【LoL攻略】レーンコントロールとは何か? レーンを押す理由と引く理由、タイミングなど解説

レーンコントロールとは

レーンコントロールとは

レーン戦
レーンコントロールとは、ミニオンウェーブを押したり引いたり、ある一定の場所でウェーブを維持したりすることです。

時には相手のタワー下まで押すこともあれば、自陣のタワー下で耐えることもあります。

レーンをコントロールする理由

レーンをプッシュする理由

プッシュウェーブ
プッシュをするメリット、理由には下記のようなことが挙げられます。

  • 相手のタワーを削ることができる
  • タワーダイブすることができる
  • 相手のウェーブ処理を邪魔できる

タワーダイブ
タワーを削ることができるのはもちろんのこと、味方のジャングルとタイミングを合わせてタワーダイブでキルを狙うこともできます。その他、タワー下ではタワーからの攻撃とミニオンからの攻撃があるので、ラストヒットを取りにくい状況になりますし、その間にハラスもおこないやすいです。

レーンを引く理由

プルウェーブ
逆に、プルウェーブ(引いたレーン)にするメリットや理由です。

  • 相手のガンクが決まりにくい
  • 味方のガンクが決まりやすい
  • ゾーニングができる

自陣に近ければ近いほど、相手のジャングルによるガンクが決まりにくいことや、味方のジャングルなどが介入しやすいことは明白です。序盤のタワーは特に強力だからですね。3つ目に挙げたゾーニングですが、前の2つの理由があるからこそ可能になります。

ゾーニング
相手にこちら側のミニオンをタッチさせない状況を作るには自分の立ち位置が相手のミニオンの近くになり、ダメージ交換をした時にどうしても不利になります。その時に味方の支援があったり、相手のカバーが無ければ相手はラストヒットを取りにくい状況が生まれやすいのです。

レーンコントロール方法

プッシュしたい時

スキルうちまくり
スキルや通常攻撃を駆使してミニオンを処理します。その時に注意するべきは、スキルを使ってしまうと相手とのダメージ交換が困難になるため、仕掛けられないように気をつけることです。

余裕があるのであれば後衛(メイジ)ミニオンを先に処理するといいでしょう。後衛ミニオンは攻撃力が高いため、先に倒しておくことで相手のプッシュ力を弱めることができるからです。

引きたい時

ラストヒット
ミニオンのラストヒットを取る時は最後の1発だけ殴ることを意識します。しかし、自陣のタワー下まで来てしまうとタワーの攻撃が入ってしまいラストヒットが取りにくくなったり、結局その後プッシュするウェーブになってしまいます。

相手の殴っている回数よりも少なめに殴ることを意識したり、相手のミニオンが多くなってきたらスキルで少し減らして押される早さを調整してください。

押すタイミングと引くタイミング

相手のタワー下
このゲームの目的が相手のネクサスを破壊することである以上、レーンは常に押したほうが有利ではあります。しかし、一概にプッシュし続けても勝てない(あるいはプッシュできない)のは相手も同じことを考えていて、プッシュに対しての対策や戦術を仕掛けてくるからです。

ですから押すタイミングや引くタイミングが重要となるわけです。

レーンをプッシュするタイミング

相手のジャングラーが遠い

  • 相手のジャングルが自分のレーンから遠い場所で見えた時
  • 相手の体力やマナが少ない時
  • 味方のジャングルが近くにいる時
  • 一度帰りたい時

まず、相手のジャングルが遠い場所で見えた時はガンクされる心配が激減するのでプッシュします。相手の体力やマナが少ない場面では、相手のガンクが来ても勝てる場面も多くありますから、これもプッシュ。

味方のジャングルが近くにいるときには相手のガンクが来てもすぐにカバーしてもらえたりタワーダイブも視野に入るのでプッシュ気味に、帰ってアイテムを更新したい時にもプッシュします。

レーンを引くタイミング

マナが少ない場面

  • 相手のジャングルが自分のレーンから近い場所で見えた時
  • 味方の体力やマナが少ない時
  • 味方にガンクして欲しい時
  • ゾーニングできる時

プッシュのタイミングとはほぼ真逆の理由がほとんどです。相手のジャングルがレーンの近くで見えたなら、ガンクを警戒してレーンを引くべきです。味方の体力やマナが少ないときにも同様。味方にガンクして欲しい時はレーンが自陣に近いほうがもちろん決まりやすいのでレーンを引きます。

ゾーニングは最初にキルを獲得したりチャンピオンの相性が良いなどで、対面とのタイマンであれば相手のミニオンからの攻撃があっても勝てる時におこないます。余裕があればレーンを引き、相手にラストヒットや経験値を渡さないことでさらに有利を広げることができます。

まとめ

レーンをプッシュする判断材料は大きいものだと下記の通り!

  • 相手や味方のジャングルの位置
  • 相手や味方の体力やマナの状況
  • ゴールドの貯まり具合

しかしレーンの押し引きがあからさますぎるとやりたいことがバレるので、急激にレーン状況を変えるのではなく、戦闘の30秒前や1分前から徐々にレーンをコントロールしていくのが重要になります。レーンコントロールにおいていちばん重要なのは相手にバレない(バレてももう手遅れ)状況を作ることかもしれませんね。

ラストヒットのコツボットレーンのレーニング中のワーディングなども解説していますのでこちらも読んでみてください!

関連記事

ページ上部へ戻る