初心者必読!これだけは知っておきたいLOL用語集まとめ

LOLを始めたばかりの人は「友達とプレイしていても友達が何を言ってるかわからない」「チャットで意味わからない英語で話している」そんなことがよくあると思います。

自分も友達がいきなり知らない単語を話していて、何を話しているかわからないということで困ることがとてもありました。今回の記事は、これだけは初心者の方が覚えておくと困らないであろうLOL用語をまとめてみました。

LOLのゲーム内でよく使う用語<まとめ編>

LOLはもともと海外にあったサーバーでしかプレイ出来なかったので、その時の名残で今でも英語を使ってチャットする人が多くいます。

また、非常に多くの要素があるゲームなので、沢山の言葉を使います。少しづつでも覚えていくと、LOLをもっと楽しめますよ!

◆Lane(れーん)

LOLのフィールド内にある3本の道のことをレーンと呼びます。

◆Top(とっぷ)

LOLのフィールド内にある、3本の道の1番上の道をTopと呼びます。1VS1が好きな人や、最前線で戦いたいファイターや、タンクなどが行くのが一般的です。topレーナーをやってみたいという方は、こちらの記事がおすすめです。

◆Mid(みっど)

LOLのフィールド内にある、3本の道の真ん中の道をMidと呼びます。LOLの花形的ポジションで、一番難しいが奥が深いポジションです。アサシンやメイジが行くのが一般的です。midレーナーをやってみたいという方は、こちらの記事がおすすめです。

◆Bot(ぼっと)

LOLのフィールド内にある、3本の道の下の道をBotと呼びます。botは特殊で2人で行く少し変わったレーンで、装備依存度が高く後半強いマークスマンやサポートが行くのが一般的です。

◆Adc(えーでぃーしー)

アタックダメージキャリーの略称で、マークスマンのことを指します。LOLの第2の花形的ポジションです。Adcをやってみたいという方は、こちらの記事がおすすめです。

◆Sup(サポート)

サポートは味方を守ったり視界を取るのが主な仕事です。Supをやってみたいって方は、こちらの記事がおすすめです。

◆Jg(ジャングル)

先ほど紹介した、3本の道以外のところに行くのがジャングルです。1番知識がいるレーンなので、初心者にはおすすめ出来ません。jgをやってみたいという方は、こちらの記事がおすすめです。

◆Q・W・E・R

チャンピオンのスキルの略称で使われ、左からQWERと呼ばれています。

◆AA(えーえー)

オートアタックの略称で、敵や相手ミニオンにカーソルを合わせて右クリックで出る攻撃です。

◆AOE(えーおーいー)

複数の敵に同時に攻撃できる範囲スキルのことです。

◆Bush(ぶっしゅ)

こちらのフィールドにある草むらのことを指します。

◆CC(しーしー)

行動阻害のことで、動けなくなるスキルのことです。スタンとスネアの2種類あるのですが、最初のうちは覚えなくて大丈夫です。とりあえず動けなくなるスキルと、覚えておきましょう。

◆CS(しーえす)

ミニオンに止めを刺すと増える数値のことです。jg内のミニオンは、中立ミニオンと呼ばれています。

◆Farm(ふぁーむ)

CSを増やすことです。

◆FF(えふえふ)

降参のことでゲーム内チャット欄で /ff と打つことで降参出来ます。

◆SS(サモナースペル)

どのチャンピオンでも2つまで選んで使うことが出来るスキルです。

◆TP(てぃーぴー)

サモナースペルのひとつで条件がありますが、遠くの特定の場所に移動出来るスキルです。主にTopレーンの人がもつことが多いです。

◆Ult(うると)

チャンピオンのRに該当するスキルで1番強いスキルです。

◆Ward(わーど)

視界が取れるアイテムで、LOLにおいてとても重要なアイテムです。初期設定では、キーボードの4のボタンで置くことが出来るアイテムです。

◆Bait(べいと)

草むらに隠れて相手をだまし討ちすることです。

◆Engage(えんげーじ)

集団戦を始めることを指します。

◆Focus(ふぉーかす)

どの相手チャンピオンを狙うかです。

◆Invade(いんべいど)

ゲームスタート直後に相手のジャングルに入って行くことです。

◆Gank(がんく)

ジャングルが他の3本のレーンに行くことです。

◆Kite(かいと)

引き撃ちと呼ばれる技術です。adcにとって必須の技術なので、adcをやりたい方や興味ある方は調べて見るといいと思いますが、最初の方は気にしなくて大丈夫です。

◆Leash(りーしゅ)

最初に味方ジャングルの手伝いをすることを指します。jgが最初にtop側からスタートする時はTopレーナーがして、bot側からスタートする時はBotレーナーの2人がするのが一般的です。「リーシュお願い」と言われたら手伝ってあげましょう!

◆Peel(ぴーる)

相手から味方を守ることを指します。

◆b/back/recall(ばっく/りこーる)

キーボードのBで行える動作で本拠地に戻り、回復や買い物をすることが出来ます。

◆Poke(ぽーく)

相手の遠くの位置から攻撃することを指します。

◆Roam(ろーむ)

レーナーが他のレーンに行くことです。jgはガンクで、他のレーナーの場合はロームと覚えましょう。

◆Swap(すわっぷ)

レーンを交換することを指します。

LOLのゲーム内でよく使う用語<ネット用語編>

こちらではLOLでよくみるネットスラングを紹介してきます。

◆gg/ggwp(じーじー)

グッドゲームの略です。ggwpのwpはWell Playedお互いよかったと、双方のチームを称賛するときなどに使います。

◆LOL(ろる)

いきなり「LOL」と相手が言ってきて、意味わからないと思った経験ありませんか?この「LOL」は海外での(笑)やwのような意味があります。

◆mb(まいばっと)

my badの略で私が悪かったよという意味です。

◆np(のーぷろぶれむ)

ノープログレムの略で問題ないよということです。

◆noob(ぬーぶ)

下手くそという意味で、いい意味じゃないです。みなさんは使わないようにしましょう。

◆OP(おーぴー)

over powerの略で今、とても強いチャンピオンに使われます。

◆troll(とろーる)

おふざけみたいな意味があり、こちらもいい意味ではありません。皆さんは、とろーるしないように気をつけましょう。

◆ty/thx

thankyouの略で、普通にありがとうという意味で使われます。thxも同じ意味で使われます。

◆dc(でぃーしー)

Disconnectedの略で、回線の切断を意味します。意図的なdcは味方に迷惑をかけたり、何回も続けるとban対象などになるので絶対にやめましょう。

まとめ

こちらで紹介させていただいのでも、まだまだ一部です。LOLは用語が多いので覚えるのも大変ですが、用語が多いということはそれだけ奥が深くおもしろいということなので、用語が多いと恐れないで少しづつ覚えていけばいいと思います!

この記事の著者

ぬぴお

ぬぴお

LOLや格闘ゲームの大会を見るのが趣味で、LOLは日本サーバーからプレイしています。格闘ゲームはほぼ動画勢です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る