【2021】シャドウバースの「プレミアムオーブ」とは?おすすめの使い方と入手方法

シャドウバースのプレミアムオーブ

シャドバで手に入るアイテムの一つに「プレミアムオーブ」がありますよね。プレミアムオーブはどこで手に入るのか、またどうやって使えば良いのかわからない人も多いかと思います。

プレミアムオーブを使ってみたい人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

プレミアムオーブとは

プレミアムオーブとは

プレミアムオーブは、通常のカードをプレミアムカードにするためのアイテムです。テンポラリーカードやベーシックカードには使えません。

▼通常

通常のカード

▼プレミアム

プレミアム

プレミアムになるとカードの文字が金色になり、イラストもキラキラと動くのが特徴。通常のイラストも素晴らしいですが、さらに美麗なものへと変わります。

また、プレミアムは通常に比べて、分解したときのレッドエーテルが多いです。その個数はレアリティによって違うので、以下にまとめてみました。

  • ブロンズ:10エーテル→30エーテル
  • シルバー:50エーテル→120エーテル
  • ゴールド:250エーテル→600エーテル
  • レジェンド:1000エーテル→2500エーテル

だいたい2.5倍~3倍ほど増えることがわかりますね。

プレミアムオーブの入手方法

そんなプレミアムオーブですが、シャドバの中では手に入りにくい部類のアイテムです。ではどのように入手すれば良いのか、その方法は主に4つあります。

レッドエーテルで購入する

レッドエーテルで購入する

まずはエーテルを使って購入すること。ゲーム内ショップの「サプライ購入」から「アイテム購入」に移ると、プレミアムオーブが販売されています。

プレミアムオーブ

プレミアムオーブの販売

オーブ1個につき30000エーテル必要ですが、最初の1回だけは5000エーテルで購入できます。ただし、エーテルはカードの生成に使うことが多いので、余裕があればオーブに使ってみましょう。またエーテルで購入できるオーブの数は、月に11個までと決められています。

「オーブの欠片」を使う

オーブの欠片

エーテル以外に「オーブの欠片」と交換する方法もあります。オーブの欠片は5個集めると1個のオーブに変換できます。エーテルを消費せずにオーブを入手できるので、欠片が5個集まったらショップに行ってみましょう。

エーテル以外に「オーブの欠片」と交換する方法

オーブの欠片は、主にグランプリの報酬として手に入ります。ラウンド1,2の報酬はオーブの欠片やルピなどの中から、ランダムで選ばれるアイテムです。4勝するとAグループに進み、より豪華な報酬が出やすくなります。

そして、Aグループ決勝まで行くと、2勝以上でオーブの欠片が確定します。もらえる欠片の数は2勝すると1個、3勝すると2個、4勝すると3個です。5勝(全勝)したら欠片ではなく、オーブそのものが1個手に入ります。グランプリは月に1回ほどあるので、ぜひ挑戦してみましょう。

「プレミアムパス」を購入する

「プレミアムパス」を購入する

現在のシャドバでは、シーズンごとにバトルパスが更新されます。バトルパスとは、バトルやミッションなどでポイントが貯まり、500ポイント貯まるとレベルが1上がる制度です。

バトルパスの種類はノーマルパスとプレミアムパスの2つ。プレミアムパスは有料ですが、購入特典でオーブ1個がもらえます。またレベルアップ報酬の中にも、オーブ1個やオーブの欠片が含まれています。

プレミアムパスでレベル100に到達すれば、報酬はオーブ2個です。それ以外にもさまざまな報酬があるので、余裕のある人は購入してみてください。クリスタル1000個で買えます。

昇格・ランキング報酬でもらう

昇格・ランキング報酬でもらう

上位層に限られますが、ランクマッチでもオーブがもらえます。ローテ・アンリミ共通で、「グランドマスター3」の昇格報酬はオーブ2個です。ただしグラマス3には40000MP必要なので、非常に長い道のりです。グラマス3まで行ってオーブ2個だけなのは、少し残念な気もしますね。

また1ヶ月ごとのMPランキングで1000位以内に入ると、オーブ1個やレッドエーテル5000個などがもらえます。こちらもローテ・アンリミ共通です。1000位以内となるとグラマス到達は必須ですが、目指してみる価値はあります。

その他キャンペーンで配布されることもある

その他キャンペーンで配布されることもある 

上記以外にも、何らかのキャンペーンでオーブがもらえることもあります。過去にはシャドバの公式番組「しゃどばすチャンネル」内のイベントで配布されたり、唐突に「暑中お見舞い」としてオーブ3個が配布されたりもしました。

