【LoL攻略】征服者アーゴットジャングル解説! ルーン・アイテムビルド・プレイングなど

JGアーゴット

パッチ9.6で登場 征服者アーゴットジャングル

probuilds
画像:probuilds.net
パッチ9.6でアーゴットに大幅な変更が入りました。変更点を見てジャングルで試し始めた人がいたのでしょう。

今ではトップよりもジャングルで使われることのほうが多くなっています。そんなJGアーゴットの解説です。

強み

アーゴットJG バロン
Wが最大レベル時に切替式スキルになったことで中盤以降のドラゴン・バロンが早くなっています。最大スキル時は邪魔が入らない限りずっとWを展開し続けることが出来ます。強い。

他にもアルティメット:デスグラインダーの射程が伸びたので、正面や真横など思いもよらない場所からのガンクが可能です。単純に他のスキルでもCCが豊富なので、ガンクもそれなりに強いチャンピオンです。

弱み

アーゴットJG カウンター
1周目のジャングルでは回るのが少し遅かったり、体力にも不安があります。ヴァイやリーシンなどの序盤強いチャンピオンからのプレッシャーを上手く避ける必要があります。

また、アルティメット以外では仕掛ける手段が乏しいので、ルートなどを上手く選択しなければガンクが決まりません。相手の視界がある場所を避けながら、後ろから入れるようなルートを探しましょう。

インゲーム

ルーン

ジャングルアーゴット ルーン
鍵となる征服者はパッチ9.4に大幅変更があり、パッチ9.5にナーフを受けるなどして遠距離攻撃チャンピオンはあまり持たなくなったものの、アーゴットの場合はWで連続的にスタックが溜まるため採用。

サブパスの天啓では集団戦で相手に張り付きやすくするために魔法の靴Qやアルティメットでスローさせた対象に近づきやすい疾駆を採用しています。

スキル上げ

probuilds_skill
画像:probuilds.net

アイテムビルド

最優先したいアイテム

ブラッククリーバーブラック・クリーバー
靴の強化よりも優先する可能性まであるビルド。前提のファージは相手に張り付きやすくするために早めに積みたいアイテムです。

ライチャス・グローリーライチャスグローリー
こちらも仕掛ける際には重宝するアイテムです。とりあえず張り付けば勝ちみたいな。

状況に応じて選択したいアイテム

ランデュイン・オーメンランデュイン・オーメン
物理防御を積むならコレがベター。張り付いたときに相手をさらに逃げにくくしたり、通常攻撃をしてきた対象に追いつきやすくなります。

アダプティブヘルムアダプティブヘルム
魔法防御ならこれ。スピリットビサージュとの相性が良くないため消去法での採用。結構強い。

ガーディアンエンジェルガーディアンエンジェル
汎用性が高いアイテム。攻撃力も上がるためスキルとの相性もばっちりです。前提アイテムのストップウォッチを使ったタワーダイブも強力です。

プレイのコツ

最序盤は戦い方が難しい

アーゴットJG スカトル
ジャングル周回速度はまずまずなので、Wとパッシブを駆使してレベリングに注力します。Eによりリフトスカトルも狩りやすいので積極的に確保しましょう。

ファイトもそれなりに強いですがWがクールダウンに入ってしまうと弱いので、リー・シンやエリスのようにこちらのスキルを見て一時離脱出来る相手とは戦うのは避けたほうが無難です。

アルティメットが上がるたびにガンク

アーゴットJG アルティメット
アルティメットがパッチ9.6で超射程に伸びました。

正面からでも横からでも、瀕死の相手レーナーに対してプレッシャーを与えましょう。

集団戦では壁役

アーゴット 前衛
ある程度アイテムが整えばすぐにダウンしてしまうほど柔らかいチャンピオンではないため、Eのシールドや征服者の回復を上手く使いながら相手に張り付きます

アルティメットでキルする瞬間には相手がまとまっているところに寄り、多くのチャンピオンにCCをお見舞いしましょう。味方のキャリーが追われているなら持てるCCを駆使してピールすることも可能です。

まとめ

アーゴットの強みや戦い方をまとめると下のようになります。

  • Wとパッシブを活かして単体を狙う
  • 征服者がすぐ溜まるから粘り強い
  • アルティメットの射程が長いし強い

アーゴットの変更や征服者の変更など最近のパッチではよく変わっているので、最新の情報を合わせて確認してください!
【パッチ9.6】ダブル涙エズリアルは博物館送りに 賞金システムはより精度が高く調整【LoL攻略】
【パッチ9.5】スカーナーやラカンがバフされメタが変わるか? LoL最新パッチの所感【LoL攻略】

現在のメタではプレスアタックを採用したW上げ王剣初手のミス・フォーチュンも人気が高かったり、面白いメタが多くあります。こちらもぜひご覧ください!

関連記事

ページ上部へ戻る