【パッチ9.13】パッチノート解説 キアナ実装発表!TFTモードの追加など

出典:leagueoflegends

2019年6月26日(水)にパッチ9.13が実装されパッチノートが更新されました。本パッチではPBEサーバーにて大量のログイン待ちを出した「チームファイト タクティクス」(以下、TFT)の追加や新チャンピオン”エレメントの女帝”キアナが実装されたほか、前パッチで弱体が入ったサイラスが再度強化され、強烈だったパイクやソナへの弱体化にウディアの変更などが行われました。

下記のパッチ情報における文章、数値、画像等はLoL公式サイト パッチノートを参照し必要に応じて引用していますので、詳細な数値等はそちらをご覧ください。それでは見ていきましょう。

<パッチ・ハイライト>

キヤナ、アーケード ケイトリン、アーケード カイ=サ、バトルボス キヤナ、バトルボス ヤスオ、アーケード ケイトリン プレステージエディションは2019年6月30日より購入可能になる予定です。

<チームファイト タクティクス>

チームファイト タクティクスの、オープンベータテストが本パッチにて公開されました。これを踏まえ、ライアットはTFTのバグ報告や全体的な感想を求めています。詳しくはチームファイト タクティクスの公式ウェブサイトから確認してください。

<チャンピオン>

”エレメントの女帝” キアナ

6月30日実装(予定)

<バフ>

イラオイ

固有スキル – 旧神の預言者:触手に魔力反映率が追加、イラオイが周囲を離れてから触手が消滅するまでの時間が短縮など

W – 過酷なる教訓:各スキルレベルで最小ダメージが追加、タワーに対しては最小ダメージを追加ダメージとして与えるように

E – 魂の試練:イラオイが対象からダメージを受けるたびに持続時間が短縮される効果が削除、魂と器の基本持続時間が短くなった代わりに、触手の攻撃間隔がチャンピオンレベルに応じてスケールするように

R – 信仰震:最大触手召喚数が増加

オーン

Q – 溶岩隆起:ダメージのAD反映率が増加

サイラス

基本ステータス:基本攻撃力およびレベルアップごとの体力増加量が上昇

W – 王殺し:基本ダメージが上昇

シンドラ

基本ステータス:レベルアップごとのマナ増加量が上昇

トリスターナ

基本ステータス:マナ、基本マナ自動回復量およびレベルアップごとの基本攻撃力増加量が上昇

W – ロケットジャンプ:基本ダメージが上昇

<ナーフ>

カルマ

E – 激励:増加移動速度の硬化時間が短縮

パイク

Q – ボーンスキューア:突き攻撃が単体攻撃になり、追加ダメージを削除。クールダウンが低レベル時に短縮。

W – ゴーストウォーター:増加移動速度がスキルレベルに応じてスケーリングするように

E – 亡者の引き波:チャンピオン以外にはダメージを与えないように

セジュアニ

基本ステータス:レベルアップごとの体力増加量が減少

W – 氷河の怒り:2発目のダメージ反映率が減少

シヴィア

基本ステータス:レベルアップごとの基本攻撃力および基本マナ自動回復が低下

W – 跳刃:マナコストが上昇

ソナ

Q – ヒム・オブ・ヴァロー:オーラのダメージ反映率が低下

E – セレリティ:増加移動速度反映率が低下

<調整>

コーキ

固有スキル – ヘクステック榴散弾:ハウリングアビス向けの変更として、「特注品」の初出現時間とクールダウンを調整

R – 連発ミサイル:残弾数バーの表示を変更

ダイアナ

Q – 月影:操作感を改善、また「月影」の軌跡の先端が少しだけ視界を得るように

ウディア

固有スキル – 猩々の型:チャンピオンレベル16以降、全スキルがスキルレベル6までレベルアップできるように それに伴い、全スキルのスキルレベル6時のステータスが追加

<入力反応の調整>

ダイアナのQの調整と同じく以下のスキルの効果が、命中した相手に対してより早く安定して適用されるように

  • ジャーヴァンⅣのE – デマーシアの旗印 > Q – ドラゴンストライク
  • ケネンのE – 疾風迅雷
  • トリンダメアのE – スピンスラッシュ

<アイテム>

エッセンスリーバー

アップグレードコストが減少、トータルコストが増加してレシピを調整。

ゴールドコスト:3200ゴールド→3300ゴールド

レシピ:B.F. ソード + コールフィールド・ウォーハンマー + アジリティクローク + 100ゴールド

ランデュイン・オーメン

物理防御が上昇

ロッド・オブ・エイジス

アップグレードコストとトータルコストが低下

ゴールドコスト:2700ゴールド(合成コスト:750ゴールド)→2600ゴールド(合成コスト:650ゴールド)

<ユアショップが再登場>

使用率の高いチャンピオンのスキンがセール対象として選出される「ユアショップ」が日本時間2019年6月30日から2019年7月24日までの期間限定で再開催です!

<ダメージテキストのアップデート>

色:物理ダメージならオレンジ色、魔法ダメージなら青緑色に。確定ダメージは白のままで変更無し。

<バグ修正>

  • タリヤ、モルガナ、エズリアルのスキルのボイスオーバーの再生頻度が少なくなりました。
  • /mute all、/fullmute all、/ignore allで自分のピンがミュートされないようになりました。
  • ルシアンのR – 二挺掃射W – アーデントブレイズのマークを正しく発動させ、増加移動速度を獲得できるようになりました。

<近日公開のスキンとクロマ>

スキン

アーケード ケイトリン プレステージエディション

アーケード ケイトリン

アーケード カイ=サ

バトルボス キヤナ

バトルボス ヤスオ

クロマ

アーケード カイ=サ

アーケード ミス・フォーチュン

アーケード リヴェン

アーケード ソナ

バトルボス キヤナ

バトルボス ヤスオ

<所感>

大きな変更はやはりパイクの弱体化でしょう。ティアマトを購入するまでの間、対面に対して全くプレッシャーを与えられない為、レーンでパイクを採用する可能性はゼロに近いと思います。次点で大きな変更だと感じているのは、ソナの弱体化イラオイの強化です。ソナはレーンでのプレッシャーを弱くされたうえに、Eによる移動速度増加量は今までの半分になってしまいました。かなり大きな弱体化でしょう。サポートして起用される頻度も減ると考えられます。

対して今のイラオイは非常に強いと思います。今まではEを当てても殴り合いに持ち込まれると殆ど効果がありませんでしたが、今回の変更でEで引っ張った場合のカウンタープレイが無くなりました相手は逃げるしかないのにこちらは殴り放題です。チャンピオンのレベルが上がれば、触手の攻撃感覚も短くなるのでかなりOPと言えるのではないでしょうか。

出典:leagueoflegends

関連記事

ページ上部へ戻る