【2022】シャドバの楽しい「ネタデッキ」を紹介!実用性あり?

シャドバのネタデッキ

シャドバでは強いデッキを組んで、ランクマッチや大会で勝ちたいという人が多いですよね。その一方で、勝敗を気にしないネタデッキを作って、ロマンを求めるという楽しみ方もあります。

今回は、筆者が面白いと思うネタデッキを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

シャドバの「ネタデッキ」の定義は?

シャドバの「ネタデッキ」の定義は?

そもそも、ネタデッキとはどんなデッキなのか、その定義は「運要素」と「ロマン」にあります。

運要素が高すぎる

シャドバはカードゲームなので、手札や立ち回りがどうなるかは運によります。しかしネタデッキは、特定のカードを引けないとまったく勝てなかったり、カードのランダム要素が強すぎて何が起こるか分からなかったり、運次第な部分がとても大きいです。

時空の掌握者

たとえば、ネメシスの新カードである時空の掌握者は、手札に加わったときにコストがランダムで決まり、10個の能力の中から「コストと同じ数」の能力を持ちます。ランダム要素が詰め込まれた、まさにネタカードです。

再現性は低いけどロマンがある

魔海の女王

シャドバの中には「能力はかなり強いけど、発動させる条件が難しくて使えない」という、ロマンに溢れたカードもあります。そんなカードを活かすために、他の強いカードよりも優先して、そのカードを軸にデッキを組んでみましょう。コンセプトデッキとも呼ばれます。

アンリミテッドのネタデッキ

以上を踏まえて、アンリミテッドで組めるネタデッキをクラス別に見ていきましょう。どのデッキもコンセプト重視ですが、ワンチャン勝てるという可能性を秘めたデッキです。

フェアドラ疾走エルフ

フェアドラ疾走エルフ

大量のフェアリーを破壊してフェアリードラゴン(フェアドラ)の攻撃力を伸ばし、ユグドラシル森羅の怒りによって疾走させるデッキです。瘴気の妖精姫・アリアを進化させれば、フェアリーを突進させることで破壊数を稼げるので、安定感すら生まれます。

フェアリーサークル

フェアリードラゴンは「バトル中に破壊された自分のフェアリーの数」と同じだけ、攻撃力を+するカード。このデッキにはフェアリーサークルをはじめ、フェアリーを補充するカードが豊富なので、序盤からフェアリーを並べて、破壊数を稼ぎましょう。

ユグドラシル

ユグドラシルは、ファンファーレで万象の加護森羅の怒りをチョイスするカード。ここでは森羅の怒りを選び、エンハンス4でフォロワーを疾走させる動きを狙いましょう。これでフェアドラ+森羅の怒りをプレイできれば、「フェアドラ疾走」の完成です。

抜刀アックステイカーロイヤル

抜刀アックステイカーロイヤル

ロイヤル・フォロワーをアックステイカーのみに絞って、相手のリーダーを攻撃するデッキです。抜刀術で手札からアックステイカーを出したり、劇的な撤退によって0コストのアックステイカーを使い回したり、さまざまな方法で相手の体力を削っていきます。

アックステイカー

アックステイカーは、攻撃時に「攻撃力と同じ値」のPPを回復する疾走・必殺フォロワー。このPP回復を利用して、攻撃後のアックステイカーに分身の術を付与してもう1体出したり、二刀流を付与してもう1回攻撃させたりします。

老練なる教鞭

老練なる教鞭は、兵士・カードを手札に加えて+2/+2するカードです。攻撃力4のアックステイカーを確定サーチできるので、強力な立ち回りにつながります。他にも、わがままな呼び出し陽だまりの邂逅などは、アックステイカー確定のサーチカードです。

進化ジンジャーウィッチ

進化ジンジャーウィッチ

EPを消費せずに進化できるカードで進化回数を稼ぎ、呪いの言霊・ジンジャーのコストを下げるデッキ。ジンジャーから加わるジンジャーの言霊を活かして、大型フォロワーをコスト1でプレイする動きを狙います。

ジンジャーの言霊

ジンジャーの言霊は、手札のフォロワーをコスト1にする代わりに、そのスタッツを1/1にする0コストのスペル。フォロワー自体は貧弱になりますが、始祖の竜・バハムートのように、ファンファーレが強力なフォロワーとは相性抜群です。

ロキ

ジンジャーと一緒に使いたいのがロキ。ロキは、次に働くファンファーレを2回働かせるという、ロマン溢れるカードです。先にジンジャーを進化させてからロキを出せば、その後に猫耳の魔法使い・キャルで相手の体力最大値を10下げたり、至高神・ゼウスのランダム能力を2回発動させたり、さまざまなコンボが狙えます。

