかの2パターンが主流になります。もちろん、相手のADCが甘えた立ち位置に来たら容赦なくキルを狙うべきですし、味方のADCが育っているならそれを守りながら戦う選択が良いでしょう。

共通して言えることは、大事なスキルやダメージリソースを早すぎず遅すぎず、適切なタイミングで使用するということが重要になります。大事なダメージ源を相手のタンクに使ってしまい、あまり効果が無く終わってしまうなんてことが無いように気をつけましょう。

まとめ

  • 序盤:レーンだけではなく、周囲との連携も大事に
  • 中盤:スキルを打たない無言のプレッシャーをうまく使う
  • 終盤:重要なスキルの使うタイミングを探しながら戦う

バーストダメージを叩き込んでワンコンボキルを取ったり、上手く生き残りながらダメージを出し続けたり、重要な範囲スキルを4、5人に当てたりすると、とてつもなく気持ちよくなれるのでオススメのレーンです。

LoLの上達を目指すにあたって重要なことを書いている下の記事も是非ご覧ください。

LoL上達のコツ 初心者にとって大事な3つの考え方

※本記事は記事投稿時点での内容です。パッチ内容によっては役割が大きく異なっている場合がありますので予めご了承ください。

関連記事

ページ上部へ戻る