星の光を守るもの ~新スキン登場~

まるでおとぎ話の戦う美少女戦士を思わせるような、彼女たち。白を基調とした衣装に、星のようなきらめきのマーク。それぞれのイメージカラーをふんだんにあしらったその姿は、誰が見ても記憶に残るでしょう。

あなたもご存知でしょう、スターガーディアンのことです。公開当初から人気があり、初期だとラックス1人だったのが第2弾、第3弾とメンバーが増えました。第2弾のチームに関しては、「Burning Bright」というプロモーションビデオが作られ、「Endless Starlight 〜命のキラメキ〜」という日本語ver.の曲も公開されました。第3弾メンバーのプロモーションビデオ「ニューホライズン」と、曲「Fates Fall ~希望の陰~」もあります。

ラックスとジンクスを思わせる2つの光。最後にはスターガーディアン全メンバーの色の輝きが。これだけで1つのアニメや物語が書けそうですね。むしろ私が書きたい。

そして、第1弾登場から3年たった今。スターガーディアンがまたもや動きます。なんと、全メンバーごちゃまぜで新しいスキンが登場しました。
全員登場しないのか、、と落胆していたところ、なんと公式ユニバースにて物語が更新。流星雨ぶりのスタガ物語の進展です。ただ、相変わらずやってくれますRiot。前回からの物語を引き継いでいたり、そうでなかったり。私の巧みな妄想力でカバーしないと読めない部分が多く。。

ということで、K/DAシリーズに続き今回も私の独断と偏見でスターガーディアンの世界をご紹介していきます。

スターガーディアンとは?

「むかしむかし、闇に独り立ち向かう、孤独な光がありました—」先ほどの流星雨の怪談にて、ジャンナが語り始めました。

言い伝えられた神話に乗っ取って、私たち人間のいるこの世界を神が作ったとするならば、彼女たちの住む世界は“ファーストスター”と呼ばれる存在がいたそうです。ファーストスターは、これまた神が生命が存在できる場所を生んだように、独りでいることに耐えられなくなって自分の力を削って生命が存在する土台を生みました。それを、ファーストスターの持つ力である“スターライト”と呼ぶようですね。夜空に散りばめたスターライトは、動物たちや木々、生命を生みました。

スターライトから生まれた誰もがその光のわずかなカケラを継承します。とても強い力だから、ファーストスターはそれを闇から守らなければならないと考えました。

冒頭の動画のように、ひときわ目を引く光の持ち主。とても強く、光に満ちている存在—それが、スターガーディアン。ファーストスターの光すべてを守る存在の誕生です。

はじまりのスターガーディアンとして選ばれた者たちは、これを使命、それ以上の運命として、共に力を合わせました。ファーストスターが、それを全て独りで行うことの難しさをよく知っていたからです。以降、強い光に選ばれた孤高のスターガーディアンたちは、この定めの逆らうことなく、守る必要のある場所へ、いるべき場所へ、現れます。強くまばゆく燃える光ほど、早く消えゆくこの運命とともに。

彼女たちの世界

ジャンナのお話に、“闇から守る”という気になるワードがありました。そもそも、彼女たちの今いる世界はどんなところなんでしょう。

調べると、彼女たちには学年があります。普段は、ヴァロラン高校というところに通っているようです。

ヴァロランと言えば、タリックが“ヴァロランの守護者”の異名を持っていますね。彼の物語の最後に、“ヴァロランの守護者として立つべき彼を待ち受けるのは、狂気の雄叫びをあげる波であり、全てを食い尽くさんとする牙の海であり、ヴォイドから生まれたおぞましき恐怖であると。 (中略)彼は今、自らが誓った義務を全身全霊で果たそうとしている――全世界の不動の守護者として。”とあるので、タリックたちチャンピオンの世界のことを「ヴァロラン」と呼ぶようですね。

スターガーディアンたちは、スターライト出身のはずですから、ヴァロランに来てから通っているのか、それともスターライトにあるのか—それは想像になりそうですが、必要以上に能力を使わないようにしていたり、特にラックスチームは1つ屋根の下に暮らしていそうなので前者の方が有力でしょうか。

そして、タリックの敵と同じように、スターガーディアンたちの敵も「ヴォイド」なのでしょう。プロモーションビデオで出てくる魔物がヴォイドに似た印がありました。むしろヴォイド代表生物のバロンに見えます。そりゃあ、5人揃わないとダメージが痛いですね。守護者タリックを差し置いて、エズ君。。。

彼女たち自身について

各ストーリーがラックス視点で書かれていることが多いので、私もその視点で補足と独断の妄想多めでまとめていきます。wiki感覚でどうぞ。

〇ラックス

“私たちみんなが力を合わせれば、きっと大丈夫!”

