【2021】PC版シャドウバースはおすすめ?スマホ版との連携方法は?

シャドバのPC版

シャドウバースのプレイ環境は、大きく分けて「PC」と「スマホ」の2種類があります。スマホでプレイする人も多いですが、PCの綺麗なグラフィックでプレイしたい人も多いのではないでしょうか?

今回は、PC版シャドウバースの始め方や、スマホ版とPC版の連携方法も紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

PC版シャドウバースとは

PC版シャドウバースとは

「本格スマホe-sports」として有名なシャドウバース。スマホのカードゲームというイメージが強いですが、PC版も配信されています。特にシャドバのプロリーグ「RAGE」では、PCを使って試合をすることがほとんどです。

PC版のプラットフォームは、「Steam」と「DMM」の2種類です。DMM版は2016年8月22日にサービス開始し、約2ヶ月後の2016年10月28日にSteam版もサービスが始まりました。PCさえあれば、スマホと同じようにシャドバを楽しめます。

PCでシャドウバースを始める方法

PC版シャドウバースは「Steam」と「DMM」、どちらでも簡単に始められます。それぞれのプラットフォームで、ゲームを始める方法を見ていきましょう。

Steamでダウンロード

Steamでダウンロード

Steamとは月間1億人以上が利用している、オンラインゲームのプラットフォームです。まずはSteamのサイトで会員登録を行い、Steam本体をインストールしましょう。登録とインストールは無料で行えます。

Steamストアページから今すぐゲームスタートをクリックします。

「Steamストアページから今すぐゲームスタート」

②画面右上の「ログイン」をクリックします。すでにアカウントを持っているならログインし、持っていなければ登録しましょう。

画面右上の「ログイン」をクリック

③Steam本体を持っていなければ、「Steam をインストール」をクリックして、PCにSteamを入れましょう。

「Steam をインストール」をクリック

④次はシャドウバースをダウンロードしましょう。ゲーム紹介ページの「ゲームをプレイ」をクリックします。

ゲーム紹介ページの「ゲームをプレイ」をクリック

「はい、Steamはインストールされています」をクリックします。最後に確認ウィンドウで「次へ」をクリックしたら、ダウンロードが始まります。

「はい、Steamはインストールされています」をクリック

するとSteamのライブラリにシャドバが入っているので、起動させればゲームを始められます。

DMMでダウンロード

DMM GAMES

正式名称はDMM GAMES、こちらもオンラインゲームのプラットフォームです。まずはDMMの会員登録を済ませましょう。Steamと同じく無料で登録できて、TwitterやGoogleのアカウントと連携させることもできます。

①「今すぐゲームスタート」の下の黄色いボタンをクリックして、会員登録に進みます。登録を済ませたら今すぐゲームスタートをクリックします。

「今すぐゲームスタート」

②ゲームをプレイするには、DMM GAME PLAYERが必要です。「Windows版」「Mac版」を選んでインストールしましょう。

DMM GAME PLAYER

③DMM GAME PLAYERがインストールできたら、今度は「今すぐプレイ!」をクリックします。最後にダウンロードするか聞かれるので、「OK」をクリックしましょう。

すると、PCのファイルにシャドバが入っているので、起動させればゲームを始められます。

SteamとDMMの違い

Steam icon

2つのプラットフォームがあるので、どちらで始めればいいのか気になりますよね。結論をお伝えすると、どちらかといえばSteamのほうがおすすめです。Steamはゲームの起動やデータダウンロードにかかる時間が短いので、ストレスなくゲームを楽しめるでしょう。ただし、それ以外の点では大きな違いはありません。

◆Steam版の歴史

サービス開始はDMMのほうが先でしたが、あとから始まったSteamのほうが快適にプレイできました。ただし、DMMのシャドバも改善されてきたので、プレイ自体はどちらでも問題なくできます。

また、Steamの裏ワザとして、アメリカドルで課金するというものもありました。円高のときは「ドル」を使ったほうがお得だからです。しかし、この決済方法は使えなくなり、日本からは「円」でしかコンテンツを購入できないようになりました。

