【初めてのLOL】超初心者向け!基本の操作方法と簡単なルール

この記事は「まだチュートリアルすら終わっていない人に、ダウンロードをさせる」もしくは「チュートリアルは終わったけどどんなゲームか全くわからない」という人向けの記事になっています。

この記事をきっかけに「リーグオブレジェンド(以下LOL)を始めました!」と言う人は流石に出ないと思いますが「LOLってどういうゲームなんだろう?」と思った人が、この記事にたどり着いたときや「LOLを人に紹介する時にこの記事を投げつけるだけでいい」というような、記事にしたいと思って書いていこうと思います。

(ちなみに例外ありを書いてるとキリがないので、例外は書きません!ウディルとか!アフェリオスとか!ユーミとか!しらん!)

用語まとめはコチラをチェック

LOLってどんなゲーム?どこが楽しい?

LJLの実況のRevolさんをはじめとして「LOLとはどういうゲームなのか」「どういうところが楽しいのか?」ということを人に説明するのは、共通の悩みと言えるでしょう。ここではあくまで僕個人の見解で、それを紹介していきます。

◆5人1チームで戦う

LOLは5vs5で戦うゲームです。つまりチームゲームですね。野球などと違い、リアルタイムで連携を取って行動するので、この辺りはバスケットやフットサルに似ています。

◆色々な役割と多数のチャンピオン

このゲームには「トップ・ジャングル・ミッド・ADC(アタックダメージキャリー)・サポート」という5つのロールがあります。そのロールごとに、様々な役割があります。

さらに、その5つのロールに何十体もチャンピオンの選択肢があります。現在は全て合わせて148体いますが、チャンピオンの中には、トップでもミッドでも使えるというチャンピオンもいるので、組み合わせは数え切れません。

さらにロールごとに役割がある上、そのチャンピオンごとに役割があります。同じトップでもタンクをしてダメージを受け切ったり、ファイターをして相手をなぎ倒したりします。

もっと言えば、トップとミッドどちらでも使えるチャンピオンがいたとして、同じチャンピオンなのにもかかわらず、求められる役割は違ったりもするのです。

LOL初心者への教え方はコチラ

◆無限にあるプレイスタイルと試合展開

チャンピオンが数多くあり、その中で組み合わせが数多くあります。さらに試合展開も数多くあります。単純に考えて5つのレーンが「勝った・負けた」というだけでも、32通りあるわけですからね。

そこに「少し負けた・大きく勝った」などを入れれば、もう無限に近いくらいあります。ということは、その中で勝つ方法、つまり「プレイスタイル」も無限にあるということです。

「味方を助けるプレイをする人」「自分が全員倒すために動く人」「チームプレイをする人」「1人で行動する人」数え切れません。自分のプレイスタイルを探し、勝つのも面白さの1つです。

◆変わるメタとシステム

さて、ここまで散々「LOLは何が正解かわからない」と言うような説明をしました。もちろん、上記のような要素のせいでそうなっているのですが、それだけではありません。

このゲームには他のゲームよりも、はるかに早いテンポでパッチが当たるのです。「あれが強すぎる」「あれが弱すぎる」「システムの穴を突くようなプレイ」そういったものが、どんどん修正されていきます。

なので「Aが強いらしい」「つまりそれと相性のいいBが強く、逆に相性の悪いCは弱い」という状況から「Aがナーフ(弱体化)されたぞ!しかもCがバフ(強化)されたらしい!」「つまりBも弱くなるってことか?!Dがくるぞおおおおお」と、言ったようなことにもなるのです。

またルールはほぼ同じなのですが、その中のシステムが結構変わるので「前のシステムは序盤強いチャンピオンが強かったけど、今は終盤強いチャンピオンが強いぞおおおお」と言ったようなことも、よく起こります。

こういったことがLOLを飽きさせない・・・。と言うか辞められない沼の様なところでもあります。楽しいですよ^^

LOLの簡単なルール

さて簡単にルールを説明していきます。と言ってもLOLって思ってるよりも、ルール自体は簡単なので安心してください。

◆ネクサスを壊す

図のように、青側(下側)は赤側(上側)のネクサスと呼ばれるものを、青側は赤側のネクサスを壊せば勝ちです。本当にシンプルにこれだけです。僕はバスケットのゴールを目指す感じや、アメフトのタッチダウンと似たようなものだと感じてます。