漫画の王道主人公タイプ。曲がったことが嫌いで、頼まれたら断れないようなお人好し優等生。なのにおっちょこちょい。いつも振り回される役。どの話でも個性豊かなメンバーに散々振り回されています。でも、さすがリーダー、ピンチの時にいないと困る存在で、その時発揮する力は計り知れません。ラックス自身はアーリの方が自分より勝っていると思っていそうですが、実際のところアーリにない無垢で強い力をたくさん持っている。そして、アーリはそれに気づきながらも愛の鞭で冷たく当たっているだけ、、という本当に王道を行っているキャラクターだと思います。サブリーダーのジンクスとは、正反対の性格、と言ったところで、お互い相容れない代わりにそれが1つになった時めちゃくちゃ強くなる関係の印象。この2人、幼馴染なんですね。そうじゃないと話したことすらない関係なのでは、、。フォーチュンのことは初めに拒絶されたと誤解しているので怖いと思っていましたがお泊り会で彼女の優しさに触れます。エズ君のことはジャニーズを見ている気持ちで、恋までは行っていないでしょう。

〇ジンクス

“スターライトだか何だか知らないけど、とにかく何を吹っ飛ばせばいいのか教えて!”

トラブルメーカーその1。常識的な考えのさらに上を行くので、次の瞬間何をしているか予測できません。ラックスとは幼馴染みがゆえに好き放題していますが、絶対彼女のことが大好きでちょっかいかけたいだけだと思います。その証拠に、ラックスが本当に困った時にはおのずと彼女のそばに帰ってきます。適当に見えて、誰よりも愛情深いキャラクターでしょう。ツンデレってやつです。

〇ジャンナ

“たとえスターガーディアンが死したとしても、その精神は決して消えはしないのです”

ラックスが頼りにしたいのにつかめない存在。私の予想では、スターガーディアンの運命から逃れようとした人たちの話で、「言い伝えでは、彼女は闇に満ちた星系で生まれたとされているわ」と話していますが、彼女はこの星の血を引いているか、何らかのつながりがあると思います。それも、シンドラとともに。だからこそ、うわのそらに見せかけて必要以上の干渉をしなかったり、シンドラを敵対視するような素振りをしていたり、、。どちらかというとラックスたちを“見守る”立ち位置にいるのではないかと思います。もしストーリーが続くとしたら、1回はラックスたちを思って敵側に寝返るような、そういう時の行動力は斜め上を行きそうなキャラクターです。

〇ポッピー

“私は戦士であり救済者ではない。邪魔をするな――私にはやるべきことがある”

漫画に1人は出てくるクール系真面目頭脳派タイプが彼女です。しかし、ツッコミが必要なトラブルメーカーばかりで、もはやルルにしか手が回っていない状態。そして、自身も意図せずしてルルに振り回され、チームのトラブルメーカーの1人になってしまっています。これで実の妹が病気か何かで、自分の戦士的な力では何も助けてやれなかったとかストーリーがあると号泣ものなので、続編に期待です。頭は切れる癖にいざ料理とかは苦手なタイプでしょう。

〇ルル

“「こんにちは、私たちといれば安全だよ」って光が言ってますの”

こちらは漫画に1人は出てくる不思議ちゃんタイプです。はい、お察しの通りMYワールドが強いので立派なトラブルメーカーです。自分の心に素直なある種“子供のまま”のため、生を与えられたスターライトの声がよく聞こえるんだと思います。よくありますよね、大人になると見えなくなっちゃうもの。自由奔放に見えて、そういうのをふとした時に教えてくれるんですよね。ラックスをはじめポッピーにはかなり溺愛され、ジンクスにもいじられる愛されキャラです。

〇アーリ

“私たちの運命は、私たちが決めるのよ”

スターガーディアン歴が長い、若きリーダー。その目の前で、無慈悲な仲間との別れをたくさん経験してきたのでしょう、この残酷な運命を呪っている若しくは呆れている描写が多々あります。まだそれに気付いていないラックスに対しては、その無垢さに尊敬しつつも自分と同じ悲しみを味わわせたくないと思っています。スターガーディアン先輩として冷たく厳しく接するのは、本当は誰よりも心配しつつも、この関係で切磋琢磨した方が確実に彼女の力になるとわかっているからです。ラックスの能力に関しては悔しくもまだ伸びしろがあり、自分を越してくれるのを待っている、、という設定に違いないです。まど〇ギのほむらちゃんみたいなキャラクターであってほしいです。

〇ミス・フォーチュン

“復讐は忘れた頃にスターライトが届けにくるのよ”

アーリとともに、目の前で仲間との別れを経験してきた1人。その分アーリの理解者で、彼女が“リーダーだから”とぐっと我慢しなくてはいけない部分もわかるため、彼女の分も感情を態度にあらわにすることが多いという設定だと素敵です。自分自身が復讐心に見舞われた醜い奴だと思っているため、特に初対面の人を寄せ付けません。自分に憧れたりついてくる人を作らないのはもちろん、1番は、彼女自身失うものが増えるのが困るからでしょう。それだけ仲間想いの優しいサラちゃんなんです。でも、意外とそういうのは不器用で、ラックスをはじめ怖がられていることが多いキャラでしょう。

