【2021年11月】シャドバ(ローテーション)のクラス別おすすめデッキ

シャドウバースのローテーションにおいて、「好きなクラスでデッキを組みたい!」という人は多いですよね。自分が使いたいデッキを使うのが、一番ゲームを楽しめると思います。

この記事では、現環境のおすすめデッキをクラス別に紹介します。デッキの立ち回りも簡単にまとめているので、初心者の人もぜひ参考にしてください!また、デッキのパワーや安定感を基準に、Tier1Tier3のランキングも付けています。

セッカエルフ

セッカエルフ

セッカQRコード

ランキング:Tier1

フェアリーを使って立ち回り、宿命の狐火・セッカでのフィニッシュを狙うセッカエルフ。瘴気の妖精姫・アリアを進化させることがキーポイントで、疾走フォロワーも活かしたアグロムーブで攻められるのが強みです。

セッカエルフのマリガン

セッカエルフの立ち回り

アリアの有無は立ち回りに大きく影響するので、初手で引いたら必ずキープしましょう。また、フェアリーを手札に加えるギガンティックブロッサムや、貴重なドローソースであるワンダーツリーもキープ対象です。後攻ならブラストフェアリーもキープ候補。

セッカエルフの立ち回り

セッカエルフの立ち回り

アリアを進化させると、フェアリーフェアリーウィスプが突進を持ち、ラストワードでバーンダメージも出せるようになります。フェアリーで除去しつつ、相手の体力をジワジワ削れるので、アリアの進化は最優先です。

ワンダーツリー

序盤のフォロワー展開・ドローソースを担うワンダーツリー。フェアリーを融合していれば、合計で「2枚ドロー・4回複・守護付きフェアリー2体展開」という効果を発揮します。1ターン目にギガンティックブロッサムでフェアリーを回収し、2ターン目にワンダーツリーを出すのが鉄板ムーブ。

閃光のエルフ・アルバータ

アリアを中心に盤面を処理しつつ、疾走フォロワーも並べていきましょう。アルバータ妖花の捕食者などを序盤から出せれば、相手の体力をどんどん削ることができます。これらの疾走フォロワーで押し切れると、セッカを出す前に勝つこともあります。

宿命の狐火・セッカ

セッカを疾走させる条件は、「場を離れたエルフ・フォロワーが20体以上」で、九尾の決意を付与すること。上記のムーブで削り切れなければ、セッカでとどめを刺しましょう。セッカを出しては手札に戻すのを繰り返して、2枚以上の九尾の決意を回収できると、セッカの打点がさらに伸びます。

進化ロイヤル

進化ロイヤル

進化QRコード

ランキング:Tier3

アサルトナイトをはじめとした、EPを消費せずに進化できるカードが豊富なデッキ。進化回数が5回に達すると、虚無ノ哭風・グリームニルユピテルなどのフォロワーが強化され、フィニッシュにつなげることができます。

進化ロイヤルのマリガン

ビクトリーブレイダー

先攻なら、アクセラレートで撲滅の兵団長ビクトリーブレイダーをプレイし、連携数を稼いでいきましょう。後攻なら、自動進化できるアサルトナイトや、PPブーストできるラミエルなどが欲しいところ。ドローソースとしては、ムササビの伝令兵が優先度高めです。

進化ロイヤルの立ち回り

二刀の騎士

序盤はフォロワーを並べて「連携数」を稼ぎつつ、自動進化できるフォロワーを駆使していきましょう。連携7で進化する二刀の騎士や、エンハンス6で2体進化するモノクロのエンドゲームなどを使うと、上手く立ち回れます。

ユピテル

進化5回に達したら、グリームニルのバーンダメージで攻めたり、ユピテルの除去・回復で守りを固めたりします。自動進化できるカードは多いので、5回進化するのは難しくないでしょう。ただし、決定力に欠ける点は否めません。