◆タワーを破壊する

流石にこれだけだと投げっぱなしすぎるので、もう少し説明します。ネクサスにたどり着くには図のタワーというものを破壊していきます。主に3本レーンがあって、上からトップレーン・ミッドレーン・ボットレーンとなってます。

タワーは全て壊しても構いませんし、極端な話1つのレーンを押し続け、タワーを壊してネクサスまで到達し、ネクサスを壊すことも可能です。

ただし2本目を壊すには1本目。3本目を壊すには2本目。そしてネクサス前のタワーを壊すには、3本目を壊す必要があります。

LOLで勝つための要素

さて、この勝つための要素がLOLにはとてもたくさんあります。。でも安心してください!どうせチャレンジャー(1番高いレートの人)もわかってません!

わからなくてもレートは、上がります!(もちろんわかっている人たちもいます)。なので気楽に後でゆっくり覚えても構いません。

◆レベル

試合の最初は、毎回レベル1から始まります。MMOのように時間をかけてレベルを上げるという要素はありませんし、課金で強くなることもありません。試合が始まった瞬間は、プロも初心者も全く同じ条件といっても過言ではありません。

毎試合レベルが上がればステータスも上がりますし、スキルも覚えることができます。レベル1ではスキルは1つ。レベル3ではスキルは3つしかありません。

レベル6になると「ウルト」という、強力なスキルを覚えることができます。その時点で、やっと4つスキルを使うことができます。ほとんどのチャンピオンは4つのスキルしかないので、レベル6で全てのスキルを使うことができます。

またスキルにもレベルがあります。1つのスキルは最大5まで上げることができるので、例えばレベル3でQのレベルが1しかない状態と、レベル9でQのレベルが5ある状態では、はるかに強さが違うチャンピオンがよくいます。

ちなみにチャンピオンややりたいことによって、別にQをわざわざ上げずWを上げてもいいですし、なんならQを取らない選択肢などもあります。こんなところでも、選択肢の多いゲームなんですね。

◆ゴールド

レベルとゴールドはほぼ概念的には一緒です。ほとんどの経験値を稼ぐ行動は、ゴールドも同時に入って来ますからね。

LOLでは、重要な要素の1つであるCS、つまりミニオンへのラストヒットというものがあります。LOLにはミニオンと言うものが、各レーンにわらわらと湧いてきて、それを使ってタワーを壊していくのですが、相手側にもミニオンが湧いてきます。

このミニオンに最後の一撃を与えることによって、ゴールドを手に入れることができます。ちなみにそれに失敗しても一定の距離内にいるなら経験値は入りますが、そのCSをたくさん取って、稼いだゴールドで良い装備を買うのがLOLの基本です。

◆アイテム

何度も言いますが、このゲームには様々な選択肢がありアイテムの選択肢も無限にあります。「相手の構成・自分の役割・自分のやりたいこと・相手が嫌がること」そんなことを考えながら、最適解を選びます。

これ1つだけでも何十分でも話せるし、プロの試合を見て「あのアイテム選択深すぎる!」なんて盛り上がりもできるのです。

◆バロン

LOLには、試合を終わらせる要素がいくつかあります。一時期、試合時間がとても長くなることがあり、プロでも100分試合になったりしたこともありました(SKT・・・teddy・・・う・・・頭が・・・)。

なのでそうならないために「勝っているチームがこれを取るとしっかり終わらせれるもの」と言うものが、いくつかLOL内にはあってその1つが、図の赤〇にあるバロンです。

バロンを取ると300×5のゴールドが入ります。これは1キルが約300円計算されるので、5キルが入るくらい差が広がります。

更にタワーを破壊するのに重要な「ミニオン」をパワーアップさせることができる、バフをつけることができます。これにより強くなったミニオンが、どんどんタワーを破壊することができるため、試合が進みます。ちなみにバロンを取るのは、とても難しいです。

◆ドラゴン

黄色〇にいるのがドラゴンです。ドラゴンは変更が多く、今までも色々な効果がありました。2020年現在のシーズン10では「ドラゴンを4つ倒して、ドラゴンバフを4つ集めると、強力なドラゴンソウルを手に入れることができる」というものになっています。

ドラゴンはバロンとは違い、比較的簡単に取れます。なので序盤から勝っている時は、このドラゴンを取れればいいなと言う感じです。1度ドラゴンを取ると、5分後登場します。