本来は30000エーテル必要なオーブを無料で配るのは、かなりの太っ腹と言えます。もし今後もオーブが配布されたら、ありがたく使わせてもらいましょう。

プレミアムオーブの使用方法

ここからは手に入れたオーブを、実際に使う方法を紹介していきます。意外とわかりにくいのでぜひ参考にしてみてください。

「カード一覧」を開く

「カード一覧」を開く

まずはカード一覧を開いて、プレミアムにしたいカードを探します。大量のカードが出てくると思われるので、名前検索などを活かして探しましょう。

カード一覧

プレミアムにしたい通常カードを見つけたら、それをタップして開きます。

プレミアムにしたいカードを開く

プレミアムにしたいカードを開く

カードを開いたら、詳細画面が出てきます。ここでプレミアムオーブを使うには、分解ボタンの隣にある黄色のボタンを押してください。

プレミアムカード生成

すると、プレミアムオーブを消費するか聞かれるので、問題なければ「生成する」をタップしましょう。

カード詳細

これで通常カードが1枚減って、プレミアムカードが1枚完成しました。「同じカードを3枚とも光らせたい」という場合は、3回ずつ同じことをやります。

プレミアムオーブの所持数はここで確認!

「プレミアムオーブを何個持っているのかわからない」という人も多いですよね。実はシャドバには「所持アイテム一覧」のような項目がありません。カードパックチケットの枚数などは確認できますが、オーブの個数は表示されません。

そのため、オーブの所持数はオーブを使うときに確認しましょう。オーブを使うときに表示される画面で、自分がオーブを何個持っているのかがわかります。

プレミアムオーブの所持数

また、オーブの欠片の所持数はショップで確認しましょう。ショップではオーブの欠片が使えるので、確認用として表示されています。

オーブの欠片の所持数はショップで確認

このように、オーブの所持数を確認するには、実際にオーブを使うところまで行かないといけません。

プレミアムオーブの使い先

もしオーブが手に入っても、大事なオーブをどのカードに使うか迷ってしまいますよね。ここからは、どんなカードをプレミアムにするか、参考として紹介していきます。

自分の好きなカードに使う

自分の好きなカードに使う

一番おすすめなのは、自分の好きなカードに使うこと。シャドバは魅力的なカードが多いので、あなたにもお気に入りの1枚があるかと思います。もし好きなカードがあれば、惜しまずにオーブを投入してみましょう。

筆者は「カースドクイーン・ナハト・ナハト」が好きで、バトルで使うかどうかに関係なく、オーブを3個つぎ込みました。好きなカードを光らせれば観賞用としても楽しめます。また、リーダースキン付きのカードは大変レアなので、記念にオーブを使うのも良いでしょう。

アンリミでも強いカードに使う

アンリミでも強いカードに使う

せっかく好きなカードを光らせても、いずれローテーションでは使えなくなってしまいます。バトルで使うことを重視するなら、アンリミでも強いカードを光らせるのがおすすめです。

例えば、エルフの「開拓のロデオガイ・ロキサス」や、ウィッチの「究明の魔術師・イザベル」など。ローテで活躍しながら、アンリミでも使われるレジェンドカードもあります。このように、とにかく強いカードを光らせるのも一つの手です。

デザインが特徴的なカードに使う

光り方に特徴があるプレミアムカードもあります。特にユニークなのが、キャラがまばたきをしているカード。まるでカードの中で生きているようなデザインです。

▼まばたきをする「神秘の番人・スピネ」

▼まばたきをする「神秘の番人・スピネ」

▼まばたきをする「栄光の華・エレノア」

▼まばたきをする「栄光の華・エレノア」

他にも、炎が燃え上がるデザインや疾走感あふれるデザインなど、それぞれ個性的な光り方をしています。

適当なカードに使って分解する

適当なカードに使って分解する

特に好きなカードや思い入れのあるカードが無ければ、いらないレジェンドにオーブを使って分解するという手もあります。プレミアムカードは紹介した通り、分解したときのエーテルが通常よりも多いです。レジェンドは通常1000エーテルですが、プレミアムなら2500エーテルもらえます。

「別にプレミアムカードはいらない」という人は、この方法をとっても良いでしょう。しかしせっかくのオーブなので、お気に入りのカードを光らせて保存するほうがおすすめです。いいモチベーションにもなるので、ぜひ検討してみてください。

プレミアムオーブが使われたカードランキング

シャドバの公式番組「しゃどばすチャンネル」では、新パックが出る直前に「オーブが使われたカード」のランキングを発表しています。自分以外のユーザーはどれにオーブを使っているのか、参考になるでしょう。