忠義の剣士・エリカ

ロイヤルはフォロワーが多く並ぶので、連携数を稼ぎやすいのが特徴です。その特徴を活かして、忠義の剣士・エリカをフィニッシャーにする手段もあります。終盤にEPが残っていたら、進化を切ってエリカの戦技を使うことも視野に入るでしょう。

進化ウィッチ

進化ウィッチ

進化QRコード

ランキング:Tier1

フラワリングマジシャン・マリー叡智の結実などを使って、進化回数を稼ぐのが得意なデッキ。進化回数が5回になったら、アンブレラウィッチ清澄の蒼・テトラなどで、相手の体力を削りにいきます。

進化ウィッチのマリガン

心待つ機械

機械・カードを回収できる心持つ機械アイアロンの残骸はキープしましょう。叡智の結実もセットキープできれば最高です。また、低コストで自動進化できるマリーや、マリーをサーチできるマジカルシューターもキープ候補に入ります。後攻ならマイザーを持っておきましょう。

進化ウィッチの立ち回り

進化ウィッチの立ち回り

マリーはスペルと一緒にプレイして、自動進化を狙いましょう。また、心持つ機械やアイアロンの残骸から加わるリペアモードは、叡智の結実に融合するのが基本です。機械・カードを2枚融合すれば、2枚ドローと自動進化を行えます。これらのカードを駆使して、5ターン目までに5回進化できれば理想的。

カード詳細

後攻で不利な盤面になったら、マイザーを出せると強力です。進化して0コストになるラピッドファイアで、一気にフォロワーを除去しましょう。上記のマリーも一緒に出せば、進化回数を稼ぎつつ除去して、こちらの盤面も展開できます。

ディテクティブガール

進化ウィッチの強みは、ヴィンセントの進化時効果と相性が良いこと。彼を進化させると、同じスペルを3枚プレイするごとに、相手全体に3ダメージ与えられます。自身の効果で加わるジャッジメントワードや、テトラソニック・フォーなどで、効果発動を狙いましょう。

ヴィンセント

進化5回に達したら、強化されたグリームニルアンブレラウィッチなどで攻めていきます。進化7回なら、ギルド会議で全体を+2/+2できるのも強力です。決定力と回復力にも優れており、終盤はかなり安定感があります。

自然ドラゴン

自然ドラゴン

自然QRコード

ランキング:Tier2

自然・カードを活かしたPPブーストを軸に、疾走やバーンダメージで攻め立てるデッキ。竜槍の戦士・ローウェンなどのダメージソースをはじめ、母なる慈愛などの除去・回復カードもあり、比較的安定したバトルができます。

自然ドラゴンのマリガン

ナテラの未来

初手はナテラの未来を優先してキープし、ナテラの大樹を場に出せるようにしましょう。ナテラの大樹があることで効果を発揮する、未知との遭遇勇躍の獣人・ジーナもキープできれば強力です。PPブーストをするために、竜の託宣も確保しておきます。

自然ドラゴンの立ち回り

勇躍の獣人・ジーナ

ジーナは条件を満たすと、PPブーストしながら突進を持つのが強みです。序盤でナテラの大樹を回収できれば、ジーナの効果をフルに活かせるでしょう。他にも竜の託宣や、殺竜騎士・ロイなどがPPブーストに役立ちます。

殺竜騎士・ロイ

PPブーストを進めたら、エンハンス8で疾走を持つロイや、覚醒状態で疾走を持つ烈覇のアルチザン・レジーなどで攻めましょう。また、ゲオルギウスローウェンなど、バーンダメージを与えるフォロワーも豊富です。

竜槍の戦士・ローウェン

ローウェンの黒龍の呪いは手札に持っておくことで、相手にランダムで2ダメージ与えます。また、エンハンス5で出る竜殺しの槍は、自分が与えるダメージを1上げるアミュレット。疾走やバーンダメージの打点を伸ばして、フィニッシュを早められるのが強みです。

