LMSを勝ち抜いた3チームを徹底分析!2019 World Championshipで勝つのはどこだ!

リーグ・オブ・レジェンドの世界大会「World Championship」は、1年に1回の試合です。World Championshipに参加するために各チームはまず、各地域の試合に参加。各地域では1~3つのチームが選抜され、その中からWorld Championshipに参加する資格が与えられます。

出典:invenglobal

地域の中の1つであるLMSは、台湾・香港・マカオの3つの国を含めます。9月8日にLMS Summer Playoffsがやっと終わり、ついに世界大会の切符をつかんだ3チームが決定しました!

今回は、世界大会へ出場する3チームのご紹介です。

J TEAM


出典:gamepedia

J TEAMとは?

今のJ TEAMは、元々TPA(Taipei Assassins)というチーム名で活躍していて、2012 World Championshipで優勝したチームです。実は、すごく実力のあるチームなんです。

しかし、2016年4月19日に経営権が杰藝文創公司に渡り、今の「J TEAM」となりました。名前が変わってから1度も世界大会に参加する機会がありませんでしたが、元々実力をもっているJ TEAMは、今年やっといい成績をだして見事世界大会に参加することができました!

J TEAMの選手

出典:Gamepedia

2019  LMS Summer Playoffsでのプレイ

  • Summer Siresで使用したチャンピオンは50体!LMSで一番多い!→使用したチャンピオンが多いと、敵のBP(Ban&Pick)が難しくなります!
  • ドラゴンを倒す率は74.1%、バロンを倒す率は71.7%。どっちでもLMSで一番高い!→ドラゴンとバロンの効果は重要なポイントです。倒す率はどっちでも70%超え、敵にとってドラゴンとバロンを倒すのが難しくなります。
  • TOP・MID・BOTのミニオン数はゲーム15分まで敵より多い、しかも数の差もLMSで一番高い!→なぜ重要なポイントだというと、ミニオンは早期のチャンピオンの経済源です。そのため、敵よりミニオン数が高いのが優勢です!

J Team vs ahq e Sports Club

Summer Siresでずっとahqに負けたJTは、どうやってahqに勝ったのでしょう?JTの素晴らしいプレイを見に行きましょう!

注目の選手

JT FoFo

このデータは JT vs ahqの第3戦です。普通のアジールは、集団戦の後ろでダメージを出しますが、FoFo選手のアジールは最初に飛び出してRを使い敵を味方のところに送りしました!

第3戦の集団戦は、JTにとって不利でしたが、FoFo選手は素晴らしい操作でJTをキャリーしました!

ahq e-Sports Club


出典:gamepedia

ahq e-Sports Clubとは?

元「CorSair」と「SSWIE」という2チームの中から選抜して、2012年9月にahqが成立されました。2013年に初めてGPL(Garena Premier League)に参加。初めての試合はKLH(Kuala Lumpur Hunters)と戦い、結果は勝ちました。

初めてGPLに参加したチームにとって幸先のいいスタートでした!もう1つ強いのは、2013 GPL/S3 決勝戦に参加し、BO3のシステムで2:0でS2の世界チャンピオンであるTPAに勝って、GPL 2013優勝を果たしました。

世界への切符を4回つかむことができ、1番良い成績は世界大会No.5です。今年もすごく頑張ってLMSで準優勝を果たしました。

ahq e-Sports Clubの選手


出典:gamepedia

2019  LMS Summer Playoffsでのプレイ

  • 10分の時TOPとBOTのレーンを変わる。→10分でゲーム優勢を取り、BOTの二人はTOPに行き、そしてJunglerと連動してリフトヘラルドをゲットです!早期のプッシュと経済発展について、リフトヘラルドは重要な役割を担っていますので、食べるべきです!
  • 勝利した場合、かかった時間が短い。→つまり、勝利できる場合は絶対勝利を果たし、敵に逆転勝利の機会は一切ないです!
  • 集団戦が強いチーム。→各レーンが負けても、集団戦で素晴らしい操作をみんなに見せて、逆転勝ちの回数が多いです!

注目の選手

ahq Ziv

このデータはahq vs HKA第2戦です。TOPは早期小さい集団戦であまり参加しないロールですが、Ziv選手はTOPとして集団戦参加率が高いです。

Ziv選手の特徴は

  • 1人プッシュのが強い
  • JG行かなくても一人で成長できる
  • TOPとしてキル参加率が高い
  • TOPとしてダメージを出すのが高い(下の図を参照)

HKA(Hong Kong Attitude)


出典:gamepedia

HKAとは?

2013年3月22日に成立され、元々のチーム名はHong Kong Esports Challenge(HKE)です。2017年5月16日に「Hong Kong Attitude」に変更して、LMS 2017 Season Taiwan Regional Finalsで、3:1と3:0の成績でJTとRGに勝って、2017 World Championshipに参加。

2019 Summer playoffsでは、ahqに負けましたがHKAは諦めずにRegional Finals 3:0でGRXに勝ち、2019 World Championshipに参加する切符を掴めました!

HKAの選手

出典:gamepedia

2019  LMS Regional Finalsでのプレイ

  • BPは主に集団戦のために。→普通BPはレーンのために選びます。なぜかというと、レーンのためにBPをしたら早期の経済は早めに成長できますので。しかし、集団戦のためのBPは中期・後期から効果が見えます。そのため、早期負けても後期はチャンピオンの効果が見えるようになり、勝利を掴めます!
  • TOPは1人のことではない、ゲーム15分前からMIDに行く。→ahqのZiv選手とちょっと違い、3z選手は主に他のレーンに支援できるチャンピオンや早期JGと連合TOPの優勢をとれるチャンピオンを選びます。

HKA vs FW

第1戦と第3戦、HKA元々は劣勢でしたが集団戦が始まる時から、自らチャンピオンの優勢を敵に見せてあげました!

注目の選手

HKA M1ssion

このデータはHKA vs FWの第3戦です。第1戦と第2戦はMVPではなかったですが、集団戦もしM1ssion選手がいなかったら多くのダメージは消えてしまいます。そのため、筆者はM1ssion選手はHKAのキーポイントだと思います!

また、M1ssion選手が使えるチャンピオンが多いため、敵にとってBPが難しくなります。ゲーム中JGが来なくても怖らず、一人でソロキルを取ります。

まとめ

LMSの3つのチームどこも強いと思います。この3つのチームは毎年世界大会に参加しているわけではないですが、今年の世界大会に参加するため一生懸命練習して、やっと世界大会のチケットをもらいました!

こうしている今も、10/2の世界大会でいい成績を取るために頑張っています!今から、世界大会が待ち遠しいですね!

 

出典:Gamepedia WIKI-JT WIKI-AHQ WIKI-HKA

 

この記事の著者

Mio

Mio

LOL経験年数6年です。台湾鯖から始め、今も日本鯖で頑張っています★

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る