4体をどちらかのチームが取ると、次からはエルダードラゴンが登場します。こいつを取るともう・・・強いです。取って負けることは、ほとんどありません。

ドラゴンソウルを4つを目指しながら、バロンを取る。それでも終わらなければエルダードラゴンを取るという流れです。

◆リフトヘラルド

ドラゴンと逆サイドにある、赤〇がリフトヘラルドです。リフトヘラルドを取ると、タワーに突進するヘラルドを召喚することができます。「ドラゴンを4つ集める」か「リフトヘラルドを取ってタワーをどんどん壊していく」のかと言う選択肢を、取ることができます。

リフトヘラルドは取ると次は6分後に出て、最大2体まで取ることができます。ちなみに20分を過ぎるとリフトヘラルドは消えて、バロンが登場します。

◆インヒビター

インヒビターを取ると、スーパーミニオンと言うものが登場します。こいつらは本当に強くて、放っておくとどんどんタワーを折ってくれます。なので相手はまず、スーパーミニオンの処理に向かわないといけません。

相手がスーパーミニオンの処理をしている間に、違うタワーを折ったりバロンやドラゴンを取ったりする選択肢が、簡単に取れます。もちろん相手がスーパーミニオンを、放っておくという選択肢を取るなら「スーパーミニオン頑張れ~」と、にらみ合っていれば試合は終わります。

LOLの操作方法の基本

実際にやってみる際の操作方法や、操作感を説明していきます。

◆視点は斜め上から

視点は斜め上からになります。「昔のMMOっぽいな」と僕は最初思ってました。個人的に「観戦で見るのも、自分で見るのも、一緒にプレイしてる他人が見るのも全く同じ視点になる」と言うところは好きです。

◆移動は右クリック

移動は右クリックをして行います。またマップをクリックしても、その場所までの最短を歩いてくれます。

◆AA(オートアタック)は右クリックorA+左クリック

LOLにはAA、つまりオートアタックという全てのチャンピオンができる基本攻撃があります。AAをしたい相手に対して右クリックをすればできます。

また「アタックムーブ」という技術で、Aボタンを押してからオートアタックを左クリックしても、することができます。どちらでも、やりやすい方をしてもらって結構です。

◆スキルはQWER

スキルは、QWERを押します。Rはウルトですね。本当にそれだけです。通常キャストとクイックキャストと言うものがあります。クイックキャストは、ボタンを押すとすぐにスキルが出ます。

通常キャストはスキルのボタンを押して、左クリックを押すことによってできます。メリットとしては、スキルの射程やどういう風に出るかがわかるところです。デメリットは左クリック分、操作量が増えることです。

上手い人でも「通常キャスト」か「クイックキャスト」かは分かれますし、チャンピオンによって変えている人もいるので、やりやすい方で構いません。

◆アイテムは1~8におく

ポーションなどの回復アイテムはもちろん「ワード」という視界を取るアイテムや「アクティブアイテム」という、発動効果のアイテムもあります。基本的には1~8で構いませんが、押しやすいボタンに変えるている人も多いです。

◆サモナースペルはDF

「フラッシュはFから始まるんだから、Fにフラッシュ!」と言うのは冗談で、どっちでも構いません。サモナースペルという、強力なスペルを2つみんなが持つことができます。

基本的に必ずフラッシュを持ちますが、サモナーレベルが上がらないうちは、使えるサモナースペルは限られています。なので気にしなくて大丈夫です。

◆その他

Tabでスコアが見れます。Bでリコールができます。スペースで自分を中心に持ってくることができます。Yボタンで画面固定を外したり、画面固定にできたりします。Zでチャットを確認できます。

あとは・・・あとはなんかあると思うけどわからない!

まとめ

・LOLは選択肢が多いゲーム!

・チームゲームが楽しい!

・操作は思ってるよりも簡単!

・どうせみんな何も考えないでプレイしてるから、気軽にプレイしよう!

最後に

はい。ということでね。この記事とても難しかったです・・・。そもそも僕がLOLを始める前は、civ4という1ゲームに4時間かけるゲームをしていました。だからLOLをしたときも「1試合30分とか短い!カジュアルゲームだ!」と思ったくらいですからね。

僕はもうかれこれ、シーズン2の終わりからやっているので、8年目に突入しましたが、一向に飽きません。世界中でこれだけの人数に遊ばれている理由が、納得のゲームです。

普通のゲームと違い、8年やっても飽きませんし、きっとあと何十年やっても飽きないと思います。是非みなさんもLOLというゲームに、はまってくれたらうれしいなと思います。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る