母なる慈愛

不利な状況ならティアマト・マグナ母なる慈愛を活かして、除去・回復を行います。終盤で使い道がない自然・カードは、母なる慈愛に融合しましょう。ゲオルギウスやロイは全体除去もできるので、体力3以下の小型フォロワーなら処理しやすいです。

狂乱ヴァンプ

狂乱ヴァンプ

狂乱QRコード

ランキング:Tier2

自分のリーダーへのダメージ(自傷)を繰り返し、自傷7回の狂乱状態で戦うデッキ。終幕の吸血鬼・ユリアスを軸に、悪魔の令嬢ゼノ・ディアボロスなど、狂乱状態で強化されるカードを駆使してフィニッシュを狙います。

狂乱ヴァンプのマリガン

ダークオーダー

まずはドローソースとして、ダークオーダー蹂躙のデーモンなどをキープします。また、ユリアスの有無は立ち回りに大きく関わるので、初手でキープしても良いでしょう。後攻なら闘志の人狼悪魔の令嬢など、突進+自傷できるカードもキープ対象です。

狂乱ヴァンプの立ち回り

デコレーションデビル

序盤はデコレーションデビルやダークオーダーなど、自傷できるカードで狂乱状態を目指します。4ターン目までに狂乱に入るのが理想です。狂乱に入ったターンの終了時、デッキ内に煉獄のダークナイトがあれば直接召喚され、盤面を強化できます。

ユリアス

ユリアスはテラーナイトで手札を3枚捨てる代わりに、3枚の強力なスペルを手札に加えます。それぞれが重要な役割を持つので、なるべく早くユリアスを進化させて、3枚のスペルをプレイするよう心がけましょう。

ゼノ・ディアボロス

フィニッシュとして強力なのは、ゼノ・ディアボロスのラストワードを発動させること。相手全体に最大12ダメージですが、ユリアスのブラッディネイルも発動していれば、さらに打点を伸ばせます。また、2枚目のテラーナイトでゼノディアごと破壊して、盤面を一掃するムーブも強いです。

夜天の吸血鬼

勝負がもつれて10PPが見えてきたら、夜天の吸血鬼によるフィニッシュも視野に入ります。ファンファーレで加わる闇喰らいの蝙蝠は、「バトル中の自傷回数」と同じダメージを与えるカードです。自傷回数は多ければ20回ほど稼げるので、ほぼ確実にフィニッシュが決まるでしょう。

機械ネクロ

機械ネクロ

機械QRコード

ランキング:Tier3

創出の紫紺・エンネアを中心に、機械・フォロワーを並べて戦うデッキ。マンマル2号なども使って盤面を固め、最後は禁絶の一撃でフィニッシュを決めるのが理想です。決定力を高めるために、他にも疾走フォロワーを採用しています。

機械ネクロのマリガン

エンネア

数ある機械・カードの中でも、エンネアは最優先でキープしましょう。序盤~中盤のフォロワー展開に役立つので、先攻でも後攻でも強く立ち回れます。他にはアイアロンの残骸ボーンフリークなど、序盤に使いやすいカードがキープ候補です。

機械ネクロの立ち回り

マンマル2号

エンネアは直接プレイするだけでなく、他のカードの効果で場に出せるのも強みです。マンマル2号でデッキから場に出したり、金鉱のネクロマンサーのリアニメイト3で場に出したりもできます。エンネアを上手く使いながら、盤面を作っていきましょう。

永続の機構・ニコラ

「破壊された機械・カードが7枚以上」なら、永続の機構・ニコラから禁絶の一撃が手札に加わります。ネクロマンス20で10ダメージ出せるので、フィニッシャーとして期待できるカードです。また、ニコラ自身は条件を満たせば突進+必殺を持ちます。

