【LOL】パッチ9.24解説 アフェリオスの実装とダイアナのアップデート

こんにちは、パッチ9.24解説です。本パッチは、新チャンピオン”アフェリオス”の実装とダイアナのアップデートが目玉となりますが、ユーミの変更や征服者の調整など少なくないパッチ内容になっています。2019年最後のパッチノートを一緒に確認していきましょう!

【LOL】9.24パッチハイライト

新チャンピオン アフェリオス


出典:leagueoflegends

【LOL】9.24パッチ チャンピオン変更箇所

アカリ

Q – 五連苦無
削除 当たり判定:アカリの背後にある当たり判定を削除
スキルレベル5での対ミニオン&モンスターダメージ:33%の追加魔法ダメージ ⇒ 25%の追加魔法ダメージ

プロシーンでよく使われていた当たり判定ですが削除されました。中盤以降のミニオン処理能力も弱体化されているため、後衛のミニオンをQ1発で倒すためにはかなりのAPが必要になるでしょう。

アムム

Q – 絡みつく包帯

クールダウン:12/11/10/9/8秒 ⇒ 10/9.5/9/8.5/8秒

Qのクールダウンが2/1.5/1/0.5/0秒短縮されました。序盤の少数戦での影響力が強くなった印象、ガンクし終わったあとのカウンターにもある程度対応できるようになったと思います。

ブラウム

基本ステータス
レベルアップごとの体力:87 ⇒ 98
体力自動回復:8 ⇒ 8.5


W – ワシに任せとけ!
クールダウン:14/13/12/11/10秒 ⇒ 12/11/10/9/8秒
マナコスト:50/55/60/65/70マナ ⇒ スキルレベルにかかわらず40マナ
味方に付与する防御力:10/14/18/22/26(+増加防御力の10/11.5/13/14.5/16%) ⇒ 10/14/18/22/26(+増加防御力の12%)
自身に付与する防御力:10/14/18/22/26(+増加防御力の10/11.5/13/14.5/16%) ⇒ 10/14/18/22/26(+増加防御力の36%)


R – 氷河の裂溝
基本ダメージ:150/250/350 ⇒ 150/300/450
対象へのノックアップ効果:裂け目の真上にいた対象は0.25秒、その周囲の対象は通常のノックアップ ⇒ スキルレベルにかかわらず、最初に裂け目の真上で命中した対象はブラウムからの距離に応じて1~1.5秒、それ以降の対象および周囲の対象は0.25秒ノックアップ

全体的に強化、特にWのマナコストが一律40になった点と自身に付与する防御力の値が以前の倍になったのは大きいでしょう。マウンテンドレイクを複数スタックしたときの防御量は、すさまじいです。

ウルトの打ち上げもスキルレベルにかかわらずに1秒以上の拘束を与えられるようになったので、レーン戦の段階からアグレッシブにプレイする場面もしばしば見れるかもしれません。

ダイアナ

ビジュアルエフェクトのアップデート
スキルアイコン:現代の基準に見合った新しいスキルアイコンを用意しました
スキルのビジュアルエフェクト:完全新規となるアルティメットスキルのビジュアルエフェクトや、固有スキルの視認性の改善を含む、全スキルのビジュアルエフェクトの調整を行いました
スキルの効果音:完全新規となるアルティメットスキルの効果音や、シールドやダッシュ音への大幅な変更を含む、全スキルの効果音の調整を行いました


基本ステータス
マナ:372 ⇒ 420
レベルアップごとのマナ:20 ⇒ 25
基本攻撃力:53.04 ⇒ 57.04


固有スキル – 繊月の刃
NEW ムーンプリズムパワー!:攻撃速度が10%~40%(チャンピオンレベル1~18)増加
組み込み:スキルを使用すると次の3回の通常攻撃の攻撃速度が30%~90%(「崩月」のスキルレベルに応じて)増加 ⇒ スキルを使用すると3秒間「繊月の刃」による増加攻撃速度が3倍に上昇
セレニティ・ナウ:3回ごとに通常攻撃がなぎ払い攻撃になり、20~250(チャンピオンレベル1~18)(+魔力×0.8)の追加魔法ダメージを与えて、魔力×0.15のマナを回復する ⇒ 3回ごとに通常攻撃がなぎ払い攻撃になり、20~250(+魔力×0.4)の追加魔法ダメージを与える


