LOL初心者向け!ソナサポートの基本<ルーン・スキル・おすすめアイテム>

初めまして。私は、おそらく皆さんと同じかそれよりもひよっこのLoLプレイヤーで、JGとサポートを専門としています。

正直、どちらも初心者には向かないロール(役割)といわれていますが、サポートを知っていただき初心者でも抵抗なく触ってもらえるよう、今回はサポートの中でも特に支援や回復をメインとして動くチャンピオンの『ソナ』についてご紹介していきます。

正直、ソナの見た目に一目惚れをしてサポートの道を知らず知らずのうちに極めていました。

【LoL初心者】サポートってどんなロール?


LoLにおいて主にデュオ(ボット)レーンといわれるレーンを、ADCと一緒に歩み遠隔攻撃の多いADCを支援する役割です。

サポートと一括りに言っても「支援(補助)系」「支援(回復)系」「支援(妨害)系」「支援(防御)系」と様々で、ここで紹介する『ソナ』は補助・回復支援系のチャンピオンとなります。

ソナの長所と短所

◆ソナの長所

ソナはパッシブとして「パワーコード」という、3回自分のスキルを使用すると通常攻撃に+20(+自身の魔力15%)の魔法ダメージと、追加で様々な効果を持った通常攻撃が打てるようになります。

◆ソナの短所

ソナは、オールマイティに立ち回れますが、柔らかくCC性能としては他のチャンピオンに劣ります。スタックされたものを通常攻撃で放つ際の効果について確認はできますが、対戦中にうかうか確認をしていられない為、記憶をしておくことが必須です。

位置取りとしての弱点は、オーラの範囲に味方をとどめるように動くため状況を把握できていないと前に出すぎてしまい、敵の攻撃や敵の支援職が妨害系だった場合とどめを刺されやすいです。

ソナのスキルオーダーとプレイのポイント

◆Q「ヒム・オブ・ヴァロー」


最も近くにいる敵2体に40(+自身の魔力50%)の魔法ダメージ。更に、オーラ内の味方チャンピオンの通常攻撃が強化され、追加で魔法10(+自身の魔力30%)ダメージを与える。
☆パワーコード追加効果…1~3スキルを3回使用した時に上記の技を使用した状態で通常攻撃をすると追加ダメージ+8(+自身の魔力6%)の魔法攻撃を行う。

◆W「パーセヴァランス」


自分と味方チャンプ1体を30(+自身の魔力25%)回復する。更にオーラ内にいる味方チャンピオンは3秒間25(+自身の魔力30%)ダメージを吸収するシールドが付与される。
☆パワーコード追加効果…対象が与えるダメージを3秒間25%低下させる。

◆E「セレリティ」


5秒間移送速度が10%(+自身の魔力0.03%)増加。更にオーラ内の味方チャンピオンの移動速度も10%(+自身の魔力0.03%)増加。
☆パワーコード追加効果…2秒間対象に40%(+自身の魔力4%)のスロウ効果を与える。

スキルの詳細を覚えておくだけで、支援メインで柔らかいソナが場合によっては、戦況を大きく覆せる仕組みになっています。

◆R「クレッシェンド」


上記以外にもソナのUlt(Rスキル)は、スタンをかけることも可能です。集団戦において、逃げている相手を壁越しなどでも良いので的確に狙うことで、味方がキルを取りやすくなり、この機に乗じて逃げるというコンボを組むことも可能です。

◆プレイのワンポイント

集団戦やオブジェクト(ドラゴンやバロン等)に支援に向かう際、攻撃力の高い敵からのダメージを受けた味方の回復(Wスキル)をしたり、攻撃力を上げてあげて(Qスキル)なるべく早く倒せるように立ち回ることが可能です。

万が一敵がこちらに向かってきているのが見えた際は、敵から逃げる為に移動速度を加速(Eスキル)させてあげたりなど、オールマイティに活躍することが出来ます。

ソナのスキル上げ

◆Qスキル上げ

Qスキルを上げることで、味方ADCが技を打つ際にオーラの中に留めることで、味方の通常攻撃が少し上がります。序盤でハラスが可能な為、味方のHP有利が付きやすくスキルレベルを上げることで効果アップしていくので、デメリットはありません。

技の発動の際も効果範囲円が表示されるため、ブッシュに潜んで放ったり味方ミニオンの後ろから敵を範囲の端で囲うことで、的確なハラスが可能です。

◆Wスキル上げ

Wスキル上げの魅力は、仮に自分が敵からの攻撃を受けても即刻回復し下がることが出来ること、味方ADCが回復をしてくれることを前提で、特攻して初手有利を作ってくれる場合があるのでADCを回復させられることにあります。

Qスキルとは対照的に、攻めて守るのではなく攻守の役割をハッキリさせているというのが大きな違いとなります。

ソナのおすすめサモナースペル

前章で記載したとおり、ソナの立ち回りで大切なのが死なないということです。ソナは、主に2種類のサモナースペルが主流で、最後はオフメタ感があるものです。

◆イグナイト&フラッシュ型


確実に、とどめを刺せそうな敵がいた場合にイグナイトは利用します。交戦中の相手の回復が手厚い際などに利用し、回復を阻害し継続的ダメージを与え力のないソナでも、とどめを打ちたいという方に向いていると言えるでしょう。

