スクリーンショット撮影・共有ツール「Gyazo」がEスポーツチームへのスポンサーシッププログラムを開始

gyazo esports

スクリーンショット撮影・共有ツールでお馴染みの「Gyazo」の開発・運用をしているNota Inc.は2019年2月12日、Eスポーツチームへのスポンサーシッププログラムを開始したことを発表しました。

Gyazoはプロゲームチーム「Pro esports team Next Generation(PNG)」の公式スポンサーとして昨年度より参入していましたが、今年度からより広くプロチームの活動を支援していく姿勢を示しています。

主な支援内容

  • Gyazo Proの無償提供
  • コラボグッズの作成
  • イベント開催での支援
  • 応募条件

    Eスポーツチームとして活動実績があること

    今後はゲーム特化の機能も実装予定

    プレスリリースでは支援の背景がこのように書かれています。

    現在、Gyazoは世界中で利用されており、中でもゲームに関するスクリーンショットは多く撮影されています。そのような背景からGyazo開発チームといたしましては、今後ゲーマーの方により使いやすく、充実した機能を追加していく予定です。そういった中で、近年、世界中で人気と認知度が高まっているe-Sportsのチームの支援としてチームの皆様にサービスを利用いただくことは、Gyazoを知らない方にも知っていただく機会になると思います。そしてより多くのフィードバックをいただき、さらなるサービス向上を目指していきたいと考えております。

    というわけで、私もGyazoユーザーとして1点だけどうしてもいつも苦労する場所があるので、この場で書かせていただきます。(届け)

    gyazo

    開始位置がズレて、微妙に線が入ることがあるんです。切り取った後、その不要なラインを消せるとどれだけ楽か…と思いながら毎回取り直しています(泣)

    情報元

    プレスリリース

    応募フォーム

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    ページ上部へ戻る