【LJL2019】春シーズンプレーオフ出場のDFM・CGA・USGチーム紹介 各チーム選手紹介も!

チーム紹介

LJL2019 Spring Splitレギュラーシーズンも終わり、今シーズンも残すところAll-Starとプレーオフのみとなりました。

見事プレーオフへの出場を決めたのは、たった1敗のまま勝ち上がったDetonatioN FocusMe(DFM)、LJL参入2年目の新星Crest Gaming Act(CGA)、LJL最長連続出場記録を持つapaMEN選手擁するUnsold Stuff Gaming(USG)の3チームです。

DetonatioN FocusMe(DFM)

DFM
今シーズンをたった1敗で終えた王者DFM。レギュラーシーズン1位。

LJL最古参のチームであり、ファンの数も圧倒的に多い。

Evi選手

DFM_Evi
世界のエビとも言われるトップレーナー。

お茶目な性格でチームのムードメーカー的存在。

Steal選手

DFM_Steal
寡黙な韓国人ジャングラー。

Evi選手からよくいじられる。曰くツンデレらしい。

Ceros選手

DFM_Ceros
皇帝の異名を持つミッドレーナー。

チームの大黒柱として君臨している。チャンピオンプールが広い。

Yutapon選手

DFM_Yutapon
こちらも世界レベルと噂されるADC。

とあるシーズンではトップレーンもやるなど、圧倒的ゲームセンスを感じさせる。

Gaeng選手

DFM_Gaeng
可愛い系代表の韓国人サポート。

いつ写真をとってもおっとりとした笑顔で、ゲーム中の真剣な表情とのギャップが良い。

Ramune選手

DFM_Ramune
サブミッドの眠れる獅子。

今シーズンは何度か出場しており、キャリーをすることもしばしば。もう起きてる。

Kazuコーチ

DFM_Kazu
日本が誇るLoL界最高の頭脳。

プレイヤーとしては結構散々な評価(とはいえ普通の人よりは遥かに上手い)だったが、コーチに転身してからその才能を十二分に発揮している。

Crest Gaming Act(CGA)

CGA
LJL出場2年目にしてプレーオフ出場のCGA。レギュラーシーズン2位。

Luna選手とArt選手が似すぎていて区別がつかなくなりがちなので、写真使う時はめっちゃ確認する。

Nap選手

CGA_Nap
DFMのEvi選手を抜いてMVP取得回数はトップレーンでNo.1のトップレーナー。

韓国人助っ人であるUSG Dasher選手をソロキルまでする実力の持ち主。

hachamecha選手

CGA_hachamecha
名前の通りはちゃめちゃなプレイスタイルが特徴のジャングラー。

韓国人助っ人が多いジャングルロールにおいて、同等以上のパフォーマンスを発揮している。

Luna選手

CGA_Luna
超が付く人見知りの韓国人ミッドレーナー。

調子が出るとレーンでソロキルを量産するキャリープレイヤー。

Art選手

CGA_Art
台湾リーグ譲りの強気プレイが持ち味の韓国人ADC。

元々はLMSにも出ていた台湾のチームTeam Afroに居た。

Grendel選手

CGA_Grendel
優しい(?)サポート。

韓国人選手2名が来日してすぐの頃によくお世話したらしい。

Atyamomo選手

CGA_Atyamomo
Evi選手をソロキルしたこともあるサブトップ。

トップ登録のハズが、今季はサポートとして出場した経験がある。元々はLuLu Babyという名前でサポートをプレイしていた経験がある。

Alps選手

昨シーズンのLJLまではメインとして出場していたサブADC。

Art選手の加入でサブとはなっているが、もちろんLJLで戦い抜いた実力は折り紙付き。再度見ることを夢見るファンも少なくない。

Qooコーチ

CGA_Qoo
元々はDFMの2部チームで活動していたコーチ。

ちなみに現在LJLの日本人コーチはDFMのKazuコーチとQooコーチの2名のみ。
インタビューで韓国人選手から「言う事聞いてくれるから好き」という話が出たことで、ファンの間で憶測が飛び交ったとか。

Unsold Stuff Gaming(USG)

USG
“最強の売れ残り”として有名なチームUSG。レギュラーシーズン3位。

仲が良いチームとして有名で、ウォーミングアップ中に笑い声が響くチーム。

apaMEN選手

USG_apaMEN
古参トップレーナー。

LJL連続出場記録の持ち主で、2013年から参加し続けています。

Tussle選手

USG_Tussle
日本での活動が長い韓国人ジャングラー。

日本人女性と結婚しており、日本語がとても上手です。

Dasher選手

USG_Dasher
今シーズンからLJLに突如現れた韓国人ミッドレーナー。

「Dasherヤバイ」という言葉が流行るくらいにパフォーマンスが高い(ヤバイ)。

Keymaker選手

USG_Keymaker
数々のチームを渡り歩いてきた歴戦のADC。

配信などでは”穴作”と言われることがあり、本人はインタビューでもそのことについて「言われないように頑張ります」と触れていた。プレーオフに期待だ。

Enty選手

USG_Enty
日本人では屈指のレベルを誇るサポート。2015年からUSGに所属している。

韓国にゲーム留学をしたこともあり、本場韓国の波に揉まれて成長して帰ってきてからずっとUSGを支えている。

Arumik選手

USG_Arumik
今季からサブトップとして加入した。

元々AKIHABARA ENCOUNTという2部チームで活動していた。元々バスケの全国区プレイヤーらしい。

Rahuiコーチ

USG_Rahui
2018年に加入してからチームを影から支えるコーチ。

安定感のあるバンピックでチームをここまで導いた。プレーオフでは面白いバンピックが見れるだろうか。

まとめ

以上、プレーオフに進出する3チームをご紹介しました!推しチーム、推し選手の応援にこれからも大忙しです。

LJL2019 Spring Splitプレーオフ準決勝は4月6日で、4月13日に決勝がおこなわれます。今シーズン最後となる大一番から目が離せません!

あわせて読みたい

【LJL2019】注目の若手プレイヤーと安定の古参プレイヤー紹介 年長・年少プレイヤーTOP3!
【選手写真有り】LJL2019 Spring Splitの最多MVPは誰だ! Week9までのNo.1 MVP最多獲得はYutapon選手!
LJL2019 Spring All-Starのチームが決定! チームごちゃ混ぜお祭り騒ぎは今週末3月29日に開催!
LJLオールスターが開催決定 2019年3月21日にチケット販売開始 LJLセミファイナルのチケットも同時販売

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る