2019 TOKYO GAME SHOW(東京ゲームショウ)おすすめメーカ―&ブース体験レポ

2019年の東京ゲームショウ「もっとつながる。もっと楽しい。」をテーマに、2019年9月12日(木)13日(金)はビジネスデイ。9月14日(土)15日(日)は一般公開日として、開催されました。

記事を読まれている方の中に、行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?毎年毎年、話題になり、賑わいを年々増している東京ゲームショウ。今年はなんと、4日間でトータル26万2076人もの人が来場したそうです!

2019年は、どんなブースがあり、どんな新作が発表されたのでしょうか?今回は、2019年東京ゲームショウの体験レポートをお届けします☆

2019TGSで気になったメーカー&ブースをご紹介

ESJ編集部としては、クボタと編集長が来場させていただきました。そんな2人が会場を回って、特に気になったメーカーさんや機種などをご紹介していきます!

◆msi

PCでゲームをする人なら好きな人が多い?ご存知msiです!まあ、編集長が釘付けで正直TGSで一番食いついていたブースがmsiのブースでした。パソコンマニアである、編集長お気に入りのメーカーですので、きっと間違いないのだと思います!

msiのブースでは、編集長が気になっていた新機種も展示してあり、お目当ての商品が予想以上に熱をもっていることに、いささかショックを受けている編集長でした。

msiでは、27インチ湾曲ゲーミングモニターを実際に見ることができ、フレームレスのデザインだからか、画面に飲みこまれそうな感覚になりました。

とてもオススメですので、一度実機をご覧あれ。

また、ゲーミングPCの中身も公開してありました!めったに見ることができないので少し感動。。。

◆OMEN

カラフルでおしゃれなブースで目立っていたOMEN。ちょうど私たちが行った時には、人気ストリーマーの方々がブースにて実際にプレイを行っていました。

OMEN X 2s 15でファイナルファンタジーが試遊できたり、OMEN Obelisk Desktop 875でPUBGが試遊ができたりと、実際に触れて感覚を確かめている人も多く見られました!

OMENは、ゲーミングPCやディスプレイ、アクセサリーはもちろん、バッグやチェア、洋服に関してまでサポートを行っています。ブースがオシャレだったのも納得です。

2006年から様々な製品を世に出してきたOMENですが、2019年は新たなスローガンを掲げ、ゲーマーのさらなる進化とゲームライフをサポートしてくれるそうですので、目が離せませんね。

◆ARCADE 1UP

ゲームがまだ家に無かった時代に生まれた人、もちろんそうでない人にもなんだか懐かしいアーケードゲーム機。特に、喫茶店でインベーダーを楽しんだ世代にはめちゃくちゃ懐かしいのではないでしょうか?

そんな懐かしさ満点の、あこがれの名機が2019年に復刻しました!サイズは、実際のアーケードゲーム機を4分の3スケールで再現したものや、省スペースで楽しめる卓上サイズ、ドアや壁にかけて楽しめるサイズなど、場所に合わせて様々なサイズ展開も嬉しいですね!

もちろん、2人で対面プレイができるテーブルタイプもラインナップしています。場所に余裕がある方は、是非おすすめのサイズです。私の家は、ちいさいので植木鉢と同じくらいのサイズの卓上サイズを希望。。。

本気で購入を検討してます!

◆Audio Heart VRS-1

東京ゲームショウの会場でも比較的、小さめのブースでしたがとてもオーラのあったブースがAudio Heartさんのブースでした。

こちらの商品を最初に説明すると、究極のオーディオ空間が味わえる椅子です。「イヤホンでは足りない」「ヘッドフォンは頭が痛くなる」「周りを気にしないで大音量で遊びたい」などのニーズを完璧に叶えたパーソナルチェアです。

わたしたちも体験させていただきましたが、映画館さながらの迫力あるサウンド、臨場感が伝わってくる迫力満点のスピーカー、立体サラウンドにより没頭できる一人だけの空間、そこは究極の没頭感を味わえる夢のスペースでした。

もう最高です!

こちらのVRS-1は、日本の小さな部屋でも大丈夫なように省スペースで済み、スピーカーと耳との距離が近い為、小さな音量でも満足できるそうです。また、遮音性も高い為、外の音を気にすることなくゲームや映画、VRの世界に没頭できることでしょう。

編集長は、本気で購入を検討中です!

◆DXRACER

記事を読んでいる方の中にもユーザーがいるかもしれません、ご存じDXRACER!DXRACERさんのブースは、とても広く、ものすごい数のチェアがならんでいました。

2019年の東京ゲームショウは、国内未発売の商品や新商品などさまざまなモデルを展示してくださっていました!その中には、なんとおなじみのプレイステーションのチェアも☆

他にもプロゲーミングチームとのコラボチェアと、チームTシャツの展示等、体験もしつつ展示も楽しみつつで結構長くDXRACERのブースに滞在してしまいましたw

そしてここでも、編集長は自分の購入品を物色。。。なにやら、自分に合うゲーミングチェアを見つけたらしいです。きっと後日購入することでしょう。

まとめ

2019年の東京ゲームショウは、5Gをはじめ、e-Sports X RED STAGEで「e-Sports 特別プログラム」を実施するなど、とてもeスポーツに関するブースやイベントが多かったと感じました。

例えば、有名な企業であるNTT東日本がeスポーツへ取り組んでいることを紹介するブースや、TGSフォーラムの専門セッションでは地方のeスポーツへの取り組み、ビジネスとして企業がどのようにしてマネタイズするかなど、世の中全体がeスポーツにかけていることを実感しました。

東京ゲームショウは、様々なゲームや機器が集まる年に一度のお祭り。そんなお祭りの中でも盛り上がりをみせるeスポーツ。果たして、来年の東京ゲームショウではどんな取り組みをみせてくれるのかが楽しみです。

来年の「東京ゲームショウ」は、2020年9月24日(木)から27日(日)を予定しているそうですよ!この1年で、もっと飛躍するであろうeスポーツ業界から目が離せません!

この記事の著者

Ray.Kubota

Ray.Kubota

Eスポーツは主に、LOLをメインにプレイしています。趣味は、コスプレです♪

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る