【LOL攻略】初心者にオススメ!コスパから考えるアイテムの積み方とは?

みなさん!アイテムを考えて積むことはできていますか?LOLというゲームはローテーションのマクロや、レーニング・集団戦のフィジカルなどなど、いろいろな要素があります。

その中でも軽視されがちですが、アイテムの積み方というものが割と重要な要素の1つになっています。

「このマッチアップはこれを積む」「相手のレーナーとジャングルが~だからこれを積む」「相手に~がいるからこのアイテムを急がないといけない」などいろいろな要素で決めますが、今回はコスパという概念からアイテム選択を考えていきましょう。

コスパと言う概念

まずはそもそもコスパが何かを説明ていきましょう。

◆コストパフォーマンスとは?

コストパフォーマンス(英語: cost performance)とは、あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。

コスパやCPと略されることもあるほか、費用対効果や対費用効果ともいう。建設コンサルタントや官公庁での会議打ち合わせでは費用便益比、もしくはB/C(ビーバイシー、benefit by cost の略)とも呼ばれる。

数値を算出する場合は、効果を費用で割る。すなわち、費用が安く、効果が高いほど、コストパフォーマンスが高い(wikiより)。

「なるほどね!」となる人はいいのですが、ならない人がいる気がするのでその人に向けてLJLで例えるならば「Zerostはコスパのいい選手‼」と言うことです。←もっとわからない

◆LOLのアイテムにおけるコスパとは?

LOLでいうアイテムのコスパとは、ほとんどの場合上がるステータスで見ます。例えばツインシャドウで相手をスローにしたりする効果は、コスパには含まれません。

しかし、純粋に殴り合う上でステータスと言うのは非常に重要な要素なので、積むアイテムを選択する上でコスパは重視するべきでしょう。

LOLにおける具体的なコスパの計算方法

AD(アタックダメージ)

ロングソード=350ゴールド=10AD=1ADあたり35ゴールド

AP(アビリティパワー)

増魔の書=435ゴールド=20AP=1APは21.75ゴールド

AR(アーマー)

クロースアーマー=300ゴールド=15AR=1ARは20ゴールド

MR(マジックレジスト)

ヌルマジックマント=450ゴールド=25MR=1MRは18ゴールド

HP(ヘルス)

ルビークリスタル=400ゴールド=150HP=1HPは2.67ゴールド

MP(マナ)

サファイアクリスタル=350ゴールド=250MP=1MPは1.4ゴールド

HPreg(ヘルスレジェネ)

再生の珠=150ゴールド=50%=ヘルス自動回復1%は3ゴールド

MPreg(マナレジェネ)

フェアリーチャーム=125ゴールド=25%=マナ自動回復1%は5ゴールド

クリティカル率

アジリティークローク=800ゴールド=20%クリティカル=クリティカル率1%は40ゴールド

AS(アタックスピード)

ダガー=300ゴールド=12%=AS1%は25ゴールド

フラットMS(ムーブメントスピード)

ブーツ=300ゴールド=25MS=1MSは12ゴールド

LS(ライフスティール)

ヴァンパイアセプター=900ゴールド-(35×15AD)=375ゴールド=10LS=1LSは37.5ゴールド

脅威

セレイテッドダーク=1100-(35×30AD)=50ゴールド=脅威10=脅威1は5ゴールド

魔法防御貫通

ソーサラーシューズ=1100ゴールド-(12×45MS)=560ゴールド=18魔法貫通=1魔法貫通は31.11ゴールド

オンヒットダメージ

リカーブボウ=1000ゴールド-(25×25%AS)=375ゴールド=15オンヒットダメージ=1オンヒットダメージは25ゴールド

CD(クールダウン)

キンドルジェム=800ゴールド-(2.67×200HP)=266ゴールド=CD10%=CD1%は26.6ゴールド6%MS(パーセントムーブメントスピード)=

エーテルウィスプ=850ゴールド-(21.75×30AP)=197.5ゴールド=5%MS=1%MSは39.5ゴールド

HSPower(回復量およびシールド量)

フォビドゥンアイドル=800ゴールド-(5×50%マナレジェネ)-(26.6×10CD)=284ゴールド=5%HS=1%の回復量及びシールド量は56.8ゴールド

これ書くのめちゃくちゃ疲れました。ちなみになぜかCDの計算が、本家だと少しおかしいのは気のせいでしょうか?

もしかしたら僕が間違っている可能性がありますが、誤差は0.1ゴールド以下なので気にしないでください。

LOL初心者にオススメ!素材アイテムを選ぼう

上手い人は素材アイテムを上手に使っています。初心者の方は難しいのは分かりますが、少しづつ完成アイテムをひたすら目指すのではなく、素材アイテムも選択肢に入れましょう。

アイテムを完成させずに、素材アイテムを積んでいくことがオススメです。例えばすごく極端な話ですが、画像の様な積み方をする場合もあります。

素材アイテムの何が強いのか?