レジェファイOTKドラゴン

レジェファイOTKドラゴン

その名の通り、レジェンダリーファイター(レジェファイ)で一発勝負を狙うデッキ。レジェンダリーファイターは、条件を満たせば10/10で2回攻撃できるので、なんとか手札を揃えて20ダメージのOTKを狙いましょう。

レジェンダリーファイター

レジェンダリーファイターは、自分の他のフォロワーが進化すると「2回攻撃」、スペルをプレイすると「必殺」、アミュレットをプレイすると「突進」を持ちます。この3つを達成していれば、次の自分のターン開始時に+8/+8され、2回攻撃でOTKが狙えるというデッキです。

飛翔の竜人

最速でレジェファイOTKを決めるには、1T目にアイアロンの残骸、2T目にレジェファイ、3T目に飛翔の竜人+スペル+アミュレットをプレイすれば、条件を満たして4T目にレジェファイが+8/+8されます。アミュレットについては、結晶のティアマト・マグナで「攻撃されない」を付与すると、レジェファイが次のターンに残りやすくなります。

グラン&ジータOTKネクロ

グラン&ジータOTKネクロ

その名の通り、未来への飛翔の解放奥義で十天衆を統べし者・グラン&ジータを出し、進化させてOTKを狙うデッキ。グラン&ジータを2回攻撃させるには、進化回数と連携数を稼ぐ必要があります。さらに死期を見るもの・グレモリーの効果を発動させるのに、墓場の枚数稼ぎも必要です。

未来への飛翔

解放奥義の数字は、手札にある状態でフォロワーを進化させると1下がるので、バトルキョンシーガールを中心に進化回数を稼ぎましょう。また、2回攻撃には連携20が必要なので、モーターグレイブディガーの進化時効果などを活かして達成を目指します。

グレモリー

死期を見るもの・グレモリーが出ると、「自分がネクロマンスした値と同じだけPPを回復」の効果をリーダーに付与します。この状態でグラン&ジータを出す→死霊の手(ネクロマンス8)でPPを全回復→旧グレモリーのエンハンス6で進化させると、進化後のグラン&ジータ2回攻撃でOTKを狙えます。

本来のグラン&ジータは連携40が進化の条件なので、普通の対戦ではまず実現できないでしょう。

テラーナイト量産ヴァンプ

テラーナイト量産ヴァンプ

終幕の吸血鬼・ユリアスと、星灯りの女神をキーカードに据えたデッキです。ユリアスの進化時に加わるテラーナイトを星灯りの女神で増やして、一気にOTKまで狙います。

テラーナイト

テラーナイトは、1回目のプレイでは3枚のスペルを手札に加えますが、2回目以降はお互いのリーダーとフォロワーに3ダメージ与えるカードです。これを星灯りの女神で増やせば、0コストで相手のリーダーに大ダメージを与えられます。自分もダメージを喰らってしまうので、テラーナイトから加わるドレッドオーラを先にプレイしましょう。

星灯りの女神

星灯りの女神は、「手札の古いほう(左側)から3番目までのカード」を1枚ずつ手札に加えます。そのため、テラーナイトは手札の左側に持っておき、星灯りの女神の能力を活かせるようにしましょう。左側の余計なカードを融合するために、ニュートラル・カードを融合できる爪牙の発現も採用しています。

邪教の神殿ビショップ

邪教の神殿ビショップ

邪教の神殿から加わるサタンまたは氷獄の王・サタンをプレイして、強力なデッキで立ち回るデッキです。アミュレットは邪教の神殿だけなので、宝石の輝きで確定サーチでき、セイントグリフォンで直接場に出すこともできます。

邪教の神殿

邪教の神殿は、ラストワードでコスト1のサタンか氷獄の王・サタンを手札に加えるアミュレット。サタンをプレイすると、自分のデッキが全4種類・10枚のアポカリプスデッキとなります。アポカリプスデッキの内容は次の通りです。

  • サタンズサーヴァント×3(コスト5、13/13)
  • 沈黙の魔将×3(コスト6、8/8疾走)
  • ディースの裁き×3(コスト7、相手のリーダーかフォロワーに7ダメージ、自分のリーダーを7回複)
  • アスタロトの宣告×1(コスト10、相手のリーダーの体力を1にするダメージを与える)

一方、氷獄の王・サタンをプレイすると、自分のデッキが全13種類・13枚のコキュートスデッキとなります。コキュートスデッキの内容は、次の通りです(カード説明略)。

  • サタンの眼光
  • サタンの波動
  • 怒り狂う氷魔
  • 天握
  • 暴威の統率者
  • 欲望を纏う者
  • 地壊
  • 悪意の炎帝
  • 貪欲なスコーピオン
  • 辺獄の悪鬼
  • 貪り食うベヒーモス
  • 異端なる冥獣
  • アスタロトの宣告