Q – 月影
コスト:55 ⇒ 50


W – 朧月の羽衣
クールダウン:スキルレベルにかかわらず10秒 ⇒ 15/13.5/12/10.5/9秒
基本シールド量:40/55/70/85/100(合計シールド量80/110/140/170/200) ⇒ 30/45/60/75/90(合計シールド量60/90/120/150/180)
オーブのダメージ反映率:魔力×0.2(合計で魔力×0.6) ⇒ 魔力×0.15(合計で魔力×0.45)
NEW シールド反映率:増加体力×0.1(合計で増加体力×0.2)


NEWE – 月下美刃
クールダウン:25/20/15秒 ⇒ 22/20/18/16/14秒
マナコスト:50/65/80マナ ⇒ 40/45/50/55/60マナ
基本ダメージ:100/160/220 ⇒ 40/60/80/100/120
ダメージ反映率:魔力×0.6 ⇒ 魔力×0.4


NEW R – 崩月
クールダウン:26/24/22/20/18秒 ⇒ 100/90/80秒
マナコスト:70マナ ⇒ 100マナ
スロウ効果:35/40/45/50/55% ⇒ 40/50/60%
NEW 月面着陸:1体以上の敵チャンピオンを引き寄せると、1秒後に自身の上に月光が降り注ぎ、周囲の範囲内の敵に200/300/400(+魔力×0.6)の魔法ダメージを与える。このダメージは2体目以降に引き寄せた対象1体ごとに35/60/85(+魔力×0.15)増加する

今パッチの目玉変更その2、ダイアナのアップデートです。単体に対しての圧倒的なダメージでスノーボールする形はそのままですが、Rの新しい効果「月面着陸」によって集団戦での影響力も倍増しました。

引き寄せた対象1体ごとに基本ダメージと魔力反映率も増加するため、APマルファイトの性能を凶悪な形にしたものと考えていいでしょう。

ガレン

E – ジャッジメント
回転数:7(+攻撃速度20%につき1)回 ⇒ 7(+攻撃速度25%につき1)回
回転ダメージ:4/8/12/16/20(+チャンピオンレベルに応じて0~8.2)(+攻撃力×0.32~0.4) ⇒ 4/8/12/16/20(+チャンピオンレベルに応じて0~6.6)(+攻撃力×0.32~0.4)

簡単な上に凶悪な性能、征服者との相性も抜群というぶっ壊れチャンピオンでしたが、回転のスケールダメージ量と回転数が弱体化されました。

流行りのビルドパスであるトリニティ・フォースとファントム・ダンサーを積むビルドでは、攻撃速度の増加が70%だったので以前のパッチと比べて回転数が1少なくなります。

カルマ

E – 激励
基本シールド量:70/95/120/145/170 ⇒ 80/110/140/170/200

基本シールド量が10/15/20/25/30増加しました。Wのシールド量に対して変更が行われたのははるか昔のパッチ7.12時代、そこから増加移動速度量やシールドの持続時間など様々な弱体化を受けましたが、ここで単純なシールドとしての性能が向上しました。勝率を劇的に変更するほどの変更ではないでしょう。

カサディン

Q – ヴォイドスフィア
クールダウン:スキルレベルにかかわらず9秒 ⇒ 11/10.5/10/9.5/9秒
W – ネザーブレード
マナ回復:減少マナの4/5/6/7/8% ⇒ 減少マナの4/4.5/5/5.5/6%(チャンピオンに対しては5倍)

レーン戦の耐久性能と終盤のマナ持続能力に弱体化が入った形です。ダメージ量に変更はないため序盤のうちに試合が崩れなければ、まだその強さは健在です。

ラムス

基本ステータス
レベルアップごとの体力:86 ⇒ 95


E – ぴりぴり
クールダウン:スキルレベルにかかわらず12秒 ⇒ 12/11.5/11/10.5/10秒

体力の増加量とタウントのクールダウンが強化されました。現状ただでさえ固くマウンテンドレイクとの相性が強力なラムスですが、少し強化されたことでピックされる機会が増えるでしょう。

ライズ

Q – オーバーロード
基本ダメージ:80/105/130/155/180 ⇒ 65/90/115/140/165

Qの基本ダメージが15減少しました。征服者の変更も相まって、アイテムを買えるまでの火力はかなり弱体化したでしょう。現状でもOP.GGでは勝率50%を切っているチャンピオンなので、弱体化を重ねられるのはライズを使う身としてはつらいところです…