今回は、2021年10月現在の直近3パックから、オーブが使われたカードランキングを紹介していきます。

リナセント・クロニクル

リナセント・クロニクル

  • 1位:万緑の回帰・ラティカ
  • 2位:創出の紫紺・エンネア
  • 3位:悠久の真紅・モノ
  • 4位:清澄の蒼・テトラ
  • 5位:極致の創造主・ベルフォメット
  • 6位:粛清の器・メイシア
  • 7位:光耀の標・ミストリナ&ベイリオン
  • 8位:栄光の華・エレノア(絵違いver.)
  • 9位:極致の創造主・ベルフォメット(絵違いver.)
  • 10位:栄光の華・エレノア

1位のラティカは、独特な言葉づかいと可愛らしい見た目が特徴のキャラ。人気投票でもエルフの1位に輝き、「レヴィールの旋風」でリーダースキンとして収録されました。他にも、エンネア・テトラ・モノの機械三姉妹や、ベルフォメット、メイシアなど、メインストーリーで活躍したキャラがランクインしています。

暗黒のウェルサ

宿命の狐火・セッカ

  • 1位:宿命の狐火・セッカ
  • 2位:雷滅卿・アルベール
  • 3位:瘴気の妖精姫・アリア
  • 4位:終末の番人・スピネ
  • 5位:マナリアクイーン・アン
  • 6位:常闇の花嫁・セレス
  • 7位:覇道の君臨者・フォルテ
  • 8位:クリムゾンウォー・ラウラ
  • 9位:永劫の吸血鬼・アルザード
  • 10位:絶望の聖女・ジャンヌ

1位のセッカは、メインストーリー「暗黒世界編」に登場する可愛いキャラ。こちらも人気投票でエルフの1位となり、「災禍を超えし者」でリーダースキンとして収録されました。2位以下にはアルベール、アリア、スピネなど、闇落ちした人気キャラたちがランクインしています。

十天覚醒

十天覚醒

  • 1位:未来への飛翔
  • 2位:天星剣皇・シエテ
  • 3位:始祖の竜・バハムート
  • 4位:魔眼の狩人・ソーン
  • 5位:神狼・シス
  • 6位:神魚・ディズレスタン
  • 7位:刀神・オクトー
  • 8位:繊細の魔奏者・ニオ
  • 9位:魔弾の射手・エッセル
  • 10位:閃耀の双剣・カトル

1位の「未来への飛翔」は、グラブルの主人公であるグランジータが描かれたニュートラルカード。グラブルコラボのパックなだけあって、1位にふさわしいカードと言えます。2位以下にもシエテ、ソーン、バハムートなど、グラブルに登場する人気キャラたちが名を連ねています。

まとめると、10位以内に入るカードは全部レジェンドで、カードの能力も高いことが分かります。プレミア感や実用性を考えても、レジェンドにオーブを使うのがベストと言えます。

プレミアムカードが当たる確率

プレミアムカードが当たる確率

プレミアムカードはオーブを使えば確実に手に入りますが、カードパック(ガチャ)で当たることもあります。ここからはカードパックでの確率を見ていきましょう。

まず、前提として1パックに8枚入っており、その中で1枚はシルバー以上確定です。つまり、1パックで当たるカードの確率は、7枚と1枚(シルバー以上枠)に分けて考えられます。まずは、通常7枚の確率から見ていきましょう。

▼通常7枚の確率

左の数字が通常、右の数字がプレミアムの確率です。

  • ブロンズ:67.50%/5.40%
  • シルバー:25.00%/2.00%
  • ゴールド:6.00%/0.48%
  • レジェンド:1.50%/0.12%

▼シルバー以上1枚の確率

  • シルバー:92.50%/7.40%
  • ゴールド:6.00%/0.48%
  • レジェンド:1.50%/0.12%

プレミアムの確率を合計すると、ちょうど8%になります。その中でレジェンドのプレミアムが当たる確率は、なんと1.50%。約833枚に1枚、90パック開けて1枚当たるくらいの確率です。お目当てのプレミアムを狙って当てるのは、かなり難しいですね。

プレミアムの確率は低いので、当たればラッキーくらいに考えましょう。

まとめ

プレミアムオーブは手に入りにくいですが、好きなカードを特別な1枚に変えられるアイテムです。お気に入りのカードに使うも良し、デッキのメインカードに使うも良し、適当なカードに使って分解するのも良いでしょう。

ぜひグランプリやランクマッチなどを頑張って、報酬としてプレミアムオーブを手に入れてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783