れぽまるSeason8を振り返る

皆様こんにちは。にわかLoLプレイヤーのれぽまることれぽるちゃんです。

11月13日になり、ついにSeason8が終了しましたね。私自身は今年の1月にeスポーツを知り、5月末に初めてLoLをプレイしてみて、今に至っております。

知らなかったことにたくさん触れて、もみくちゃになって、メンタルがへし折れて、、この短期間にあったことがたくさんある私。今回はざっくり、そんなSeason8の振り返りです。

LoLを知るまでもあって、予想以上に長くなってしまったので、くだらない編集後記とかウィ〇ペディア見る気持ちでどうぞ。

eスポーツ、及びLoLを知る。

1月。とある仕事の関係で、本当にたまたま、「eスポーツ」という言葉を知りました。

それまでの私は、家庭環境の影響で主にコンシューマーゲームをやっていました。え、どのくらいゲームが好きだったか?

休みの日は家にこもって父親とモ〇スターハンターで朝から晩まで狩りに行ったり、お正月は親戚と一狩り行っていたら年が明けるくらいですかね。ごく普通の女の子ですよ(女の子の友達には冷たい目で見られるので言えません)。

そのため、自分の中では私はゲーマーだと思っていましたし、自分が学生を卒業して仕事を始めるまではゲームやアニメ、所謂画面の向こうの世界のことで知らないことはないと思っていました。

そもそも自分がPCを使えない環境で育ったのでPCゲームの概念がなく、日本のイラストが好みなのもあり国外のゲームに関心がないまま、知らないことがないと思ってるという自分ワールド全快でした。

そんな状態でゲーム関係の方からeスポーツの話を聞き、負けず嫌いが勝って調べ始めました。

当時、PC自体をすぐに購入できる状態でなかった私はスマートフォンアプリのeスポーツと呼ばれるものをプレイしてました。

「リアルタイム型カードゲーム」という言葉が一番ピンときます。最近だとスクエアエニックスの「サーヴァントオブスローンズ」が似ています。自分の手札を出す順番や駆け引きだけでなく、出すタイミングも勝敗に関わります。

ちなみに、戦略ゲームが苦手な私には難易度MAXです。頭より感覚派なんですね。(※あほなだけです)

LoLと同じで、所謂「MOBA」と呼ばれるジャンルのゲームです。ざっくりいうと、プレイヤーが5対5などチームに分かれて、自分の陣地を守りつつ敵の陣地を攻め落とすジャンルです。ド〇クエなどでお馴染みのRPGが経験値を上げて物語を進めていくのに対して、こちらは1試合ごとに経験値などすべてのステータスがリセットされます。総プレイ時間や課金要素でなく、真剣に実力勝負になるのがポイントです。

ちなみに、こちらも戦略的な要素が強いので私にはレベルが高いです。もはやゲーマーじゃないような気がしてきました。

こちらは、Cygamesの「シャドウバース」が似ています。先のクラッシュ・ロワイヤルのようにカードゲームで、且つルールはシンプル。自分の行動できるコスト内で、いかにカードを出していくか、進化させるか、技を使うか、のよくあるカードゲームです。俺のターン!ドロー!と感覚は同じです。が、何度も言います私は戦略ができません。ゲーマーからアクションプレイヤーに改名しようそうしよう。。

と、こんな感じで「eスポーツむっず!!」が私の感想です。唯一楽しめたのは友人の家にあって少し触った「鉄拳」くらいでしょうか。上手い下手レベルじゃなく、ただの遊び程度に。

だからこそ、そりゃあ、大会が出来るわけだ、と納得したんです。

LoLをはじめてみた。

そんなこんなでeスポーツ不適合者の私ですが、どうしてもPCゲームの存在を考えるようになってからはPCゲームがやりたくて仕方なくて。ついにゲーミングPCを購入して始めたのが5月下旬。

eスポーツタイトルの中で最もプレイヤー数が多いとされているタイトルのLoLをはじめたわけです。

はじめた感想を一言で言うと、「何が何だかよくわからない」です。(笑)

PC操作に慣れていないのはもちろんですが、当時わからないままAI戦のみに行っていたので「何が何だかわからない状態なのに勝ってる」んです。意味不明でしょ。

いざ対人戦をはじめると、謎の英字のチャット。—はい、お察しの通りどこのレーンに行くかのコールなのですが、基本説明書読まないタイプだったのでチュートリアルにないこと知らないんですよ。あ、威張るところじゃないか。

この時点で先が思いやられつつも、負けず嫌いって怖いですね、独学の勉強を始めました。

当時声優が釘宮理恵さんだからという理由でアニーちゃんをよくやりました。技しか使ってないわ、CS知らないのでミニオン倒せないわ散々でしたね。使いこなせないのは今も変わらないか。。

それから、いろんなことがありました。

一言で言ってしまえばこれに尽きます。LoLの画面固定を外しただけでひーひー言いながら画面酔いしかかっていた私ですが、プレイしている人から教わる機会もあったり、数人でチームを組んでプレイをする機会をいただいたり、、

