【2022年12月】シャドバのロイヤル連勝デッキを紹介!構築と立ち回り

シャドバのロイヤル

シャドウバースのロイヤル(ローテーション/アンリミテッド)について、ランクマッチの連勝デッキをもとに構築や立ち回りを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

天示す竜剣(CDB)環境の変化

天示す竜剣(CDB)環境の変化

  • 威光ロイヤル
  • 進化ロイヤル

現環境で使われている上記のデッキについて、詳しく紹介していきます。

威光ロイヤルが台頭

威光ロイヤルが台頭

今期は忠義の剣士・エリカ撲滅の兵団長などがローテ落ちし、全体的にデッキパワーが落ちています。しかしデッキの研究が進み、現在は威光ロイヤルが台頭してきました。前期に追加された神速のクイックブレーダーや、新カードの千金武装の大参謀などがデッキを支えています。

連携・進化ロイヤルはコントロールも可

連携・進化ロイヤルはコントロールも可

千金武装の大参謀が加わり、コントロール寄りのデッキも組みやすくなりました。現在の進化ロイヤルは、ロストサムライ・カゲミツを軸に打点も出せますが、干絶の飢餓・ギルネリーゼレジェンドソードコマンダーなどで蓋をするコントロールもできます。

威光ロイヤルのデッキレシピ

威光ロイヤルのデッキレシピ

威光ロイヤルは、騎士王の威光で1コストのフォロワーを疾走させ、最後は神速のクイックブレーダーで削り切るデッキです。フォロワーを展開し、連携数を稼ぐことで立ち回りを強化します。

主な採用カード

◆ゴールデンウォーリアー

ゴールデンウォーリアー

ファンファーレ スペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

進化時 騎士王の威光1つを出す。

スペルをサーチしつつ、1コストのフォロワーを疾走させる騎士王の威光を場に出すキーカードです。天使の加護武装強化戦地への呼び出しといった強力なスペルを持ってこられます。

◆神速のクイックブレーダー

神速のクイックブレーダー

疾走
(進化後)1ターンに2回攻撃できる。

進化後に2回攻撃できる疾走フィニッシャーです。連携10で+4/+4する武装強化や、エンハンス4で+3/+3して守護も無視できる天使の加護など、スペルのバフ効果を活かして大ダメージを狙います。

◆華の大将・タケツミ

華の大将・タケツミ

ファンファーレ 伊達の大見得1枚を手札に加える。連携 10; 自分のEPを1回復。

進化時 自分の手札のランダムな伊達の大見得1枚のコストを-2する。

伊達の大見得:2コスト・相手のフォロワー1体に5ダメージ。連携10なら、自分のリーダーとフォロワーが受ける能力ダメージを-1する

除去スペルの伊達の大見得を手札に加え、連携10ならEP回復や能力ダメージ軽減も発動するフォロワーです。特にEP回復が優秀で、進化権が必須な神速のクイックブレーダーをサポートできます。

◆戦地への呼び出し

戦地への呼び出し

コスト2のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
連携 10; 1枚ではなく、2種類を1枚ずつ手札に加え、それらのコストを-1する。

威光ロイヤルにおいては、タケツミ神速のクイックブレーダーを確定サーチできるスペルです。連携10ならコスト1で手札に加わるので、さらに使い勝手が良くなります。

◆千金武装の大参謀

千金武装の大参謀

・商人の鑑定(3コスト・黄金の杯黄金の首飾りを手札に加え、EPを1回復)
・麗しき美技(3コスト・自分のフォロワー1体に「攻撃時 相手のフォロワー全体に攻撃力と同じダメージ」を付与)
・二刀流(5コスト・自分のフォロワー1体に突進と「1ターンに2回攻撃できる」を付与)
ファンファーレ チョイスした1枚を手札に加える。連携 10; ターン終了まで、そのコストを-3する。
———-
自分がスペルをプレイしたとき、進化する。

(進化後)

(1)自分のリーダーを2回復。
(2)カードを1枚引く。
(3)自分のフォロワーすべてを+1/+1する。
自分がスペルをプレイしたとき、上記の能力が順に1回働く。上限は1ターンに6回。