〇ソラカ

“光の呼び声に、私は答える”

第2のルルちゃんが登場しました。ただ、こちらはどちらかというと場を和ませる天然タイプで、トラブルメーカーというより癒しの存在でしょう。アーリやフォーチュンは過去の仲間のこともあって、彼女の詮索はしていないと思いますが、実は話してみたらルルよりもスターライトの声が聞こえていたり、、なんてこともありそう。ラックスが唯一心穏やかにいられる存在の気がします。意外と味方にいないと困るキーパーソンキャラであってほしいです。

〇シンドラ

“私とあなたの違い?私は自分が何をしているか分かっているの”

ジャンナの解説でも述べましたが、闇の血を引いてる匂いがプンプンする人。味方として協力しつつ、時期が来たら確実に敵に行くタイプです。ジャンナが見守っているのに対して、彼女はどちらかというと悪用しようとしている側だと思います。それで誰かが1人生贄としてとらえられる奴ですね。GGかと思いきや、こういう時にソラカあたりがボソッと凄いこと言ったりして、大逆転に向けて頑張ろう!になるあれです。とにかく、強そうだしラックスに敵意むき出しなので敵に回さないポジションで大人しくしておきましょう。

〇エズリアル

“イケメンヒーローを呼んだかい?”

なんで1人だけメンズが紛れ込んでいるのでしょう。彼は男の娘枠なのですか?教えて偉い人、、。しかも、イケメン設定なのが面白いですね。フォーチュンたちからめっちゃいじられてそうなのに、、と思ったら、このお泊り会では凄い扱いされていますね。さすがエズ君です。ラックスに確実に好意を寄せていますが、彼女にはジンクスという守護神がついているので時間がかかりそうです。スターガーディアンになったことは、ちやほやされたそうなので全く苦になっていないでしょう。エズ君自身の物語とやや被ってしまいますが、お金持ちで勉強ばかりで、退屈していた反動で探検家になり、スターライトがその熱量に反応したような生い立ちでしょう。

また、各メンバーの近くを漂っているマスコットキャラクターはマジカルコンパニオンといい、動物の形をしていたり、武器の形していたり、姿形を変えたりと様々です。

詳しくはこちらを見て下さい。

物語をざっくりとまとめると

さて、ここまで長々スターガーディアンについて語ってきましたが、実は、ユニバースの物語は今までの説明+αなんです。

流星雨は、こんな個性豊かなメンバーに手を焼いたラックスが、とあるイベントに参加してみんなと団結する計画を立てます。しかし、そのイベント先には自分たち以外のスターガーディアンがいて、、?という内容です。アーリたちと初めて出会ったお話です。結果どうなったかは、上記のラックスとアーリの関係に記載した通りです。

お泊り会へのお誘いは、ルルの暴走によってひょんなとこからラックスたちの家にフォーチュンとエズ君、ソラカが来て、なんとお泊りまですることに。マイペースなルルと、ゲームに熱いジンクスとエズ、ルールはきっちり守るポッピー、そしてラックスのおっちょこちょいが発動して現場は大騒ぎ。アーリとシンドラは出かけていますが、他メンバー大集合です。そんな中、ラックスとフォーチュンにあった距離が、、?という内容です。サラ姉さんの優しさが伝わった物語ですね。

スターガーディアンを楽しもう

スターガーディアンについてざっくりわかったところで、冒頭のスキンの話に戻ります。

今回登場したのはスターガーディアンメンバーのお泊り会で、ルルが最後に引っ張り出してきたパジャマのスキンです。残念ながらエズ君がみつあみになっていません。

現在登場しているのはラックス、エズリアル、ソラカ、ミス・フォーチュン、ルルの5人ですが、物語には他メンバーも登場しているので反響によっては追加になったりするんでしょうか。もこもこしている装いと、それぞれのマジカルコンパニオンがモチーフのフードが可愛いです。こちら、なんと通常1350RPですが、スタガスキンを持ってれば45%オフで742RPで購入できます。逆にパジャマガーディアンを買ってからスタガでも適用されるので、悩んでいる方はこの機会にお試しください。

スキン以外にも、物語を読むも良し、曲を楽しむのも良し、続きの話を妄想するも良し、、色々楽しめるスターガーディアン。現在K/DA熱に負けつつありますが、新しく更新が入った今、再注目してみてはいかかですか?

この記事の著者

Ray.Kubota

Ray.Kubota

Eスポーツは主に、LOLをメインにプレイしています。趣味は、コスプレです♪

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る