【パッチ10.23】プレシーズン2021到来!ジャングル変更の説明と考察

この記事は、プレシーズン始まって間もないタイミングで書いた記事です。具体的には、パッチ10.23ミッドパッチアップデートが入った後の話です。なのでもちろんこれから調整や、新しいビルドの発見などで、メタがどんどん変わると思います。

プレシーズンは、正直バランスが取れていません。しかし、このプレシーズンで上がったレートは、次のシーズンでもある程度持ちこせます。

なので今のプレシーズンに、真面目に回すのはある程度効果的です。メタを理解するのは、来シーズンにつながるでしょう。

個人的にプレシーズンは、笑い話になります。血剣4本積んだリヴェンとか、斧を4本積んだタロンとか・・・。

是非この記事を読んで、来シーズンのスタートダッシュにつなげましょう。
本家パッチノート

ジャングルアイテム変更点

今シーズンはシステムよりも、アイテムに大きな変更が入りました。なのでアイテムを全て説明するのは、とてもじゃないけど無理です。そこで今回は、ジャングルアイテムだけ説明したいと思います。

◆ジャングルアイテム派生は無くなった

「ジャングルアイテム」の派生が無くなりました。これにより、ずっとあった「ジャングルは安いジャングルアイテム分序盤が強い」ということが無くなりました。

逆に言えば「安くて後半弱いジャングルアイテムが1枠埋まっている」ということが無くなり、レートゲームでもジャングルは強くなったと言えます。

◆スマイト5回打つと消える

ジャングルアイテムは、5回打てば消えます。逆に言えば「5回スマイトを打たないと青・赤スマイトを持てない」ということです。

前パッチまでは1週目で青・赤スマイトを持てましたが、パッチ10.23は3週目あたりで持つことになります。

◆青スマイト・赤スマイトを最初に選ぶ

前パッチは、初期ジャングルアイテムを昔はASが欲しい・AOEダメージがありマナ回復が欲しいというチャンピオンで、分けて買うアイテムを選んでいました。

しかしパッチ10.23からは、1つなので迷わず買うことができます。ただ注意点が1つあって、試合開始直後からいわゆる「青スマイト」と「赤スマイト」を選ぶ必要があります。

前パッチは試合の展開などを見て、赤スマイトと青スマイトを選べましたが、今回から最初に選ぶようになりました。

ジャングルモンスターの変更

小さな変更ですが、ジャングラーとしてはとても大事な要素です。しっかり覚えておきましょう。

◆小さいゴーレムの価値が上昇

小さいゴーレムの価値が上がりました。個人的に狩った時の音も、気持ちよくなった気がします。

前パッチまでは「小さいのいらねー」といって放置して行く人もいましたが、今回の小さいゴーレム1体辺り12ゴールドはとても大きい・・・。

全て無視すると72ゴールド失うことになりますからね。しっかりゴーレムは最後まで、狩りつくしましょう。

◆グロンプを取ると回復

グロンプを取ると、マナと体力が回復するようになりました。ダメージも下がったので、体力無いなって時もグロンプを狩ることで、回復することを覚えておきましょう。

◆リフトスカトルの変更

CCで柔らかくなることはイメージ的には変わりませんが、柔らかくなるのではなくシールドがはがれるという風に変わりました。

なぜかグレイブスのAAでも剥がれます。(勘違いしている人が多かったのですが、グレイブスのAAで昔のリフトスカトルは柔らかくなってませんよ。最初期はなっていました)

ジャングルが変更してどうなったか

現在みんなが言っている&自分が感じたことを軽く書いていきます。

◆APジャングルは終わり

APジャングルは終わりです。昔は、安くて強いAPジャングルアイテムが猛威を振るっていて、WCSでも「ニダリー・リリア」がメタでしたし、ソロQでも「イブリン・シヴァナ・カーサス・エリス」などが強かったですよね。

しかしそれが無くなったので、APジャングラーたちはかなり辛そうにしてます。そもそも、メイジが辛いという話も聞きますよね。APアイテム自体が、弱いのではないかみたいな・・・。

仮面が唯一強かったのですが、ナーフ入ってしまいましたし。一応リリアやイブリンの勝率は上がっている・・・という話も聞きますが、触らないようにしたほうがいでしょう。

◆サンファイアが強い

逆にタンクジャングルアイテムはとても弱かったのですが、今回の変更でサンファイアが強いらしく、タンクジャングルも復権する?のか?という感じです。

◆ジャングルアイテムを積まなかったチャンピオンが強い

前回のパッチで「安くて強いジャングルアイテム」を無視して、より相性のいいアイテムを積むチャンピオンたちがいました。

具体的に言えば、へカリムの「トリニティーフォース」カジックスの「脅威アイテム」個人的には、カミールジャングルも「トリニティーフォース」を最初に積むのでいいんじゃないかなと思っています。

