【2022年12月】シャドバのドラゴン連勝デッキを紹介!構築と立ち回り

シャドバのドラゴン連勝デッキ

シャドウバースのドラゴン(ローテーション/アンリミテッド)について、ランクマッチで連勝を挙げているデッキを基に、構築や立ち回りを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

天示す竜剣(CDB)ローテ環境の変化

シャドウバースのローテ落ち

  • ディスカードドラゴン
  • アルバハドラゴン

現環境で特に使われている、上記のデッキについて紹介していきます。

ディスカードデッキが台頭

ディスカードデッキが台頭

「天示す竜剣」アディショナル実装後は、ディスカードドラゴンが急浮上しています。これまでも手札を捨てるカードは追加されていましたが、金色の威信・リュミオール銀色の清純・アルジャンテの登場で、本格的にデッキとして成立しました。

アルバハデッキも有力

アルバハデッキも有力

コントロール寄せのデッキとしては、アルバハドラゴンも有力です。PPブーストを活かして消費したPPを稼ぎ、早いターンにアルティメットバハムートの直接召喚を目指せます。また、今期は新カードタイプ「武装」も追加されましたが、現状ではパワー不足です。

ディスカードドラゴンのデッキレシピ

ディスカードドラゴンのデッキレシピ

ディスカードドラゴンは、手札を捨てること(ディスカード)で立ち回るデッキです。PPブーストとドローを進め、金色の威信・リュミオールにつなげて勝利を狙います。

主な採用カード

◆金色の威信・リュミオール

金色の威信・リュミオール

自分のターン中、自分が手札を捨てるたび、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「捨てた枚数の2倍」である。
ファンファーレ 自分のPPを3回復。このバトル中に「自分の手札を捨てる」自分の能力が4回以上働いていたなら、自分の手札2枚を捨てる。カードを3枚引く。

手札を捨てることで全体ダメージを与えられる、ディスカドラの軸となるフォロワーです。手札を4回以上捨てていれば、自身でも2枚ディスカしてダメージを与えられます。

◆銀色の清純・アルジャンテ

銀色の清純・アルジャンテ

守護
ファンファーレ 自分の手札2枚を捨てる。自分のPP最大値を+1する。このバトル中に「自分の手札を捨てる」自分の能力が(これを含めず)2回以上働いていたなら、カードを3枚引く。

手札を捨ててPPブーストもできるので、こちらもディスカドラには欠かせません。手札を2回捨てていれば3枚ドローでき、手札を枯渇させずに立ち回れます。

◆黒白の乱舞・ノール&ブラン

黒白の乱舞・ノール&ブラン

これが能力によって手札から捨てられたなら、進化前が攻撃力1/体力1の黒白の乱舞・ノール&ブラン1体を出す。
———-
EPによる進化ができない。(能力による進化はできる)
疾走
自分のターン終了時、自分のPP最大値が10なら、進化する。

(進化後)守護
能力によって受けるダメージを0にする。能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージでは破壊される)

手札から捨てられると、スタッツ1/1で場に出るフォロワーです。10PPなら進化して元のスタッツに戻り、能力破壊・能力ダメージを無効化する守護フォロワーとなります。そのまま出しても4/4疾走で使えますが、手札から捨てて使うのが基本です。

◆ウーラノス

ウーラノス

EPによる進化ができない。(能力による進化はできる)
ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。自分のデッキが20枚以下なら、自分のリーダーを3回復。進化する。

(進化後)攻撃時 相手のリーダーに3ダメージ。自分のデッキが5枚以下なら、3ダメージではなく9ダメージ。

手札が20枚以下なら自動進化でき、攻撃時にダメージを与えられるフォロワーです。デッキが5枚以下なら9ダメージ与えられるので、フィニッシャーとして活用できます。

◆キャプテン・ドラグウッド

キャプテン・ドラグウッド

ファンファーレ 自分のPP最大値を+1する。
エンハンス 7突風のドラゴン1体を出す。

進化時 ヘルフレイムドラゴン1体を出す。自分のPP最大値が10なら、ヘルフレイムドラゴンではなく突風のドラゴンを出す。

PPブーストしつつ、ヘルフレイムドラゴン(4/3突進)や突風のドラゴン(5/5疾走)を出せるフォロワーです。10PPなら進化で突風のドラゴンを2体出せるため、合計10ダメージ与えられます。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