セナ

基本ステータス
レベルアップごとの体力85 ⇒ 75


固有スキル – 魂の赦し
「霧の亡霊」のドロップ率:セナがキルしたミニオンからは5.55%の確率 ⇒ セナがキルしたミニオンからは1.67%の確率
削除 不運なる哀れな魂たち:チャンピオンからは「霧の亡霊」がドロップしないようになりました
バグ修正 味方のバードのQで「霧の亡霊」がキルされなくなりました


Q – ピアシングダークネス
基本ダメージ:50/80/110/140/170(+増加攻撃力×0.5) ⇒ 40/70/100/130/160(+増加攻撃力×0.4)


W – 最期の抱擁
スネア効果時間:1.45/1.65/1.85/2.05/2.25秒 ⇒ 1.25/1.50/1.75/2/2.25秒


R – ドーニングシャドウ
ダメージ反映率:魔力×0.4 ⇒ 魔力×0.5

実装直後から高い勝率を叩き出しボットレーンで猛威を振るっていたセナですが、大幅な弱体化となりました。

ダメージの弱体化もそうですがメイン効果となるパッシブの亡霊関係の変更が非常に大きく、ADCとして運用した場合のパフォーマンスは半分以下になったでしょう。

シヴィア

基本ステータス
基本攻撃力:61 ⇒ 63

小さい変更に見えますが、マークスマンにとってこの2ADの変更が貴重だったりします。パッチ9.17ではルシアンの基本ADが3増加しましたが、前パッチに比べて勝率が1%以上増加しました。

シヴィアのAD63というのはマークスマンの中ではカリスタ、グレイブス、ルシアンに続いて第4位になります。クリティカルアイテムの中でも強力な「ストームレイザー」との相性が良くない点がネックなので使用率は低いですが、トリスターナやケイトリンなどのカウンターとして機能する機会はあるでしょう。

ユーミ

固有スキル – たたいてまもって
NEW 古き良き時代:50~160(チャンピオンレベル1~18)マナを回復するようになりました
基本シールド量:50~300(チャンピオンレベル1~18) ⇒ 60~400(チャンピオンレベル1~18)


Q – きまぐれミサイル
マナコスト:75/80/85/90/95/100マナ ⇒ 85/90/95/100/105/110マナ
ダメージ反映率:魔力×0.45 ⇒ 魔力×0.3
強化時ダメージ:50/85/120/155/190/225(+魔力×0.65) ⇒ 50/95/140/185/230/275(+魔力×0.4)
ミサイル持続時間:3秒 ⇒ 2秒


W – ユー&ミー!
NEW 詠唱:密着していない状態から密着する際に0.25秒の詠唱時間が発生するようになりました
削除 ついてかないよ:密着中に密着対象と一緒にテレポートしないようになりました
NEW 驚いた電気ネズミの顔:移動不能効果を受けると、このスキルが5秒間のクールダウンに入るようになりました
アップデート アダプティブフォース:ユーミとその味方が5/7/9/11/13(+互いのアダプティブフォースの4/7/10/13/16%)のアダプティブフォースを互いに付与 ⇒ 味方のアダプティブフォースを12/14/16/18/20(+密着中の味方のアダプティブフォースの12/14/16/18/20%)増加(自身に同量を付与)


E – バビューン!
NEW 攻撃バビューン:自身および密着対象に25/30/35/40/45%の攻撃速度を付与します
削除 自動効果:チャージをストックできなくなりました
削除 回復量増加:対象の減少体力に応じて回復量が増加することはなくなります
回復量:30/40/50/60/70(+魔力×0.1) ⇒ 70/110/150/190/230(+魔力×0.3)
クールダウン:18/17/16/15/14秒 ⇒ 12/11/10/9/8秒
マナコスト:30/40/50/60/70マナ ⇒ 100/115/130/145/160マナ
増加移動速度:25%(時間経過で減衰) ⇒ 15%(時間経過で減衰しなくなりました)
効果時間:2秒 ⇒ 3秒

こちらも大きな変更が加えられました。特にWに詠唱時間がついたこととアダプティブフォース付与の変更、Eのマナコスト増加やチャージ削除など今までの使い方にお咎めをもらった形です。