スペルをプレイすることで自動進化し、3つの能力を発動していくフォロワーです。体力とEPを回復するなら商人の鑑定、除去したいフォロワーが多ければ麗しき美技をチョイスします。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

ジャーニーゴブリン

  • ジャーニーゴブリン
  • 辺境の騎士見習い
  • 導く鐘・ベルエンジェル
  • ビクトリーブレイダー
  • ゴールデンウォーリアー(後攻時)

ドローソースのジャーニーゴブリン辺境の騎士見習いを最優先に、導く鐘・ベルエンジェルビクトリーブレイダーをキープしましょう。後攻なら、優先的に進化させたいゴールデンウォーリアーもキープ対象です。

◆ドローしつつ連携数稼ぎ

導く鐘・ベルエンジェル

序盤はドローを優先し、フォロワーを並べて、連携数を稼ぎましょう。ベルエンジェルは進化時にドローしつつ、手札が多ければ高スタッツで盤面を強化できます。また、リーダー回復と他のフォロワー+1/+1も発動する三相の女神・バイヴカハも有用です。

ゴールデンウォーリアーを進化させたら、騎士王の威光で1コストのフォロワーを活かしましょう。特に、ペンギンガーディアンは連携5で+2/+2され、1コストで3ダメージ出せます。

◆連携10でフォロワーを活用

伊達の大見得

連携10なら、華の大将・タケツミ戦地への呼び出しなどを強く使えます。能力ダメージで削ってくる相手には、伊達の大見得で対抗しましょう。千金武装の大参謀はコスト-3でスペルを加えるため、自動進化と進化後効果が発動しやすくなります。

◆クイブレ+αでフィニッシュ

武装強化

手札が揃ったら、神速のクイックブレーダーを進化させてOTKを狙いましょう。武装強化1枚で+4/+4できるので、2枚あれば10/10の2回攻撃で20点OTKができます。また、天使の加護があれば守護を無視でき、エンハンス4で+3/+3もできます。

採用候補のカード

エレガントバンデッド

  • エレガントバンデッド:1コスト1/1の必殺フォロワー。騎士王の威光があれば除去要員になるので、ブレイブヴァンガードとの選択で1~2枚採用。
  • レパードグラップラー:4コスト3/3の突進・攻撃時に1枚ドローしてPPを1回復、進化後は2回攻撃できるフォロワー。ドロソ、除去要員として1~2枚採用。

進化ロイヤルのデッキレシピ

進化ロイヤルのデッキレシピ

進化ロイヤルは、自動進化やEP回復を活かして進化回数を稼ぐデッキです。進化回数によって打点が増えるロストサムライ・カゲミツや、コストが下がるクレイモアマスターで勝利を目指します。

主な採用カード

◆ロストサムライ・カゲミツ

ロストサムライ・カゲミツ

場に出たとき、これを含めない自分の連携が10以上なら、進化する。
ラストワード 自分のリーダーは「次の次の自分のターン開始時、ロストサムライ・カゲミツ1体を出す。この能力を失う」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

(進化後)疾走
攻撃時 「このバトル中、自分のフォロワーが進化した回数」が5回以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。7回以上なら、2ダメージではなく4ダメージ。

連携10なら自動進化し、進化後は疾走を持つフィニッシャーです。進化5回以上なら攻撃時に全体2ダメージ、7回以上なら全体4ダメージを与えられます。

◆クレイモアマスター

クレイモアマスター

自分のターン中、自分のフォロワーが進化したとき、自分の手札のこのコストを-1する。
———-
疾走

進化時 自分の兵士・フォロワーすべては突進守護を持つ。

フォロワーが進化するたびにコストが下がる疾走フォロワーです。カゲミツに並ぶフィニッシャーで、進化時には自分の兵士フォロワーを強化できます。

◆剣戟のルミナスナイト

剣戟のルミナスナイト

ファンファーレ 相手のフォロワー1体と相手のリーダーに1ダメージ。このバトル中に場に出た自分の指揮官・カードが(これを含めず)5枚以上なら、1ダメージではなく3ダメージ。進化する。