フラッシュは、逃走時や接敵時に利用する事が主となりますが、ソナは基本逃走時に利用します。

◆イグゾースト&フラッシュ型


主にADCの補助に利用し、敵ADCへイグゾーストをかけカウンターキルをとれるようにする為の型です。フラッシュは先ほどと同様、逃走時に利用。

◆ヒール&フラッシュ型


少し特殊なこの型の利用シーンとして、ADCや味方がイグゾーストやイグナイトを所持していることが、選択時にわかっている場合に利用します。

初心者の間はHP管理が難しい等、不慣れな状況であるため絶対に死なないといった理由で、ヒールを利用する場合があります。使用すると、対象と自身の移動速度が上がり、逃走時等に役立てることが可能です。

ソナのルーン選択

ソナのルーン選択は、比較的固定ですが目的や用途別に登録しておくと便利な3種類を、ご紹介していきます。

上からメジャーなものが続き、最後はオフメタといわれ人を選びますが、相性によってはメジャーなものを利用するよりも、オフメタな方が使い勝手がよかったり楽になる場合もあるという程度に認識してください。

◆基本型


1番安定しており、マナ不足に悩まなくなりにくいため初心者向けといえます。メインルーンは『魔道』を取得しているのでThe魔職といえるものになり、エアリー召喚とマナフローバンドで味方を支援しつつハラスを与え、マナの安定供給につながるコンボです。

サブルーンに『天啓』を入れることで、アイテム仕様のクールダウンが上がりビスケットでマナを回復するスピードが速くなります。そこに宇宙の英知を加えることで、サモナースペルをより早く使用できるよう立ち回れるため危機回避に役立ちます。

危機回避に重きを置く場合は「パーフェクトタイミング」を宇宙の英知の代替としておくと、初期からストップウォッチを入手できるため安全といえるでしょう。

◆攻撃特化型


基本ルーンは安定型とあまり変わりがないですが、サブルーンが大幅に変更となっており攻撃に特化した形となっています。サブルーンの『覇道』は、主に瞬間火力を底上げする効果があり、補助だけでなく攻めに転じることが出来るようになります。

そこに至極の賞金首狩りを装着することで、各5名の敵チャンピオンからキルまたはアシストを獲得するとUltのクールダウンが短くなり、集団戦においてUltを発動しやすくなる特性を持っています。

更に追い打ちでゴーストポロをセットしておくことで視界確保に役立ち、どこから敵が来るのかを判断しやすくなる性能上、好戦的な組み合わせといえるでしょう。

◆特殊型


この型は、ソナ以外のサポートでもかなり特殊な型です。メインルーンに『天啓』を置くことでアイテムクールダウンを促進し、グレイシャルオーグメントをセットすることで、パワーコードを利用せずとも通常攻撃にスロウを付与することが出来る為、QスキルやWスキル利用時でもスロウ付与が可能になります。

パーフェクトタイミングでストップウォッチを獲得し、ビスケットデリバリーでマナの回復を促進させるという自己管理のしやすい組み合わせです。サブルーンに魔職として必要な「魔道」と、マナフローバンドを乗せ更にマナの安定化を図る仕組みとなっています。

特殊な型ではありますが、マナ消費の多いソナとは相性が良い分味方補助は少な目となっており、レーン戦ハラス型という敵からするとかなり嫌な意地悪型です。

ソナにおすすめアイテム

シーズン10から新しく実装されたミシック効果を利用するにあたって、有効なアイテムをご紹介します。ミシック効果とは、対象のアイテムを購入することで発動するパッシブだと捉えるとわかりやすいです。

◆ムーンストーンの再生


ムーンストーンの再生は昨年2020年11月に上方修正され、使いやすくなったことが魅力的なアイテムで、微弱ながら柔らかいソナの体力を強化し魔力UPとスキルヘイスト+ミシックによる、全てのレジェンダリーアイテムのスキルヘイスト+5の恩恵を得ることが出来ます。

ムーンストーンの再生にある「星明りの恩寵」スキルは、通常攻撃又はスキルを利用し戦闘状態となることで、近くにいる非戦闘状態の味方の中で最もダメージを受けている味方のHPを回復させ、ソナのWスキルなどと併用することで回復効果向上に努めます。

対象チャンピオンがその後、戦闘状態になると回復効果が毎秒12.5%(最大50%まで)上がるため相性が良いと言えるでしょう。

◆ライアンドリーの苦悶


ライアンドリーの苦悶は、ムーンストーンの再生と違い魔力とマナの向上とスキルヘイストの効果があります。その為、スキルの効果を上げ味方を支援する際にとても便利です。

「苦悶」の効果で魔法ダメージを4秒間かけ毎秒15 (+自身の魔力1.5%) + 最大体力の1%のダメージを与え続けるという能力を持っています。

そこにプラスして魔法防御も最大15%低下させるため、集団戦などにおいても非常に効果的といます。ミシック効果は、上記と同じ全てのレジェンダリーアイテムにスキルヘイストを+5乗せる効果があるので、Ultが遅めのソナにはありがたいアイテムです。

まとめ

如何だったでしょうか?サポートは基礎能力としてマッピング能力とピン出し、味方状況の把握などやることはかなり多いですが、その分慣れてくるとやりがいもあります。

シーズン10から搭載されたミシック効果によって、無双していると言われていたチャンピオンに対して牽制し、集団戦などで有利に立てるような状況が出来たことで環境は大きく変わっていくことでしょう。

なお、今回は補助回復支援型のソナについてご紹介しましたが、敵を知るために他のサポートを触ってみてチャンピオンごとの弱点について学ぶと更に楽しくなっていきます。

ソナは、パッシブがスキルを利用する事で使用できるという部分をとってもかなり汎用性が高く、攻撃や妨害が好きな方には嫌われがちですが、可能性を多く秘めたチャンピオンなのでぜひ使ってみてほしいです。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783