マリガンでキープするカード

  • 竜の託宣
  • 流浪の指揮者
  • ドラゴニュートの怪力
  • 砕石竜
  • オーブキャンサー
  • 銀色の清純・アルジャンテ
  • 独尊竜・スーロン(後攻時)

PPブーストができる竜の託宣や、手札を捨てるカードを幅広くキープしましょう。アルジャンテは、他の手札を捨てるカードとセットで引くのが理想的です。後攻なら、進化でPPブーストできるスーロンもキープ候補です。

◆手札を捨てた回数とPPブーストを意識

ドラゴニュートの怪力

序盤はディスカードしつつ、竜の託宣やアルジャンテなどでPPブーストを進めます。序盤にフォロワーを並べてくる相手なら、ドラゴニュートの怪力は直接プレイして除去しましょう。フォロワーを並べてこなければ、捨てる対象にしてドローを回すのがおすすめです。

◆リュミオールやノール&ブランで制圧

ノール&ブラン

4回ディスカードできていれば、リュミオールで一気にダメージを稼げます。ファンファーレのPP3回復を活かし、さらに手札を捨ててダメージを与えましょう。10PPなら、ノール&ブランを捨てることで耐性持ちの守護フォロワーが立ち、盤面を強化できます。

◆ウーラノスやドラグウッドでフィニッシュ

ウーラノス

デッキが5枚以下で攻撃対象がいるなら、ウーラノスの9点バーンダメージも狙えます。他にもドラグウッドインフニットフレイムドラゴンなど、ディスカ以外でダメージを出せる手段はあるので、最後の一押しに活かしましょう。

採用候補のカード

ブリザードハート・フィルレイン

  • ブリザードハート・フィルレイン:2コスト・覚醒状態なら相手の手札のコストを+1するフォロワー。ディスカドラのミラーや、秘術ウィッチなどの対策として1~2枚採用。
  • 火炎の竜闘士:2コスト・デッキのドラゴンフォロワーを+0/+1して、1枚ディスカ、1枚ドローできるフォロワー。安定感を高めるために2~3枚採用できるが、優先度はやや低い。
  • 紅炎の竜爪・エチカ:3コスト・攻撃時に全体ダメージ、覚醒状態ならEPを1回復できるフォロワー。アグロ対策やEP回復要員として、1~2枚採用。

アルバハドラゴンのデッキレシピ

アルバハドラゴンのデッキレシピ

アルバハドラゴンは、アルティメットバハムート干絶の飢餓・ギルネリーゼの直接召喚で勝つコントロールデッキです。リーダー回復やEP温存などで、終盤まで粘りながら勝利を目指します。

主な採用カード

◆アルティメットバハムート

アルティメットバハムート

アクセラレート 5; ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。アルティメットバハムート1枚をデッキに加える。自分のPPを4回復。
———-
直接召喚 自分のターン終了時、「このバトル中に消費した自分のPP」が50以上なら、これを1枚、自分のデッキから場に出す。その後、相手のデッキが5枚になるように消滅させる。

50PP消費することで、デッキから直接召喚されるフォロワーです。13/13のスタッツとともに、相手のデッキを残り5枚まで消滅させてリタイアを狙えます。

◆ユピテル

ユピテル

守護
ファンファーレ 相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。自分のPPを2回復。「このバトル中、自分のフォロワーが進化した回数」が5回以上なら、2回復ではなく4回復。自分のリーダーを4回復。

5回以上進化していれば、実質2コストで消滅・ドロー・リーダー回復ができるフォロワーです。消費したPPを稼げるので、アルバハの直接召喚に活かせます。

◆独眼竜・伊達政宗

独眼竜・伊達政宗

必殺
ファンファーレ 覚醒状態なら、「次に受けるダメージを0にする」を持つ。進化する。自分のPP最大値が10なら、このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、自分のフォロワーが相手のフォロワーに攻撃するとき、相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