指揮官カードが5枚以上出ていれば、3点バーンダメージを与えて自動進化できます。進化回数と打点を稼げる強力なフォロワーで、タケツミとセットで戦地への呼び出しでサーチできるのが強みです。

◆モノクロのエンドゲーム

モノクロのエンドゲーム

・ブレイブリーキング・イメラ(1/4守護・交戦時にナイトか、マグナスがいればスティールナイトを出す。進化後は攻撃時に+1/+1)
・グレースフルクイーン・マグナス(3/3・自分の他のフォロワーと場に出たフォロワーに突進を付与する。進化後は攻撃時にPP1回復)
チョイスした1体を出す。
エンハンス 6チョイスではなく、1体ずつ出す。それらは進化する。

イメラマグナス、2体の指揮官を出して自動進化させるスペルです。進化回数を稼ぎつつ、剣戟のルミナスナイトの進化条件「指揮官が5枚以上場に出る」を満たせます。

◆マキシマムジェネラル

マキシマムジェネラル

ファンファーレ コスト3のロイヤル・フォロワーとコスト2のロイヤル・フォロワーとコスト1のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。それらは+0/+1されて、突進を持つ。

デッキから1・2・3コストのフォロワーを1体ずつ出せるフォロワーです。タケツミ千金武装の大参謀など、ファンファーレが強いフォロワーとは相性が悪いですが、連携数を稼ぐのに向いています。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

メタトロン

  • ジャーニーゴブリン
  • 辺境の騎士見習い
  • ビクトリーブレイダー
  • メタトロン(後攻時)

ジャーニーゴブリン辺境の騎士見習いのドローソース2枚と、アクセラレートで使えるビクトリーブレイダーをキープしましょう。後攻なら、進化後にPPブーストできるメタトロンもキープ対象です。

◆連携数を稼ぎつつドロー

三相の女神・バイヴカハ

序盤はフォロワーを積極的に並べ、バイヴカハも活かしてドローを進めましょう。カゲミツは3ターン目に出すか、マキシマムジェネラルから出して破壊しておきます。ただし、3コストには千金武装の大参謀もいるので、確定サーチではありません。

◆EP回復や自動進化を活用

ブレイブリーキング

進化回数を稼ぐため、モノクロのエンドゲーム剣戟のルミナスナイトなどの自動進化を活かしましょう。連携10ならカゲミツ、8ターン目以降ならジャーニーゴブリンも自動進化できます。EP回復はタケツミをはじめ、大参謀が手札に加える商人の鑑定でも可能です。

◆カゲミツやクレイモアマスターで攻撃

ロストサムライ・カゲミツ

7回以上進化できたら、カゲミツの全体4ダメージを活かして削り切りましょう。コストに余裕があれば、大参謀で二刀流をチョイスして2回攻撃させられます。また、EPを3以上消費していれば、バイヴカハが手札に加えるバイヴカハの福音で+3/+3もできます。

クレイモアマスターのコストが下がっていれば、こちらも打点として活かしましょう。早いターンに引いて進化回数を稼げれば、低コストの4点疾走として使えます。

採用候補のカード

干絶の飢餓・ギルネリーゼ

  • 干絶の飢餓・ギルネリーゼ:2コスト2/2・進化時に6点ドレインができ、10ターン目の直接召喚も強力なフォロワー。リーダー回復・長期戦対策に2~3枚採用。
  • レジェンドソードコマンダー:8コスト7/7・伝説の剣を出し、他のカードの能力をすべて無効化するフォロワー。コントロールに寄せるなら1~2枚採用。
  • 二刀の騎士:4コスト4/4・連繫7で自動進化し、進化後は攻撃時にリーダー2回復・PP2回復を行う。リーダー回復・進化回数稼ぎに1~2枚採用。

