バトロワをあまりプレイしない僕が「Apex Legends」をプレイして0キルでチャンピオンになった話

Apex Legends

0キルだったにも関わらずチャンピオンになれたのは、他でもない2人のチームメンバーと自分の役割をくれたゲーム性のおかげでした。

今回は記事では「Apex Legends」をプレイした感想をお届けします。オンラインゲームはFPSから始まりMOBAに行き着いた勢で、普段バトロワのタイトルはほとんどプレイしていない僕がはたしてどこまで楽しめるのか。

Apex Legendsとは

Apex Legendsはエレクトロニック・アーツというアメリカの大手ビデオゲーム・コンピューターゲーム販売会社が販売しており、「タイタンフォール」という同社の人気ゲームと世界感を共有したゲームで、2019年2月5日にサービス開始しました。どちらのゲームもエレクトロニック・アーツの傘下であるリスポーンエンターテイメントが開発しています。

Apex Legends

Apex Legendsは最大60人のプレイヤーが宇宙の果ての開拓宙域「フロンティア」を舞台に3人1チームで戦うバトルロイヤル形式のゲームです。注目ポイントはチームメンバー3人が別々の役割を持ったレジェンドと呼ばれるキャラクターを選び、別々のレジェンドでプレイするということです。この機能は普段MOBAをプレイする僕にとってとてもしっくり来る仕様でした。

初心者には嬉しいポイントが沢山

バトロワやシューティングが不慣れな僕でも、「なるほど、こうすればいいのか」と視覚的に分かりやすいような表示が多くありました。何をすれば良いのか分かりやすいのは、初心者にとってはとても嬉しいポイントですよね。

ゲーム開始直後に仲間と離れない

Apex Legends
今人気のバトロワ系のゲームのほとんどは、ゲーム開始直後に任意の地点に降下してゲームが始まります。このゲームは3人の中で1人が降下時のリーダーになり、ほか2人は降下時そのリーダーに自動で着いていく機能があり初期設定でそうなっています。

もちろんその機能はオフにも出来ますが、これのおかげで何もわからない初心者がチームメンバーに置いていかれる心配が少なくなります。

どの弾薬がどの武器に対応しているかわかる

Apex Legends
Apex Legends
画像のように弾薬と武器がそれぞれ種類ごとに色分けされていて、見てなんとなくわかるのはとても助かるポイントでした。

この武器は何ミリの弾とか、ミリタリーに詳しいひとじゃないとなかなかわからないですもんね……。

どの防具が強いかわかる

Apex Legends
「より強力なアーマーを装備中」この一文ほど心強い言葉はありません。

いちいちステータスなどを見たりする必要が無いことは、リアルタイムに銃撃戦が始まるゲーム性のなかではとてもありがたいことです。

けどやっぱり弾は当たらない

Apex Legends リザルト
機能的に”どうすればいいのか”はとてもわかり易く、レジェンド毎の戦術アビリティなども発動可能なタイミングで告知してくれます。強いチームメンバーにも恵まれ、2回目のゲームプレイでチャンピオンを取ることはできました……が。結果を見てみると僕がひたすら打った弾が一度も当たっていないことが判明し、さすがにショックを受けました。

何不自由なくゲームはできましたが、やはりシューティングゲームである以上はAIMが必要になります。その点やはりセンスの無い僕は足を引っ張るだけの存在で(実際はチームメンバーを蘇生させたので、少しは貢献した。ほんの少し。)少しつまらなさは感じました。

数あるジャンルの楽しいトコ取りのゲーム

Apex Legends
僕がプレイしたライフラインというレジェンドは、味方を回復させる戦術アビリティや味方を復活させる時に有利に働くパッシブアビリティ、強い防御用装備が手に入るアルティメットアビリティなど、戦いを補助することに特化したレジェンドでした。

弾を当てることが不得意でもある程度は貢献できる機会があるということは、シューティングゲームを不得意ということが理由でやらなかった人も少しやってみようかなと思える理由の1つになると感じました。

Apex Legends

でも、このアルティメットアビリティをオンラインモードで発動するとき、周りの人に自分たちの位置が上から降ってくるUFOっぽいのででバレるんじゃないかとハラハラするので、せめて他のプレイヤーから見えるか見えないかは知りたかったです……。

まとめ

弾が当たらないからやっぱりつまらない(これはやって行くうちにきっと当たるようになる)けど、それ以外のことでも働けるから楽しい!! と、思いました。

Apex Legends レジェンド

レジェンドの種類も8種類(初期から使えるのはコースティックとミラージュを除いた6種類)あり、役割がそれぞれ明確にされていることは、MOBAプレイヤーである僕にとってはすごく分かりやすくとっつきやすいゲーム性でした。

情報元

Apex Legends公式

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る