【パッチ9.5】スカーナーやラカンがバフされメタが変わるか? LoL最新パッチの所感【LoL攻略】

パッチ9.5攻略

2019年3月6日、パッチ9.5の実装とパッチノート9.5が更新されました。ケイルとモルガナがリワークされ、征服者はさらなるナーフを受けました。今回のパッチ内容の振り返り記事は、今までのパッチノート考察とは少し違った形でのご紹介で、バフ・ナーフ・調整というカテゴライズにしてみました。

記事内では大きな変更点の要点と所感をメインに記載しており、単純調整についての所感は記載しておりません。下記のパッチ情報における文章、数値、画像等はLoL公式サイト パッチノートを参照し必要に応じて引用していますので、詳細な数値等はそちらをご覧ください。

チャンピオン

同時にリワークされたケイルやモルガナは下記記事をご覧ください!
【パッチ9.5】大幅リワークで終盤最強! 新ケイルのルーン・ビルド・スキルなど初心者向け解説【LoL攻略】
【パッチ9.5】リワークされた新モルガナ ルーン・ビルド・スキルのコツなど【LoL攻略】

バフ

アカリアカリ

P刺客の刻印固有スキル:刺客の刻印:輪の境界げ向かう際と出た際の増加移動速度効果時間が増加。
W黄昏の帳W:黄昏の帳:タワーの視界ではなく射程内にいるときのみ可視化するように変更。
E翻身手裏剣E:翻身手裏剣:ダメージが増加。
R完遂R:完遂:クールダウンが減少。
所感:ダメージはEのみバフですが、クールダウン減少や移動速度効果時間が増えるなど使いやすくなるバフが入りました。パッチ9.3でのナーフ以来まったく使われなくなってしまったアカリも、このバフによって少しは使われるようになりそうです。

ラカンラカン

W華麗なる登場W:華麗なる登場:ダメージが高スキルレベル帯で増加。ダッシュ速度が増加。
所感:Wのダメージとダッシュの速度が増加という単純明快なバフですが、これによって当てやすくなったり逃げやすくなったり、倒しやすくなったりとメリットは大きいように感じます。またピックされるようになるかもしれません。

スカーナースカーナー

Pクリスタルスピア固有スキル:クリスタルスピア:水晶がミニマップに表示されないよう変更。水晶の効果範囲が増加。
所感:水晶がミニマップに表示されなくなったことで、カウンタージャングルをおこなう際のリスクが少なくなりました。また、水晶の範囲にクルーグとラプターが入るようになり、ジャングルの巡回速度も大幅に増加するでしょう。もしかすると競技シーンでも使われるようになるかもしれません。

チョ=ガスチョ=ガス

EヴォーパルスパイクE:ヴォーパルスパイク:ダメージが増加。

ドクター・ムンドドクター・ムンド

EマゾヒズムE:マゾヒズム:スタックごとの魔法防御が増加。

ガングプランクガングプランク

E火薬樽E:火薬樽:低スキルレベル帯で対チャンピオンの追加ダメージが増加。
R一斉砲撃R:一斉砲撃:砲撃ごとの魔法ダメージが増加。

グレイブスグレイブス

基本ステータス:基本攻撃力が増加。

ジンジン

Q「爆ぜ狂う果実」Q:爆ぜ狂う果実:攻撃力反映率が上昇。

トリンダメアトリンダメア

P戦場の咆哮固有スキル:戦場の咆哮:フューリーごとに得るクリティカル率の上限がレベルに応じて増加。

ナーフ

ヌヌ&ウィルンプヌヌ&ウィルンプ

基本ステータス:体力が減少。
Q丸かじりQ:丸かじり:体力回復量が高スキルレベル帯で減少。

ヨリックヨリック

R嘆きの墓標R:嘆きの墓標:霧の乙女の基本ダメージが低スキルレベル帯で減少。マークされた対象へのダメージが減少。

調整

ニーコニーコ

Eからまれ!E:からまれ!:スネア時間の基準が単純化。
所感:今まで複雑だったスネア効果時間の判定基準が単純化し、集団戦などでどういった挙動になるかが分かりやすくなりました。今までとはあまり変わりませんが、ニーコのスネアを受ける時はなるべく一番最初に受けるか避けましょう。この変更はほぼバフと言えます。

ヴァイヴァイ

基本ステータス:レベルアップごとの攻撃速度が減少
Pケンカの作法固有スキル:ケンカの作法:クールダウンが増加。シールド反映率が増加。
Q真っすぐいってぶっとばすQ:真っすぐいってぶっとばす:チャンピオン以外へのダメージ減少効果が削除。ダメージ反映率が減少。
Wメッタ打ちW:メッタ打ち:高スキルレベル帯で攻撃速度が増加。発動時に固有スキルのクールダウンが短縮。
EおかわりだE:おかわりだ:範囲ダメージにクリティカルが乗るように変更。ダメージ反映率が微調整。
R自慢の拳R:自慢の拳:クールダウンが増加。基本ダメージが増加、攻撃力反映率が低下。通り道にいる相手に対してのダメージ減少効果が削除。ノックバック時間と距離が増加。
所感:各スキルで細かい調整が入りました。Wの自動効果により序盤のジャングル周回が早くなりそうです。アルティメット発動時の通り道に対するノックバック効果が強化されたことで、集団戦にも少なからずいい影響が出るでしょう。

サイラスサイラス

W王殺しW:王殺し:体力回復量が低スキルレベル帯で増加、高スキルレベル帯で減少。ダメージと回復量の魔力反映率が上昇。

アイテム

バフ

ストームレイザーストームレイザー

攻撃力と攻撃速度が増加。

ナーフ

レリックシールドレリックシールド系

回復量が減少体力に比例して増減するように変更。
※以前までは固定値+減少体力の2%だったものが、減少体力にのみ依存するようになりました。回復上限が設定されているため、前の使用よりも回復するケースはほとんど無いでしょう。

ルーン

バフ

切り崩し切り崩し

追加ダメージが増加。

ナーフ

アフターショックアフターショック

防御増加の効果時間が減少。

征服者征服者

スタックごとのアダプティブフォースが減少。

スキン・クロマ

スキン
KDAアーリプレステージエディション
K/DA アーリ プレステージエディション

アークライトブランド
アークライトブランド

クロマ
ブラックソーンモルガナ
ブラックソーンモルガナ

ビリジアンケイル
ビリジアンケイル

アークライトブランドクロマ
アークライトブランド

まとめ

モルガナとケイルのチャンピオンリワークや、ヴァイの大幅アップデートなど、各レーンで少し大きな変更があった今パッチ。

アイテムやルーンにも変更が入っていることから、パッチ後すぐはいろいろな戦略やアイテムビルドが研究されるでしょう。Eスポーツジャーナルでも、最新のメタは常に追えるように日々のゲームプレイに励みます。

情報元

パッチノート 9.5 | League of Legends

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る