素材アイテムを選択肢に入れるのは、基本的にコスパがいいです。100%を超えるアイテムが基本的にコスパがいいとされていますが、フィンディッシュの古書は114.21%、グレイシャルシュラウドは112%。へクスドリンカーはなんとあのバリアがついてなんと102.31%です。強い!!!

あとはティアマットは完成させなくてもプッシュ力が手に入りますし、エクスキューショナー・コーリングも完成させなくても重症がつきます。

こういう風に、相手へのカウンターアイテム・必要なアイテムは、前提アイテムでも十分そろい、そしてコスパもいいアイテムが多いので強いのです。

防具アイテムの完成が初心者にオススメ

散々、前提アイテムが強いと言いましたが、基本的にアイテムを完成させると強いです。完成品には強力な効果がついていますからね。

しかしながらその効果は基本的には1つです。例えばティアマットを、ラヴァナスハイドラ完成させるとコスパも一気に上がりますし、強いのです。

しかしその差額の2200ゴールドで他のアイテムを買った方が、色々な効果が期待出来て強い場合が多いです。なので素材アイテムを積む順番、そしてアイテムを完成させる順番が重要なのです。

◆序盤強い

防具アイテムを積むと序盤に強くなります。有名なところでは「ADファイターやADアサシン同士が戦う場合「忍者足袋を積んだ方が勝つ」という定説があります。ちなみに忍者足袋はコスパ云々もそうですが、普通にオートアタックのダメージカットが強いです。

◆素材アイテムのコスパがいい

基本的に防具アイテムは、素材アイテムのコスパがいいです。と言うよりも攻撃アイテムが悪いと言った方がいいかもしれません。

◆完成アイテムが安い

完成アイテムが強いことは説明しましたが、防具アイテムは完成品が安い傾向にあります。例えばラバドンデスキャップは3600ゴールドですが、それに対抗するアダプティブヘルムは2800ゴールドです。

同じ育ち具合なら、防具アイテムも完成させた時点では、相手は攻撃アイテムを完成できていません。完成アイテムは基本的に強いので、その分攻撃アイテムを積む相手に有利を取れます。

◆防具アイテムのほうが強くできている

そもそもの話コスパ関係なく、LOLは防具アイテムのほうが強くなるように設定されてます。キルを取ってレーン勝った方が武器を積んだ場合、もし武器を積んだ方が強いなら、負けたほうも武器を積まないといけないので・・・。結局またすぐにキルを取られてしまいますよね?

しかし、ライアット様は負けたほうも防具を積むというお慈悲をかけてくれています。AD積む相手にはAR。AP積む相手にはMR。そしてバランスよくヘルスを積めば死ににくく、そして勝てるようになっているのです。

LOLにおけるコスパがいいおすすめアイテム

まずはこれを語らないわけにはいかないでしょう。ドランブレードはコスパが134.63%とスーパーアイテムです。

ドランブレードを複数積まれると、本当に勝てませんよね。あとBFソードのコスパは107.69%です。ADCなんかは特に、ファーストリコールでBFソードが買えるかどうかは大きいですね。

◆AP

こちらもこれは外せません。ドランリングですね。コスパは驚異の196.56%。これはドランブレードもそうですが、柔らかいチャンピオンのヘルスが上がるのは思っている以上に、大きな要素です。

先ほどもいったフィンディッシュの古書はコスパもいいので、CDを重視するチャンプなら優先的に買いたいアイテムですね。

シーカーアームガードは94.09%なのですが、スタックを貯め切れば驚異の151%(計算ミスってないか不安なくらい高い・・・)。対面がADチャンプなら積極的に積んでいきたいですね。

◆タンク

ワーモグアーマーは強力な効果にもかかわらず、コスパが105.26%ととても優秀なアイテムです。ただヘルスしか上がらないので、負けている時に積むと思っているよりも柔らかくて弱いので、注意しましょう。

タンクアイテムはコスパ自体はそこまでよく感じないかもしれませんが、相手のAD・APに合わせて詰めばとてつもない強さを発揮します。

相手のダメージをカットできるだけの防御力を手に入れ、そしてコスパのいいヘルスを積んでいくのがベターでしょう。

まとめ

・素材アイテムの性能を考えよう

・アイテムのコスパも理解して積んでいこう

・防御アイテムの序盤の強さを理解しよう

最後に

プロシーンを見ていると、アイテムの買い方ひとつでゲームが決まってしまうことがたまにあります。そうではなくてもプロの人たちがどういった考えでアイテムを積んでいるのか、それを見ているだけで楽しいですよね。

重症や対面のダメージ元によってのAR・MRだけではなく、コスパの面からもアイテムの選択を吟味し、LOLを楽しみましょう。

ちなみにマジで「ADアサシンに対してのアームガード」「APバーストに対してのへクスドリンカー」は強いので本当に、それだけでも覚えておいてください。

ちなみに今回はこのサイトを参考にしています。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る