スケルトンレイダー

その他には、スケルトンレイダーもフィニッシャー候補です。規律の後継などを活かせば、進化回数を稼いでスケルトンレイダーのコストを減らせます。ネクロマンス10で強化されるネクロインパルスも有効ですが、禁絶の一撃との兼ね合いが難しいです。

アミュレットビショップ

アミュレットビショップ

アミュレットQRコード

ランキング:Tier3

アミュレットを破壊することで、除去やフォロワー展開を行うデッキ。メルティングシュガー・セリーナフリッグによる上振れが強く、処理が難しい盤面を押し付けることができます。

アミュレットビショップのマリガン

星界の艇人

明光の翼人密かなる代行者など、ドローできるアミュレットを中心にキープしておきましょう。また、詠唱:天からの助け星界の艇人・ノアなど、フォロワーを展開できるアミュレットもキープ候補です。

アミュレットビショップの立ち回り

ダーティプリースト

序盤は結晶プレイできるカードを中心に、アミュレットを並べていきます。除去カードとしてはダーティプリースト、フォロワーの展開はリボルバーイーグルや、風を呼ぶ翼人なども重宝されます。カウントを進めるカースメイデンなども活用しましょう。

セリーナ

アミュレットが場に並んだら、セリーナが効果を発揮します。特にアミュレットが4つ並んでいたら、すべてのカウントを4進めるという強力な効果です。これを活かしてアミュレットを破壊し、大量のフォロワーを並べるのが上振れムーブの一つ。

フリッグ

さらなる上振れとして、フリッグでアミュレットを破壊するムーブもあります。破壊するアミュレットは完全ランダムですが、ここで大量のフォロワーを展開できれば、強力な盤面を作れるでしょう。ただし、セリーナもフリッグも安定感に欠けるのが難点です。

機械ネメシス

機械ネメシス

機械QRコード

ランキング:Tier1

除去や回復で粘りながら戦い、極致の創造主・ベルフォメットなどの大型フォロワーで勝利を狙うデッキ。制圧力に長けたベルフォメットや、疾走を持つアブソリュート・トレランスなど、強力なフィニッシャーが揃っています。

機械ネメシスのマリガン

極致の創造主・ベルフォメット

キーカードとなるベルフォメットは序盤からキープし、機械・カードを融合しましょう。融合素材を生み出すために、アイアロンの残骸機械兵もキープ対象になります。また、トレランスはコストを減らすために、初手でキープするのもおすすめです。後攻ならラミエルを優先キープ。

機械ネメシスの立ち回り

機械ネメシスの立ち回り

アイアロンの残骸と機械兵は、ラストワードでリペアモードプロダクトマシーンを手札に加えます。これらのカードは、ベルフォメットに融合するようにしましょう。融合した回数が2,4回目なら遮断の触手(守護)、3、5回目なら蹂躙の触手(疾走)が場に出ます。

ティシポネー

ベルフォメットに融合したカードが2枚以上なら、ティシポネー・アレークト・メガイラの3体を展開します。アレークトの+2/+2込みで、総スタッツは27/40。さらに「3枚ドロー・体力6回復・EP1回複」と効果を発揮するので、もし盤面を返されても戦えます。

ラミエル

後攻になったら、ラミエルでPPブーストするのが強力です。条件を満たせばPP最大値を1増やせるので、後攻でも相手より早く9PPに達し、ベルフォメットをプレイできます。機械ネメシスは終盤が勝負なので、ラミエルの存在はかなり大きいです。

アブソリュート・トレランス

トレランスのコストは、「自分のターン中にフォロワーが与えたダメージ」の数だけ、自分のターン開始時に減少します。オーバーヒートデーモンなどを使って、効率的にトレランスのコストを減らしましょう。上手くいけば、ベルフォメットが出る前にトレランスで勝てることもあります。

災禍を超えし者(DOC)環境の流れ

2021年9月から、第22弾パック「災禍を超えし者」の新環境が始まりました。ここからは、11月中旬までの環境を振り返りつつ、現在のローテーションについて詳しく解説していきます。