◆DMM版の歴史

「DMMのシャドバは重い」という声もありましたが、今は上記の通りに改善されています。グラフィックの解像度もSteamと変わらないので、スムーズに高画質なシャドバを楽しめます。

また、以前はDMM限定でポイントバックキャンペーンも行われていました。DMMのシャドバでクリスタルを購入すると、DMMで使える電子マネー(DMMポイント)が10%還元されるというものです。

しかし、このキャンペーンは2017年8月に行われた一度だけで、それ以降は開催されていません。

「強いて言えばSteam」というだけで、以前からDMMを利用している人なら、そちらでプレイしても問題ありません。SteamとDMMが分かれているのは、新規プレイヤーの入り口を増やすことが一番の理由と考えられます。

スマホ版との連携方法(データ引き継ぎ)

「スマホでシャドバをやっているけれど、PCでもプレイしたい」という人も多いですよね。ここからは、スマホ版からPC版にデータを引き継ぎ、アカウントを連携する方法をご紹介します。スマホを機種変更するときも同じやり方なので、ぜひ覚えておきましょう。

①スマホとPCを用意する

まずはシャドバのデータが入っているスマホと、新たにシャドバをダウンロードしたPCを用意してください。

②スマホ版で連携パスワードを設定する

シャドウバースを起動してメニュー画面が出たら、右下の「その他」をタップします。その中に「データ連携」という項目があるので、タップしてください。

シャドウバースを起動してメニュー画面が出たら、右下の「その他」をタップ

「データ連携」という項目があるので、タップ

「データ連携する」を選んだら、下の「連携パスワードを設定する」をタップします。

連携パスワードを設定する

データを連携するときは、ここで設定したパスワードが必須となります。不安な人はメモを取っておくことをおすすめします。

③PC版でユーザーIDと連携パスワードを入力する

次はPCにダウンロードした初期状態のシャドバを開きます。すると、画面左上に「データ連携」とあるので、クリックしてください。

画面左上に「データ連携」とあるので、クリック

「データ連携する」を選んだら、「ユーザーIDと連携パスワードを入力して連携する」をクリックします。

「ユーザーIDと連携パスワードを入力して連携する」をクリック

ちなみに、ユーザーIDとは、一人ひとりのユーザーが持つ9桁の番号です。ゲームの起動画面やプロフィールから確認できます。データ乗っ取りの危険性があるので、むやみにIDをネットに載せたりすることは控えましょう。

IDとパスワードを入力したら、自分のプレイヤー名と現在のランクが表示されます。間違いなければ「連携する」をクリックしましょう。その後はゲームが再起動され、連携されたデータでプレイできます。

データを連携するときの疑問

データを連携するときの疑問

ここからはスマホとPCでシャドバをやる際に、ありがちな疑問を3つご紹介します。

1つのアカウントを複数端末で共有できる?

まず、1つのアカウントを共有することについては問題ありません。スマホ版のデータをPC版に連携させた後も、スマホ版をプレイすることはできます。

外出先でプレイするときはスマホで、家でゆっくりプレイするときはPCと分けても良いでしょう。連携はスマホとiPad、PCとiPadなどの組み合わせでもできますが、SteamとDMMでは連携できない点には注意してください。

複数のアカウントを作ることはできる?

シャドバで複数のアカウント(サブ垢)を作ることは、利用規約で禁止されています。利用規約の第十二条、2番の(16)より「当社の承認を得ずに、複数のアカウントを保有し、またはアカウントを複数人で共有する行為」は禁止とあります。サブ垢を作って2pick専用にしたり、「ルームマッチで100万円」に応募したりする人もいますが、利用規約によればNGです。

サブ垢は作ろうと思えば作れますが、もしバレたら処罰されても文句は言えません。禁止行為をすることは控えましょう。

クリスタルの共有はできる?

アカウントの共有はできますが、クリスタルは共有できません。たとえば、App Storeで買ったものとSteamで買ったもの、同じクリスタルでも扱いは違います。

そのため、スマホ版にはクリスタルが残るものの、連携したPC版ではクリスタルが0になります。スマホで買った分のクリスタルは、スマホでしか消費できないということです。

スマホ版とPC版のどちらが良い?

