【LOL】Zerost選手インタビュー!チーム加入でRJの快進撃に期待が高まる

皆さん大好き。そして僕が大大大好きZerost選手のインタビュー記事だ。ぶっちゃけZerost選手のことを知りすぎて何を質問していいかわからなかった・・・。Zerost選手はDetonatioN RF(RabbitFive)という、現在のDFMの姉妹チームでデビュー。あのDFM Evi選手や、V3 Yutorimoyashi選手がいたチームです。

Aweker選手 7kane選手 Esstelim選手 rainbrain選手 Shinmori選手もいて、個人的には一番好きだったチームです。その後DFMに移籍するも、Team Black EyeやBurning Core、そのあとLJLCSチームだったSengoku Gaming、同じくCSチームだったSmash It Downを渡り歩き、前シーズンV3でLJLに復帰。サブに回ることもあったものの、最終的にはZerostここにあり!という動きを見せつけてくれました。

そして今回、各チーム数多くの移籍がある中その一人としてRJ(Rascal Jester)へ移籍したZerost選手へインタビューさせていただきました。

――こんにちは。またおまえかって感じですけど(ファンミーティングのたびに応援してます!と言いにいっている)

Zerost選手:(苦笑)

――zerost選手のことを知らないファンは少ないと思うんです。なのでRJに入ってからのことを、お聞きしたいんですけど。数多くのチームを渡り歩いてきたZerost選手から見て、RJはどうですか?

Zerost選手:どこのチームもある程度雰囲気はいいんですけど、それと比べても今までで一番いいですね。やるときとやらないときの切り替えがいいというか。楽しんでいる時と、練習するときの切り替えが早いです。

――今日はZerost move(とんでもないやらかしorとんでもないアウトプレイをするZerost選手の代名詞)も・・・ちょっと悪い方も出ていましたけど(笑)

Zerost選手:ですね(笑)

――個人的にはちょっと嬉しいんですけど(笑)どうですかね。Week0の番組でやっていたように、春はひよっていたと言っていましたが、今日はいかがでしたか?

Zerost選手:今日はミスもあったけど・・・あったんですけど!まぁこれも俺かなって。良くも悪くもまぁ(笑)

――今日は1勝1敗でしたが、手応えとかはどうでしょうか。

Zerost選手:今日は練習内容的にチームの出来的には不安だったけど、1勝1敗だったから最低ラインはクリアしたかなと思います。

――チームで仲のいい人とかはいますか?

Zerost選手:Cogcogとは昔BEで、NinjaとはLJLCS時代にROX(Smash It Down)で一緒だったんで。でも自分は割とすぐ仲良くなるので、みんなと仲がいいですね。

――なにか面白エピソードとかあれば

Zerost選手:JONG―GYUN(Wyvern選手)がスクリムのフィードバック中とかに落ち着きがない。立ち上がったり歩いたり。落ち着きがなさすぎてみんな心配している。Ninjyaはまじで日本語が上手い!

――alleycat選手がインタビューでzerost選手とのコミュケーションの話をしていましたが・・・

Zerost選手:いや仲良くはしていますよ(笑)あとやっぱりBOTレーンとしての経験は僕のほうがあるので、リプレイ見て教えたり、動画を持ってきてこういう動きしたほうがいいよ、見たほうがいいよという感じで・・・正直頑張りました。

――どうやらソロQの方の調子もいいみたいで・・・応援してます!

Zerost選手:頑張ってます。ありがとうございます。

 

春の試合後のインタビューでは、しどろもどろになるところを見せていたZerost選手も、このインタビューではスラスラ話してくれて、今シーズンの余裕を感じられることができた。

◆終わり

ライズのポータルに乗っているはずなのに・・・という珍プレーを早速かましたZerost選手。ネクサス前のzerost moveも古参ファンはほっこりしたはずだ。一方アウトプレイも見せ、RJの今後に期待も持たせてくれた。僕もその一人だが根強いファンが多いZerost選手。RJは選手の入れ替えこそあるものの、それでもプレイスタイルは変わらず常にピックからハイリスク・ハイリターンを狙ってくるチームだ。

そんなチームにハイリスク・ハイリターンのADCの代表格であるZerost選手が加入して、一部では「制御できるのか?」という不安視も聞こえてくるが、Zerost選手のRJのユニフォーム姿が見慣れてきた頃には、そんなハイリスクの大波を乗りこなし、RJの快進撃を見せてくれるだろう。

出典:twitch

この記事の著者

syouko

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る