環境初期

環境初期

夜天の吸血鬼悪魔の令嬢など、ヴァンプの新カードが優秀だったことで、リリース当初は「狂乱ヴァンプ」が台頭しました。それから程なくして、疾走フォロワーで攻める「連携ロイヤル」や、フォロワー展開+バーンダメージの「スペルウィッチ」がTier1に。前環境から強かった「ラストワードネクロ」も出てきました。

そこから調整が入るまでは、ほとんどロイヤル・ウィッチ・ネクロの3強となります。「狂乱ヴァンプ」や「アーティファクトネメシス」なども有力でしたが、Tier1デッキほどのパワーがなく、厳しい状況でした。

10/28のアッパー・ナーフ

そんな環境を一新すべく、10/28に全クラスへの調整が入りました。ナーフされたのはウィッチ・ロイヤル・ネクロ・ヴァンプ、アッパーされたのはエルフ・ドラゴン・ビショップ・ネメシスです。

ロイヤルは、光耀の標・ミストリナ&ベイリオンがコスト6→7に。アグロプランで攻めるロイヤルにとっては、大きな痛手でした。また、ウィッチは究明の魔術師・イザベルのトークン・スペルが弱体化。コストが1上がり、アルティメット・マジックの条件も8種類になり、実用性はかなり落ちています。

ネクロは常闇の花嫁・セレスインモラルディザイアが弱体化。インモラルディザイア付与→攻撃力上昇→ラストワード発動がフィニッシュムーブでしたが、ほぼ機能しなくなりました。ヴァンプは夜天の吸血鬼がナーフされ、アグロで攻めるのが難しくなっています。

夜天の吸血鬼は「アンリミ向けの調整」とも考えられますが、実際に使ってみると、ローテへの影響もないとはいえません。

その他4クラスには、コストの減少や能力の追加などが行われました。特にエルフとドラゴンは、使い道の少なかったカードが日の目を浴び、上位層でも使われるようになりました。

アッパー・ナーフ後の環境

アッパー・ナーフ後の環境

ナーフを受けたロイヤルやネクロに代わって、アッパーの恩恵を受けた「セッカエルフ」や「自然ドラゴン」がトップに躍り出ました。他にも、イザベルを採用していない「進化ウィッチ」や、ナーフの影響が比較的少ない「狂乱ヴァンプ」も有力でした。

また、バトルの展開が遅くなったことで、「機械ネメシス」のようなコントロールデッキも台頭。妄想少女A・ルナールを採用した「人形ネメシス」、フリッグを採用した「アミュレットビショップ」なども出てきます。そんな中、RAGE 2021 Winterのグランドファイナルズでは、3クラスしか見られませんでした。

ファイナリスト使用デッキ

上の画像は、RAGEファイナリストの使用デッキです。セッカ軸ラティカ軸機械軸アーティファクト軸の違いはあれど、エルフ・ウィッチ・ネメシスの3強でした。ドラゴンやヴァンプは勢力を落としましたが、ランクマでも戦えるパワーは十分あります。

しかし、今のところ安定感があるのは、「セッカエルフ」「進化ウィッチ」「機械ネメシス」の3つでしょう。11/18のアディショナルカード次第では、また新しいデッキが出てくるかもしれません。今後のローテ環境にも注目したいところです。

まとめ

tier1:セッカエルフ・進化ウィッチ・機械ネメシス

tier2:ラティカエルフ・自然ドラゴン・狂乱ヴァンプ・アーティファクトネメシス

tier3:進化ロイヤル・機械ネクロ・アミュレットビショップなど

クラスごとのおすすめデッキを紹介してきました。強いデッキを使ったり、自分の好きなクラスにこだわったり、楽しみ方は人それぞれです。ぜひ自分が納得のいくデッキを組んで、シャドバを楽しんでいきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783