SteamとDMMの違いはご紹介しましたが、スマホ版とPC版ではどんな差があるのでしょうか?それぞれの特色を見ていきます。

スマホ版は「リンクスメイト」に契約するとお得

スマホはどこでも手軽に遊べるだけでなく、実はLinksMate(リンクスメイト)のSIMに契約すると、特別なサービスを受けられます。

リンクスメイトとは、さまざまなゲームと連携しているSIMサービスです。主にCygamesのゲームが対象となっています。シャドウバースと連携すると、「プレミアムオーブ3個」「しゃどばすチャンネルのスリーブ」などを獲得できます。

また、プランに応じて「レッドエーテル」がもらえたり、毎月貯まる「スター」を使ってプレミアムのレジェンドカードが貰えたり、非常にお得です。レジェンドカードは最新カードも含めて、一度に3枚好きなものを選べます。

もちろんスマホのSIM契約という大事なことなので、利用するかどうかは人それぞれです。スマホならではのメリットとして、ぜひ頭に入れてみてください。

PC版はグラフィックが綺麗&動作が快適

PC版はグラフィックが綺麗&動作が快適

PCなら高い解像度で、フルスクリーンで遊ぶことができます。

最近はスマホ版も60fpsに対応していますが、やはりPC版のグラフィックは格別です。バトルの演出やカードのデザインなど、「こんなに凝っているんだ」と驚くかもしれません。またPCのスペックにもよりますが、動作もサクサクとしているので、ストレスなくプレイできます。

また、プレイ中に突然ゲームが落ちたりしないこともメリットの一つです。スマホでゲームをやっていると、容量がいっぱいで電源が突然落ちてしまうことがありますよね。それでバトルに負けてしまったら、非常にもったいないです。しかし、PCならそのようなトラブルは起こりません。

DMMからSteamに移行する方法

DMMからSteamに移行する方法

この記事を読んで「DMMでプレイしていたけど、Steamに行きたくなった」という人もいるかもしれません。DMMからSteamに移行するときも、手順は同じです。連携パスワードを設定して、データを連携すれば問題なくプレイできます。

ただし、DMMとSteamでアカウント共有はできないので、移行したらDMM版はアンインストールしないといけません。また、完全にプラットフォームを変えるため、クリスタルの引き継ぎができません。もしクリスタルが残っていたら、移行する前にDMMで使い切ってしまいましょう。

アカウント連携の方法(バックアップ)

アカウント連携の方法(バックアップ)

シャドバでは、万が一データを紛失したときのために、データ連携とは別にアカウント連携もしておくのがおすすめです。もしデータがなくなっても連携したアカウントでログインすれば、元通りのデータでゲームを再開できます。また、アカウント連携するだけで、クラシックカードパックのチケットを3枚もらえます。

連携方法を選ぶ

◆Apple

「Sign in with Apple」を選択すると、Appleのログイン画面が表示されます。ここでは指紋認証するだけでOKです。そのまま進んでいくと連携するかどうか問われるので、「連携する」を選択しましょう。これだけでシャドバのデータをバックアップできます。

◆Facebook

「Facebook」の青いロゴを選択すると、Facebookのログイン画面が出てきます。メールアドレスとパスワードを入力してログインしたら、次は連携するかどうか問われます。これで「連携する」を選択すれば作業完了です。iPhone以外でプレイしていて、Facebookを使っているならこちらでバックアップしましょう.

また、iPhoneの連携方法として「Game Center」もありましたが、こちらは2021年9月末をもって終了します。Game Centerでアカウント連携している人は解除して、AppleやFacebookで連携し直すのがおすすめです。

なお、PCではアカウント連携することができません。すでにDMMやSteamのアカウントと連携しているので、自分で紐づける必要がなくなります。

まとめ

PC版シャドウバースの始め方やデータ連携、PC版の魅力などについてご紹介しました。

シャドバはスマホで手軽にやるのも良いですが、PCで一味違ったプレイを楽しむのもおすすめです。PCを持っている人は、ぜひSteamやDMMでシャドバを始めてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783