経験を周りの方の力でカバーしてもらって、なんとかやれているような、そんな時間を過ごしました。

ちなみに、SUPメインでプレイしていました。サポートできないでADCに助けてもらうSUPですね。本当にありがとうございます。。

だからこそ、自分がうまくなった実感なんて何もなくて。何も考えず、(悔しいだけだから)何も思わず、ただひたすらやってる。そんな状態。

正直、楽しいとか、そんな気持ちはなかったなあ。チャンピオン愛が心の最後の部分を支えてたような。。(笑)

苦楽を共にしてきた相棒。頼りになりそうに大きい背中にはごま塩がついてて赤いリボン(と、よく言っていた)。

何に躓いているって、一番の課題は操作と経験なんです。そのため(?)攻撃を食らったら溶けるチャンピオンは使えません。“やりたいのに出来ない”が多すぎて、周りが経験者なので有難いと同時にしょうもない不安にかられていました。

出来ない自分と、ゲーム好きのプライドと、迷惑をかけてしまうチームプレイのゲームと、3点揃いに挟まれていました。

でもあるとき思ったんです。今感じているこの感情は、今まで私が避けてきた部分なんだろうな、と。

自分が出来るゲームだけとともに生きてきた私にとって、この、「出来ないばかりの壁」を乗り越えた先は、ゲームの枠を超えて得られるものがあるだろう、と。

そう思った時、初めて、ちょっと自分頑張ったんじゃないかって思えるようになって。LoLに出会って人生が変わる瞬間ってやつですかね。これからもLoLをやりたいって思ったんです。

その後、れぽるちゃんのアカウントが出来ました。

9月半ば。れぽるちゃんのアカウントを作りました。10月に入ってからは台湾のアカウントも。これでLv30まで取り組んだアカウントは計4つ目。さすがにここまでくると、Lv20くらいまで、ノーマルでちゃんと戦えてる感じがありました。

新しくSUP以外にも練習しました。アーリちゃんとか。MFとか。まだまだ、使えるレベルまでいかなくて、結局SUPに戻ってきましたが。

ランクまで回し切って、その後のランク戦はどうしてもサイオンBANが多くなり、、新しい相棒を作るべくノーマルの日々。

なぜかタイミングよくスキンが当たりました。運命共同体だねノーチラス君。

まあそれでも未だに下手なんだけどね!

全然勝てないし、めっちゃ悪口言われるし、ドッヂの嵐でゲームにならないし、(言うほどランク回してませんが)私のおとぅーふメンタルが悲鳴をあげてからは台湾鯖にこもってました。

そんなこんなでSeason8が終わり。結果は、、

両方のアカウントで取り敢えずシルバーになりました。

取り敢えず、というのは自分の中で全然ランクはおろか、ゲームを回せていないのがわかっているので、正確な数値ではないと思っています。

ここから恐らく一気に下がると思います。現に、台湾のアカウントに関してはシルバーⅡだったからね。。なんの間違いでそんな上なんだろうか。。

なので、Season9の目標としてまずは「たくさんプレイすること」と、「このMMR以上にすること、それをキープすること」です。

あとは、やっぱり全体的にステータスをあげていく必要があります。これは日本鯖の自分のデータです。メインレーンとしてやっているところはAをキープしたいですね。やっとB-レベルです。

全レーン戦闘ができない子なので、、しばらくは台湾鯖にこもってミクロ練、それから、マクロかなあとも思っています。

使えるチャンピオンも各レーン2体ずつくらいは欲しいです。。ああ、やることはいつもたくさん。JGから逃げたり、今まで避けてきたことが多いせいですね。自業自得。

でも、私に一番必要なのは気楽に、楽しんでやることだと思っています。現に、なんも考えてない時の方がいい動きするときあるらしいです。感覚派だか((黙

あとがきのような何か。

私は、ゲームが好きです。でも、上手じゃありません。おそらく、センスもないです。なのにプライドはある、おとぅーふメンタル、完全にLoL不適合者です。

そんな私でも、一応、ここまで出来ました。面白い画像も載せておきます。

台湾鯖の振り分け戦の時。見慣れないゴールドの文字。あと2戦だったんです。完全に味方様のおかげですが。(笑)

もちろん、一人じゃなかったから出来たことの方が多いです。本当にありがとうございます。

でも、一人で戦ったこと頑張ったことだってあります。LoLは、私にとって試練です。過酷です。その分、糧になってるものは計り知れません。

だから私は、LoLを通して、この記事や私を通して、「あ、面白そう」「自分にもできそう」って思う人を増やしたい。ゲームやらず嫌いとか、ゲームに対してマイナスな偏見をなくしたい。そう思っています。

プレイだけじゃない、色々な角度からLoLやeスポーツの魅力を伝えられるように、何より私自身がいろんな知識に触れて楽しめるように。

これからはさらにれぽるちゃんのTwitterまでできちゃって。より一層精進してまいりますので、どうか暖かい目で見ていただけましたら幸いです。

以上、れぽまるSeason8でした。

 

 

この記事の著者

Ray.Kubota

Ray.Kubota

Eスポーツは主に、LOLをメインにプレイしています。趣味は、コスプレです♪

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る