コキュートスデッキのほうが扱いやすいので、サタンよりも氷獄の王・サタンが手札に加わるようにお祈りしましょう。

マル・ドッキオネメシス

マル・ドッキオネメシス

その名の通り、マル・ドッキオで勝利を目指すデッキです。共鳴状態になると強化されるマル・ドッキオを活かして、アグロムーブで勝つのが理想です。

マル・ドッキオ

デッキの目玉であるマル・ドッキオは、非共鳴から共鳴になるたびに+2/+2されるカードです。マル・ドッキオが場に残れば、1ドローできる機器による設計などで共鳴と非共鳴を繰り返し、ドッキオをパワーアップさせられます。

暗雲の巫女・エネス

ドッキオと似たような効果を持つのが暗雲の巫女・エネス。攻撃されない効果を持ち、非共鳴から共鳴になるたびに全体に1ダメージ与えられます。相手によっては、エネスを除去する手段がないこともあるので、ドッキオより活躍するかもしれません。

【OOS】ローテーションのネタデッキ

続いて、十禍闘争(OOS)ローテーション環境のネタデッキを見てみましょう。アンリミよりカードが少なく、ネタデッキは作りにくいですが、ぜひチェックしてみてください。

混沌の流儀ウィッチ

混沌の流儀ウィッチ

お互いの手札のコストを、1~10のランダムに変えてしまう混沌の流儀。これをプレイして相手の動きを妨害しつつ、自分は低コストになった大型フォロワーを並べるという、運を極めたデッキです。

荒天の雷神

採用している大型フォロワーは、アクセラレートや結晶でプレイできるものが多いです。そのため、混沌をプレイするまでの動きもしっかり確保できます。コストをランダムに変える効果は、特に低コストが多い守護ビショップセッカエルフなどには有利で、環境トップに対抗するガチデッキとして使われ始めている状況です。

時空の掌握者ネメシス

時空の掌握者ネメシス

記事の冒頭でもご紹介した、時空の掌握者採用のデッキ。コストは1~10のランダムで決まり、スタッツと能力の数もコストに応じて決まるので、完全に「運ゲー」と言えます。

ネタデッキ以外での使い道はなさそうですが、2Pickでは1枚で多くの役割を持つカードとして、思わぬ活躍を見せています。2Pickでネメシスを選んで時空の掌握者が出てきたら、優先的にピックするのがおすすめです。

その他のロマンのあるカード

上記のカード以外にも、「使うのは難しいけど決まれば強い」というカードがあるのをご存知でしょうか。ここからは、ロマンカードとして有名な5枚をご紹介します。

フラム=グラス

フラム=グラス

ベーシックカードのツインプリズナー・フラムと、ツインプリズナー・グラスが場に残れば、ターン開始時に合体して現れるフラム=グラス。2体とも場に残すのが難しく、シャドバでは代表的なロマンカードです。ウィッチの次元の超越と組み合わせれば再現できるかもしれないので、ぜひ試してみましょう。

深き森の異形

深き森の異形

相手のリーダーに攻撃したら、体力を0にする=バトルに勝つという恐ろしいカードです。直近では、生命の宴から2体出るトークン・カードとして、環境トップクラスの活躍も見せていました。このカード自体は、普通にプレイしてもリーダーを殴る前に処理されてしまうので、ロマンカードに留まっています。

開闢の予言者

開闢の予言者

元のコスト1~10のカードをプレイしていれば、ターン終了時に直接召喚されるカードです。直接召喚の条件はかなり面倒ですが、20/20の圧倒的なスタッツに加えて、選択不可と破壊耐性も付いています。一度で良いから出してみたいカードですね。

スパルタクス

スパルタクス

ロイヤルでは、唯一の特殊勝利ができるカードです。普通ならデッキを40枚引き切ると、最後に死神のカードを引いて敗北しますが、スパルタクスはそれを勝利のカードに変えます。つまり、デッキを全部引いたら勝ちというデッキが組めるカードです。以前は環境トップクラスでしたが、環境が早まるにつれて特殊勝利は難しくなりました。

天窮の竜神

天窮の竜神

天窮の竜神のラストワードが発動すると、次のターンに出てくる自分のドラゴン・フォロワーが2倍のスタッツになります。実戦では、消滅されたり放置されたりして扱いにくいですが、スタッツ2倍の化け物が出てくる光景は圧巻です。

まとめ:ルムマやフリマなどで遊んでみよう

シャドバのネタデッキや、ロマンカードについて解説しました。

ネタデッキの数々は、アンリミのランクマッチで堂々と使うのもいいですが、ランク変動がないフリーマッチ・ルームマッチのほうが楽しめるでしょう。ご自身でも、ぜひオリジナルのネタデッキを考えてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783