覚醒状態なら自動進化し、10PPなら追加効果も発生するフォロワーです。主にユピテルを強く使うため、進化回数を稼ぐ要員として活躍します。

◆箱庭の追憶・オリヴィエ&シルヴィア

箱庭の追憶・オリヴィエ&シルヴィア

守護
ファンファーレ 自分のEPを上限まで回復。

進化時 相手のフォロワーすべてにXダメージ。自分のPPをX回復。Xは「このバトル中に消費した自分のEP」である。

EP回復と全体除去を兼ねたフォロワーです。進化権に余裕が出ることで長期戦に強くなり、進化時のPP回復でアルバハの直接召喚にも貢献できます。

◆干絶の飢餓・ギルネリーゼ

干絶の飢餓・ギルネリーゼ

直接召喚 自分のターン開始時、自分と相手のPP最大値が10なら、これを1枚、自分のデッキから場に出す。その後、干絶の甘露1枚を手札に加える。
———-
ドレイン

進化時 場のフォロワー1体を+2/-2する。

進化時効果を自分に付与することで、6点ドレインを狙えるフォロワーです。直接召喚で手札に加わる干絶の甘露は、0コストで5ダメージ与えて5回復し、相手の手札を5枚捨てるスペルです。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

導く鐘・ベルエンジェル

  • 竜の託宣
  • イグニスドラゴン
  • 導く鐘・ベルエンジェル
  • フレイア
  • 天使の恩寵
  • 独尊竜・スーロン(後攻時)

PPブーストできる竜の託宣と、イグニスドラゴンを最優先でキープしましょう。ベルエンジェル天使の恩寵など、ドローソースもキープ対象です。フレイアは、宴楽タイプのスーロンを確定サーチできる1枚です。

◆ドローとPPブーストを優先

イグニスドラゴン

序盤はPPブーストを進めて、いち早く覚醒状態に入りましょう。覚醒状態で、伊達政宗フィルレインなどを強く使うのが理想です。ユピテルジャイアントハッピーピッグなど、高コストのフォロワーも出しやすくなります。

◆PPを消費してアルバハ召喚

オリヴィエ&シルヴィア

7~8ターン目には50PP消費を達成し、アルバハを直接召喚させましょう。消費したPPを稼ぐには、ユピテルやオリヴィエ&シルヴィアなどのPP回復できるカードが有効です。ギルネリーゼ三相の女神・バイヴカハなどで、リーダー回復もできると粘りやすくなります。

◆ギルネリーゼやウーラノスを活用

干絶の甘露

10PPが近づいてきたら、ギルネリーゼの直接召喚も視野に入れましょう。干絶の甘露で相手の手札を捨てられれば、そのまま決着がつく可能性が高いです。相手の直接召喚を封じるグランスエンジェルや、デッキ5枚以下で真価を発揮するウーラノスも勝敗につながります。

採用候補のカード

終焉の地

  • 終焉の地:7コスト・コスト9以上のフォロワーを確定サーチしてPPを6回復し、条件を満たせば相手の場のカードを全破壊できるアミュレット。アルバハ召喚を安定させるため2~3枚採用。
  • 大いなる意志:2コスト・相手のリーダーかフォロワー1体を「与えるダメージ0」にするアミュレット。相手への妨害として2~3枚採用。
  • 紅炎の竜爪・エチカ:3コスト・攻撃時に全体ダメージ、覚醒状態ならEPを1回復できるフォロワー。オリヴィエ&シルヴィアと役割が被るので、主にアグロ対策で1~2枚採用。

【アンリミ】ディスカードドラゴンのデッキレシピ

リュミオールやアルジャンテなどの追加で、アンリミでもディスカドラが浮上しています。こちらはディスカードを軸として、環境メタも意識された構築です。

主な採用カード

◆金色の威信・リュミオール

金色の威信

自分のターン中、自分が手札を捨てるたび、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「捨てた枚数の2倍」である。
ファンファーレ 自分のPPを3回復。このバトル中に「自分の手札を捨てる」自分の能力が4回以上働いていたなら、自分の手札2枚を捨てる。カードを3枚引く。

