CGA Grendel選手にインタビュー!TOPレーンを務める意気込みとは?

まさか・・・と言っては失礼かもしれないがあえて言おう。まさかのDFM敗北。それは前シーズンリーグ2位のCGA(Crest Gaming Act)が破ったのだ。これだけなら2位が1位に1敗つけただけのように感じるかもしれないが、CGAはチームの主柱となっていたTOPレーンのNap選手が学業のため一時離脱。その代わりとなったのがまさか春のシーズンにサポートを務めていたGrendel選手。

何故かサポートにはTOPのサブだったAtyamomo選手・・・まぁこの辺のツッコミは後に置いておいて、この布陣でDFMを破ったのはまさに大金星と言ってもいいだろう。その勝利に大きく貢献した今シーズンはTOPレーンを務めることになったGrendel選手にインタビューをした。

――前シーズンはサポートで出場していて、LJLファンなら名前は知らない人はいないと思うんですが、今回はTOPレーンとしての自己紹介お願いしてもいいでしょうか。

Grendel選手:得意チャンピオンはちょっとナーフとかされて使えないんですけど、一番使っていたのはサイラスです。今はWunder(G2所属のTOPレーナー。春のMSIを優勝した)を見習って、人がやらないチャンピオンを使っています。

――パイクTOPとかですか?

Grendel選手:そうですね。あとはラムネ選手だったので使えなかったんですけど、ヘイマーTOPとかも

――これ記事に書いちゃっていいんですか?

Grendel選手:いいですよ!

――(本当にいいのか・・・?)これはみんなに聞かれていることだとは思うのですが、TOPとサポートが逆ですよね・・・?

Grendel選手:そうですね。Napが一ヶ月くらい前からできないとわかっていて。うちのチーム本当はTOPのサブがいたはずなんですけど・・・。名前は言えないんですけど、あちゃなんとかさんが

――あー(笑)なるほど

Grendel選手:なんかそいつがソロQでもサポートしかしないんですよ。「俺はもうサポートしかしたくない!」って。練習生は流石にまだという段階だったんで、僕がTOPするかっていう流れですね。

――Nap選手を入れないでのチームのプレイスタイルをこの一ヶ月試行錯誤舌とは思うのですが、完成度はどれくらいでしょうか。

Grendel選手:まだ半分くらいですね。100%になった頃にNapにバトンタッチできたらいいかなと。

――その頃のサポートは誰になるんですか?

Grendel選手:その時決まると思います(笑)

――今日は2勝0敗。あのDFMを破っての素晴らしい結果でした。今日の手応えとかを感じての今季の抱負とかはどうでしょうか。

Grendel選手:春のシーズンはDFMに0勝3敗だった。今シーズンは最低2勝1敗。できれば3勝0敗で終わりたいですね。

出典:lolesports
――今季TOPレーナーが変わっているチームが多いのですが、その辺りどうでしょうか?

Grendel選手:めちゃくちゃ嫌です。今までサポートしかやってこなかったので、TOPレーンとしての練習は1ヶ月しかやってないので経験値が圧倒的に足りてない。でもやれるとは思っているので、正直怖いけどやれるだけやろうと思っています。

――失礼な質問になるかもしれませんが・・・現状LJLで何番目に上手いTOPレーナーだと思われていますか?

Grendel選手:そりゃ今回Evi選手を倒したんだから今は1番でしょ(笑)

――なるほどそうですね(笑)今回レーニングとかは正直やられたシーンとかもいくつかあったと思うんですけど、逆に集団戦ではとても上手く動けているように感じました。サポートから見た目線というか・・・その辺りは意識しているんでしょうか。

Grendel選手:意識してプレイしているわけじゃないけど、やっぱりサポート的な目線でArt(ポジションはADC)がダメージを出しやすい形を作っています。次はLuna(ポジションはMID)。だからJGのhachamechaはほったらかし(笑)

――(笑)じゃあ集団戦的なことを言えば、今のほうが強くなっているということですかね?

Grendel選手:そうだとおもいます。

LJLの年長&年少選手紹介記事はコチラをチェック↓

――それに加えてキャリーにファームを集めさせる動きも洗練されているように感じました。

Grendel選手:そうですね。My farmっていうからじゃあ俺はこっちだなって。その辺りはサポートとしての経験が活きていると思います。

インタビューありがとうございました。

ちなみにこのインタビュー前にキーボードをもったArt選手が謎の乱入。そしてその後インタビュー中にもズボンの着替えを何故かインタビューの部屋に乱入してきてするなどCGAの空気を感じられた一面もありました。(めちゃくちゃ笑った)。

◆最後に

Nap選手を欠いた状態は、チームとしてはっきりいって痛手であると思う。それでもDFMを破ったCGA、前シーズン試合テンポこそ遅いものの、集団戦に非常に強いスタイルでリーグ2位まで駆け上がった。そんなCGAが更に集団戦を強いスタイルを作り快進撃をする時、その中心となるであろうGrendel選手から目が離せない。

 

アイキャッチ画像出典:lolesports

この記事の著者

syouko

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る