クリスマスだってLOLを見たい?!~韓国KeSPA-CUP~

世の中はクリスマス真っ只中、皆様いかがお過ごしですか・・・?
日本のクリスマスはケーキだ、チキンだ、カップルだ!かもしれませんが
Eスポーツの本場韓国ではそんなこともありません。(勝手な憶測)
そう、クリスマスだって熱く、熱~いLOLの大会がしっかりと繰り広げられているのです。
その名も☆KeSPA CUP2018☆
詳細についてはコチラから。※下記画像の引用元です。
優勝賞金額が約392万円(韓国ウォンは現在約0.098円)と賞金総額こそそれほど高額ではないものの
GRIFFINやGEN.Gなど韓国の強豪チームに加え、Worldsでその雄姿を見ることができなかったSKTを
見ることができるのは本当に嬉しい。特にSKTのエースであるFakerは日本のRageイベント後、調子を
上げているように感じます。彼と、新生SKTがどこまで上位に食い込んでいくのか、いちEスポーツファン、
LOLファンとして本当に楽しみです。

現在のトーナメント状況はこちら
※引用元:KeSPA公式Twitter

ちょこ~っと上の図だと見づらいので落書きしてしまうとこんな感じ。
ベスト8のうち6チームまでが見合っている状況で残りの2枠のうち
1枠を Seoul vs DWG @日本時間12月25日17時~
もう1枠を SKT vs bbq @日本時間12月25日20時~

で確定させる訳です。

ちなみにSKTはこのひとつ前の予選、ベスト16選出の際にAPK PRINCEと戦っていたのですが
Fakerの好調さが伺える堅調なゲームでした。(Faker自身は若干流している感じ?に見えた気も。)
いずれにしてもSKT以外にも本当に素晴らしいチームが沢山参戦しているこのKeSPA CUP、
是非日本のLOLファンにも見て頂きたいところ。

個人的には GRF、SKT、KZ、KTあたりが今大会で特に注目しているチームです。
是非勝ち残って年末も韓国のLOL市況を沸かせて欲しい☆

最後にこちら、SKTのベスト16選出の際の1戦です。
最近のPatchではリサンドラよく見かけますね。終わってみるとSKTの横綱相撲でした。

この記事の著者

Norihiro Fukuyori

Norihiro FukuyoriESJ編集長

Eスポーツジャーナル編集長Cerem(セレム)こと福寄 儀寛です。
自身のPCゲーム歴はピークは1990年代後半、UOとかAOE・AOCからWarcraft3などRTS全盛期まで。WC3はUS-WESTサーバでオンライントーナメント優勝経験有り。現在はFX投資家、IT事業家としています。
PCゲームは2年前にLOLへシーズン7から参戦。社会人でもEスポーツを楽しめるコミニュニティを作りたいという想いからEスポーツジャーナルを運営してます。ゲームを通じて学べる勝負勘、みたいなものをゲーム内外で活かせる世の中にしていきたいと思ってます。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る