そういうチャンピオンが現在では、ジャングルアイテムをスキップできる分、強くなっている傾向にあります。

逆にリーシンなどの「ジャングルアイテムのパワーでスノーボールする系のジャングラー」は、少しきつくなっているように感じます。

パッチ10.23お勧めチャンピオン

個人的に今、強いチャンピオンをお勧めしたいと思います。

◆グレイブス

まだまだ強いです。というか多分1番強いです。序盤も、アイテムの変更でマナが切れなくなりましたし、なぜかリフトスカトルも早く狩れますし。

アイテムは赤月の刃がお勧めです。これにより「驚異のダメージによるキルライン」「パッシブのMSアップとシールドを使ってのキルライン・デスライン」「ライフスティールによってファームとファイトの継続が可能」と強い要素しかありません。

赤月の物理防御貫通が、アイテムを積めば積むほど乗るので、レートゲームでも馬鹿にならないダメージを叩き出します。

◆へカリム

へカリムは「トリニティーフォース」も強いのですが、現在「サンファイアイージス」も強いのでこちらもお勧めです。

先程も言ったようにジャングルアイテムをスキップするせいで、これは「相手がジャングルアイテムを積んだ分ファームが早かったのが互角になった」ということでもあります。

この辺りは調整がきっと入ると思うので、是非今のうちにへカリムでレートを上げましょう。

◆レクサイ

レクサイは「ブローラークロウ」が相性が良くて本当に強い・・・これはまじでよくない(笑)まずレクサイは、潜伏状態からEで打ち上げを当てないといけないわけですが、そのEが遅くてピールされやすかったり、逃げやすかったりしました。

なので基本的には後ろに回り込んだ後、MSの早いW状態でゆっくり近づいて打ち上げないといけませんでした。

他にも即座に打ち上げが必要な切羽詰まった状態、特にタワーダイブなどはフラッシュが必要でした。逃げる相手を追うのにも、フラッシュが必要でした。

しかし、このアイテム「ブローラークロウ」があれば違います。適当にEから近づいても、ブローラークロウを使うことによって確実に打ち上げれますし、素早く中に入るので相手はピールをすることも難しいです。

フラッシュが必要だった場面も、このアイテムを使うことによってフラッシュの代わりになります。

しかも、このアイテムの前提はロングソードを4本も使うので、AD増加と相性のいいレクサイは完成するまでも強いですし、完成した後も「脅威」が柔らかい敵へのダメージを出してくれます。

あまり流行っていませんが、個人的に1番強いと感じています。

ちなみに僕が使っても、このスコアになるくらいには強いです。マスタリーは、宇宙の英知を積むのをお勧めします。ブローラークロウの回転率、フラッシュの回転率が上がるのでお勧めです。

◆カジックス

「ドラクサーダスクブレード」によって、ただでさえ生存力が高かったのが更に高くなりました。これによってR進化した時の、生存力がこのアイテムだけで手に入れることができます。なので今の進化先は、正直好みだと思います。

前パッチまでは「ファームは必要だけど、キルを取るためにはドラクサーダスクブレードが欲しい」という矛盾を抱えていましたが、このパッチでその矛盾が無くなりました。

初手で、ドラクサーダスクブレードを積むだけでいいですからね。生存力が上がったことにより、レートゲームでも強いです。

他の脅威アイテムも相性がいいので、この辺りは少し研究が必要かもしれません。

まとめ

・青・赤スマイトは最初に決めよう

・スマイトを5回打つとジャングルアイテムが無くなり「赤・青スマイト」になる

・APジャングルは弱い

・サンファイアイージスが強いのでタンクジャングルはあり

・グレイブス・へカリム・カジックス・レクサイがお勧め

最後に

「プレシーズンにLOLする意味ある?」「バランスぶっ壊れてるし」「覚えることもいっぱいあるし」「プロだって休んでるじゃん」っていう意見は、とってもわかります。

とってもわかりますが・・・LOLを上手くなるためには、プレシーズン回すしかないわけですよ。みんながやってない今だからやるわけです。

特にプロ志望の人、レートを上げたい人は絶対にやるべきです!!他人のやっていない時に努力することが、どんなスポーツや分野でも頂点に近づく基本でしょう?

是非このバランスぶっ壊れ中に乗りこなし「LOLはメタについてこれないやつが悪い」と言い切っちゃいましょう。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る