2018年11月12日シーズン8ランクマッチ終了!

タイトルの通り、LoLのシーズン8は11月12日23:59で終了しました。

終了時にGold以上になっていたら「勝利の栄光オリアナ」スキンがもらえるということもあり
最後の最後までもがいていた配信者も多く、見ごたえのあるシーズンラストでした。

↑オリアナスキンはこんな感じ。

そんな中、我々Eスポーツジャーナル編集部も最後まで戦いました!以下、戦績と今後の抱負
(期待)を簡単ではありますが備忘までに。

ESJ編集長Cerem

シーズン8最終成績ゴールドV (参考OPGG

ESJ特派員れぽるちゃん

シーズン8最終成績シルバーV (参考OPGG

となりました。自分はもうGoldは無理だとあきらめていたのですが、最終週の前週くらいに同ランク
帯の友人のIN率が上がり、珍しくMID&JGのDUOでまさかの10連勝、S4⇒S2へ上がり、そこからラスト
スパートは完全ソロでひたすらタリック(SUP)とエコー(MID)を回しました。

BOTレーンがやられると人数比的にもキツくなること、後半のバロンの圧力が(BOTタワーがこちらだけ
折れてるとTP持ちのスプリットプッシャーがスワップすると非常にキツかったり、などなど)高まること
あと、意外とこのレート帯でもちゃんと視界とってくれるSUPが少ないこと、などからタリックでチーム
プレイに徹すると勝率が高かったように思います。

本当はエコーでガンガンキャリーしてGOLD上がりたかったところですが、、、そのあたりはシーズン9
への課題としたいと思います。

ここからプレシーズンの間は

1)チャンピオンプールを拡げる

TOP ⇒ ジャックス

JG ⇒ セジュアニ

MID ⇒ アカリ

BOT ⇒ カイサ

SUP ⇒ モルガナ

この辺りをFILL気味に練習していきたい

2)エコー、タリック、ザイラといったメインチャンプの精度を上げる

⇒台湾サーバへの遠征でミクロ鍛錬。マクロ面はメディア更新と並行して拡充していく。

上記、2点を課題として少しゆったりと回していきたいと思います。

また同時に、次回Crashが開催される際にはESJ固定チームが組めるように、フレックス仲間を募って
行きたいな、とも。色々と準備していきたいと思ってます。

また、今シーズンからLOLに参戦したESJの切り込み隊長 れぽるちゃんも1stシーズンをシルバーVで
終えるというなかなかの成果をあげてくれています。

本人としては色々と納得のいっていない面も沢山あるようですが、先ずは「お疲れ」と言いたいところ。

今後もSUP専でいくのか、他レーンも試しつつマクロ的視野を拡げていくのか、ミクロを磨いてレーン
職人を目指すのか、プレの間にまた課題を設けつつ、色々試行錯誤してもらいたいと思ってます。

いずれにせよ、日本サーバの皆様、シーズン8お疲れさまでした!

またプレシーズン~シーズン9も宜しくお願いします。

☆おまけ☆ シーズン終了後にノーマル行ったら、LOL人生初のペンタキルを取れたので記念に(笑)
いつかランク戦の大事なところでペンタ取れるように精進します!

この記事の著者

Norihiro Fukuyori

Norihiro FukuyoriESJ編集長

Eスポーツジャーナル編集長Cerem(セレム)こと福寄 儀寛です。
自身のPCゲーム歴はピークは1990年代後半、UOとかAOE・AOCからWarcraft3などRTS全盛期まで。WC3はUS-WESTサーバでオンライントーナメント優勝経験有り。現在はFX投資家、IT事業家としています。
PCゲームは2年前にLOLへシーズン7から参戦。社会人でもEスポーツを楽しめるコミニュニティを作りたいという想いからEスポーツジャーナルを運営してます。ゲームを通じて学べる勝負勘、みたいなものをゲーム内外で活かせる世の中にしていきたいと思ってます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る