アンリミでも、ディスカドラの軸となるのはリュミオールです。手札を捨てる他のカードと併用して、相手に全体ダメージを飛ばします。

◆銀色の清純・アルジャンテ

銀色の清純・アルジャンテ

守護
ファンファーレ 自分の手札2枚を捨てる。自分のPP最大値を+1する。このバトル中に「自分の手札を捨てる」自分の能力が(これを含めず)2回以上働いていたなら、カードを3枚引く。

こちらもディスカドラには欠かせない1枚です。手札を2回捨て、3枚ドローが働く状態で使いましょう。

◆大逆のドラゴサモナー

大逆のドラゴサモナー

これが能力によって手札から捨てられたなら、悲哀の赤竜1枚を手札に加える。
———-
守護
ファンファーレ 自分の手札1枚を捨てる。憤怒の碧竜1枚を手札に加える。

悲哀の赤龍は1枚ディスカ・2枚ドローできる5コスト4/4の守護フォロワーで、憤怒の碧竜は7コスト4/4の疾走フォロワーです。どちらも手札を捨てるたびに枚数分のコストが下がり、特に憤怒の碧竜は低コストの打点として優秀です。

◆新たなる運命

新たなる運命

手札をすべて捨て、「捨てた枚数」と同じだけカードを引く。

手札をすべて入れ替えるシンプルなカードです。最大で8枚捨てられるので、リュミオールで最大16ダメージを出せます。

◆ワールドブレイク

ワールドブレイク

コスト5以上のお互いのフォロワーすべてを破壊する。
10ターン目かそれ以降なら、コスト5以上のお互いのフォロワーすべてではなく(コストにかかわらず)相手のフォロワーすべて。

コスト5以上に限定して、お互いの全フォロワーを破壊するスペルです。こちらがリュミオールを出す前に大型フォロワーを並べてくる、骸ネクロホズミエルフ対策として使えます。

マリガンと立ち回り

◆マリガンでキープするカード

ドラゴニックレイジ

  • 竜の託宣
  • ドラゴニックレイジ
  • 大逆のドラゴサモナー
  • 蛇竜の契り
  • 流浪の指揮者
  • ドラゴニュートの怪力
  • 砕石竜
  • 銀色の清純・アルジャンテ
  • マスターコックグランスエンジェルワールドブレイク(対面次第)

PPブーストできる竜の託宣ドラゴニックレイジを中心に、手札を捨てるカードを幅広くキープします。マスターコックはホズミエルフ、グランスエンジェルはハンドレスヴァンプ、ワールドブレイクはホズミエルフや骸ネクロ対面で活躍します。

◆手札を捨てながらPPブースト

竜人の吐息

序盤は手札を捨てた回数を稼ぎ、リュミオールアルジャンテを強く使えるようにします。竜人の吐息ドラゴニュートの怪力など、手札から捨てられることでドローするカードも活かし、キーカードを揃えましょう。

◆リュミオールや憤怒の碧竜でフィニッシュ

憤怒の碧竜

手札を4回捨てて8PPに達したら、リュミオールで大ダメージを狙います。特に、一度に大量の手札を捨てられる新たなる運命は、リュミオールとあわせて使いましょう。

新たなる運命との相性は悪いですが、大逆のドラゴサモナーから加わる憤怒の碧竜も打点として使えます。手札に残してコストを下げ、リュミオールで削り切れない分を

採用候補のカード

鳳凰の庭園

  • 鳳凰の庭園:5コスト・お互いの手札のコストを半減させるアミュレット。相手にもアドバンテージは行くが、リュミオールでの上振れを狙えるので2~3枚採用。万華の鳳凰もあり。
  • 波濤のプレシオサウルス:6コスト・手札を捨てるたびにフォロワー1体とリーダーに2点与えられるフォロワー。打点の補助として1~2枚採用。
  • 光の道筋:2コスト・手札から捨てられたときに1枚ドローするスペル。デッキの安定感を高めるために2~3枚採用。

まとめ

シャドバのドラゴンについて、連勝デッキを参考に構築や立ち回りをご紹介しました。デッキは一例ですので、環境の流れやプレイヤーの好みによって変わる可能性は十分あります。ぜひ環境に合ったデッキを練習し、ランクマッチで連勝を目指してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3786