【アンリミ】連携ロイヤルのデッキレシピ

【アンリミ】連携ロイヤルのデッキレシピ

アンリミの連携ロイヤルは、選択不可の守護やリーダー回復で粘りつつ、強力な盤面と疾走フォロワーで勝利を狙います。また、環境デッキのメタも意識された構築です。

主な採用カード

◆グロリアスセイバー・オーレリア

グロリアスセイバー・オーレリア

守護
相手の能力で選択できない。
ファンファーレ 連携 7; 進化する。

(進化後)1ターンに2回攻撃できる。
攻撃時 これの体力を上限まで回復。自分のPPを1回復。

連携7で自動進化し、2回攻撃を持つ守護フォロワーです。相手の能力で選択できないので、ホズミエルフハンドレスヴァンプなど、疾走が強いデッキのメタとなります。

◆曙の乙女・セラ

曙の乙女・セラ

守護
自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、それは「相手の能力で選択できない」を持つ。自分のリーダーを1回復。

進化時 シールドガーディアン3体を出す。

進化時に1/1守護のシールドガーディアンを展開し、選択不可を付与するフォロワーです。オーレリアと同じ疾走メタとして強く、リーダー回復もできます。

◆グランスエンジェル

グランスエンジェル

守護
ファンファーレ 相手のターン終了まで、相手のリーダーは「自分の直接召喚能力は働かない」を持つ。

進化時 相手のフォロワー1体を破壊する。

相手の直接召喚を封じるフォロワーです。主にハンドレスヴァンプ対面において、デモンズグリード・パラセリゼの直接召喚に対抗できます。

◆彷徨の詩人・エルタ

彷徨の詩人・エルタ

進化時 お互いのリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。

お互いのファンファーレを封じるフォロワーです。自分にもデメリットはありますが、化かし女将・ホズミのようにファンファーレで勝利を狙う相手には有効打となります。

◆光耀の標・ミストリナ&ベイリオン

光耀の標・ミストリナ&ベイリオン

疾走
守護
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分の手札にアミュレットがあるなら1枚捨て、+2/+1する。ナテラの大樹を捨てたなら、自分のPPを3回復。

手札にナテラの大樹があれば実質3コストで使える疾走・守護フォロワーです。陽だまりの邂逅でナテラを回収しつつ、劇的な撤退で0コストで使い回すこともできます。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

マリガンでキープするカード

  • 辺境の騎士見習い
  • ビクトリーブレイダー
  • 君臨する猛虎
  • 曙の乙女・セラ(後攻時)
  • グランスエンジェル彷徨の詩人・エルタ(対面次第)

辺境の騎士見習いを最優先に、アクセラレートで使えるビクトリーブレイダー君臨する猛虎をキープしましょう。ハンドレス対面ではグランスエンジェル、ホズミ対面ではエルタもキープ対象です。

◆選択不可の守護フォロワーで耐久

グロリアスセイバー・オーレリア

連携稼ぎを基本として、選択不可の守護で守り切るのが主な勝利パターンです。連携7で自動進化するオーレリアや、進化時に選択不可の守護を並べるセラを軸に、相手の攻撃を防ぎましょう。指揮官が場にいれば、ルミナスヒーラー・リララでダメージカットも張れます。

◆盤面強化や疾走フォロワーでフィニッシュ

ビクトリーブレイダー

リーダー回復や守護で耐えたら、ビクトリーブレイダーでの制圧も狙いましょう。直接召喚される撲滅の兵団長も並べば、処理されない可能性が高いです。また、ミストリナ&ベイリオンのような疾走で押し切るのも強力です。

採用候補のカード

信念の剣閃

  • 信念の剣閃:3コストでクイックブレーダー2体召喚・ランダム5点・フォロワー全体+1/+1のいずれかを発動。特にフォロワー全体+1/+1が強いので、攻めに寄せるなら2~3枚採用。
  • シュヴァリエ・マグナ:指揮官カードを融合して結晶1で出すと、相手フォロワーの能力を失わせる。7コストの本体は、自身へのダメージを4以下に軽減できる。環境によってはメタとして1~2枚採用。
  • 干絶の飢餓・ギルネリーゼ:2コスト2/2・進化時に6点ドレインができ、10ターン目の直接召喚も強力なフォロワー。リーダー回復・長期戦対策に2~3枚採用。

まとめ

シャドバのロイヤルについて、連勝デッキを参考に構築や立ち回りをご紹介しました。デッキは一例ですので、環境の流れやプレイヤーの好みによって変わる可能性は十分あります。ぜひ環境に合ったデッキを練習し、ランクマッチで連勝を目指してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3786