パッシブのマナ回復が復元されましたが、以前と比べてかなり倒されやすくなったでしょう。

ビジュアルエフェクトのアップデート

ラックス

通常攻撃:投射物と着弾エフェクトの視認性を向上
固有スキル – イルミネーション:視認性を向上
Q – ライトバインド:光の球体、発光パーティクル、虹、の幅を示す微かなエフェクトを追加しました
W – プリズムバリア:視認性を向上させて、発動時に投射物の幅を示す微かなエフェクトを追加しました
E – シンギュラリティ:完全リニューアルし、チャージ中と爆発時のエフェクトの視認性を向上させました
R – ファイナルスパーク:完全リニューアルし、インジケーターの両サイドにはビームの実際の幅を示すラインを、先端には実際の最大射程を示すラインを追加
待機中のエフェクト:待機中の杖のエフェクトの視認性とビジュアルを向上させました
全スキン:デフォルトスキンの変更に合わせて視認性の向上とビジュアルの変更が行われました
鋼鉄軍人ラックス:Qの球体、Eの爆発、Rのビームの電撃エフェクトの視認性を向上させました

ルーン

征服者

効果時間:8秒 ⇒ 6秒
回復量:遠隔攻撃チャンピオンは与ダメージの 15% ⇒ 8%を回復するようになりました

パッチ9.23で非常に強力な組み合わせとして誕生した、遠隔攻撃チャンピオン+征服者の組み合わせに大幅な弱体化が入りました。特にライズ、カシオペア、アジール、オレリオンソルなど継戦力の高いDPSにとっては痛い弱体化になるでしょう。

プロトタイプ:オムニストーン

適切なタイミングで適切なキーストーンを獲得しやすくなるよう、アルゴリズムを改善しました。

詳しくはこちらから

プロトタイプ:オムニストーンは面白いルーンなんですが、調整が難しいですね。あまり過剰に強くすると全部のチャンピオンで使われる結果になるのでもう少し様子見です。

バグ修正

・True Damage エコーのムーンウォークのアニメーションが自身と味方にのみ表示されるようになります。

・エルダードラゴンのソウルで強化されたチャンピオンが、スキルによる対象指定不可になる固有スキルを持つチャンピオンにとどめを刺せなくなりました。(例: ザックの 固有スキル – はぐれスライム、アニビアの固有スキル – 再誕

・ティーモの E – 毒たっぷり吹き矢が「魂の収穫」を発動させていなかった不具合を修正しました。

・ペットの攻撃にエルダードラゴンの「ドラゴンの神髄」が適用されていなかった不具合を修正しました。(例: ザイラの植物、シャコのびっくり箱、ハイマーディンガーのタレット)

・「冷静沈着」を使用しているチャンピオンがツールチップに記載されている量のマナと気を獲得していなかった不具合を修正しました。

・シャコのR – ハルシネイトでドレイクをキルすると、ソウルが適切に付与されなかったり、出現するドレイクの種類に影響が出たり、エルダードラゴンが出現しなくなってしまう不具合を修正しました。

・チャンピオン選択で「お気に入り」でチャンピオンを並べ替えた際に、お気に入りのチャンピオンが一番上に表示されていなかった不具合を修正しました。

・ダリウスがスペルシールドで守られた敵をQ – 皆殺しの斧の柄で攻撃すると回復できていた不具合を修正しました。

スキンとクロマ

スキン

秩序の光カルマ

秩序の光ニダリー

秩序の光ソラカ

混沌の闇ソラカ

混沌の闇リー・シン

混沌の闇リー・シン プレステージエディション

混沌の闇ブラッドミア

混沌の闇アフェリオス

シュガーラッシュ ジリアン

シュガーラッシュ ブラウム

シュガーラッシュ ジグス

シュガーラッシュ イブリン

ヘクステック スウェイン

クロマ

秩序の光カルマ

混沌の闇アフェリオス

秩序の光リヴェン

混沌の闇ヤスオ

混沌の闇ブラッドミア

True Damage エコー

シュガーラッシュ ジリアン

シュガーラッシュ ジグス

シュガーラッシュ ブラウム

シュガーラッシュ イブリン


新チャンピオンのアフェリオスはALL-STARでも活躍していましたが、一般プレイヤー達に扱える代物なのか心配なところです。記事では触れませんでしたが、ゲームモード「ポロキング」の帰還や新イベント「闇と光」の実装ももうすぐですので、今年の年末もLOL三昧にならないようにしましょうね。

アイキャッチ画像出典:leagueoflegends
        出典:leagueoflegends

この記事の著者

ばるたん

ばるたん

Mid/Jungleメイン たまにTwitchで放送してます https://www.twitch.tv/barutanlol
質問やコーチングも受け付けています

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783