LJL 2021 Spring Split開幕!出場チームと注目選手ピックアップ!


Notice: Undefined variable: clink in /home/wwifglkw/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/functions.php on line 328

Notice: Undefined variable: clink in /home/wwifglkw/public_html/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/functions.php on line 328

LJL 2021 Spring Split開幕!

今年もいよいよ始まりますねLJL。今年は新人選手も多く、またKRからの有望選手も多数入っています。なので「去年見てたLJLと全然違う・・・誰だ?これ?」と思う人が少しでも減ればいいなと思い、個人的な意見バリバリの選手紹介をしようと思います。

V3 Esports

去年の優勝チーム。WCSでは見せ場があっただけに「もう少しこうしていれば・・・」と思ったファンも多いのではないでしょうか。

◆TOP Cogcog選手

Cogcog選手がV3に戻ってきました。V3の名前の由来は、LJLCS時代に元LJLの選手だった「Kazu選手」「Keymaker選手」「Cogcog選手」の3人から取った名前のはずなので、期待したいですね。実績こそPaz選手よりも落ちるので「その辺りはパワーダウンがあるのか?」と思う反面、ずっと下位チームでくすぶっていた「Apamenの弟子」「日本で1番リヴェンが上手い男」が、前年優勝チームに入り覚醒するのを期待していいのかもしれません。

◆JG MooJin選手

Baby選手(現River)Bugi選手と、超強力ジャングルをずっと抱えていたV3に今年も超強力ジャングルが入りました。「HLEでそれなりにやっていた選手?」「去年はCKだろ?」それは馬鹿にする言葉ではありませんよ。どれだけすごいかということです。

過去のLJL選手を考えれば、Rascal選手(taki選手)がぶっ飛んですごいことを除けば、Gango選手もHoliss選手もLCKやCKの壁に跳ね返されました。そんな中で去年、有能新人の大嵐が吹き荒れた韓国のCKで、1年やり通して4位は評価できるのではないでしょうか。今年もV3のジャングルキャリーには期待できます。

◆MID Ace選手

今年もV3に残ったAce選手。去年はそれなりに活躍はしたものの、JG ADのKRラインについて行って試合を作ったと言えば聞こえはいいですが、悪く言えば振り回されていた印象があります。

今年は今のところ「オリアナ」や「ヴィクター」などの、しっかりファームして後半キャリーするピックが流行っているのでそれを使うのか。それとも「シンドラ」「ゾーイ」「アカリ」などで、しっかり序盤からゲームを作るのかはしっかり意識してみたいですね。「ガリオ」で1度しっかりゲームをキャリーして、BANさせてからがこの選手の真価を評価するところでしょう。

◆ADC Hollow選手

この選手も同じくCKで1年戦っていた選手です。それよりもSBで活躍していたことを、覚えている人の方が多いのではないでしょうか?なんといったって世界を取ったGhost選手と、スタメンを争った選手ですから。

V3に新しく来たDoragonコーチが1年の間、別のチームにいてもV3に誘ったことからも期待されているのを感じますね。去年と同様に、JGとADの2ラインでのKRキャリーがV3のスタイルになりそうです。

◆SUP Raina選手

Raina選手1度僕に「辛口でコメントしていいですよ」と言っていたことがあるので、多少辛口に行きましょう(あの時は別のチームだったから怒られるかな)。

去年を通してみれば、かなり良かったのではないでしょうか。特にセトのスーパープレイは、MVPに選ばれるほどすごかったですよね。もうファンに「選手のみんなはどこですか?」と聞かれることはないと思いたいですね。

しかしながら去年のWCS終わってみれば、しっかりサポートがキャリーしたチームが上位に上がったわけです。そういう意味では「日本人サポートではかなりいい動きをしていた」が「世界レベルのサポートではなかった」と言ってもいいでしょう。

今年も「レオナ」「アリスター」を筆頭に「レル」「セト」。そして去年Raina選手も多用していた「アフェリオス・スレッシュ」のコンビが暴れています。つまりサポートには「エンゲージ」もっと言えば「テンポを作る」ことが求められています。そしてそれに「ピール」や「カウンターエンゲージ」で対処するのも今のサポートの仕事と言ってもいいでしょう。

今年V3が飛躍するか、それとも他のチームに飲み込まれるかは、Raina選手にかかっているはずです。

DetonatioN FocusMe

去年はリーグ戦こそ上手くいかなかったものの、プレイオフで決勝まで上がり惜しくも敗れたDFM。僕がファンのチームということもあって、書いていたら1記事になってしまいそうなので、できるだけ簡潔に書こうと思います。

◆TOP Evi選手

日本人で1番上手い男。恐らくKRサーバーで1番LPを稼いだ男ですよね。少なくともチャレンジャーエンドをしたのは、彼だけのはずです。現在「ナー」「カミール」がメタなことからも、今年もEvi選手が大暴れするのは間違いないことでしょう。

◆JG Steal選手

今年の夏から日本人枠(LJL枠?)になるSteal選手。「オラフ」「パンテオン」と、彼が得意なチャンピオンがメタになっているので、春は安定したDFMが見れるのではないでしょうか。

◆MID Ceros選手/Aria選手

「あのAriaがDFMに??」ということでCeros選手とAria選手が、春の間は併用されるかと思います。Ceros選手の「ヘイマー」「ジグス」は使えるかは全く分かりませんが、Aria選手の「ゾーイ」や「シンドラ」は大暴れするのが目に見えます。

◆ADC Yutapon選手

去年チャレンジャーになった男Yutapon選手。「カイサ」「サミーラ」「アフェリオス」と、ペンタキルも狙えるチャンピオンたちがメタなので、今年も期待できます。

◆SUP Kazu選手/Gaeng選手

KazuコーチがKazu選手になって帰ってきました。ぶっちゃけRaina選手、Enty選手の次に上手い日本人サポートはKazuコーチとずっと言われ続けていたので、選手復帰しても何の問題もないでしょう。

Kazu選手が出るときはAria選手。Gaeng選手が出るときはCeros選手が出る形なので、この2パターンから夏のDFMを楽しみにするシーズンになるでしょう。

Sengoku Gaming

前シーズンリーグ戦こそ2位だったものの、DFMにプレイオフで敗れたSG。今年はBlank選手Pirean選手の元SKT組が抜けましたが、良いチームになっています。

◆TOP Paz選手

去年V3でLJLを優勝した後、今年SGにチーム移籍したPaz選手。メタ的にも「ジェイス」「レネクトン」「オーン」「ガンクプランク」など得意チャンピオンが上がっているので、春は活躍を期待していいでしょう。

◆JG Crash選手

HKA(Hong Kong Attitude)で見たファンも多いのではないでしょうか。V3に続き、なかなかえぐいジャングルを呼んできたなというのが正直な印象です。Blank選手の後釜として十分仕事できる選手だと思います。

◆MID Ramune選手

DFMであまり上手くいかず、SHGでもあまり上手くいかなかったRamune選手ですが、KRサーバでもマスター(グランドマスター?)までいくなど実力は折り紙付きです。今年こそ、DFMファンを絶望に陥れた(トラウマです)あの活躍を見せてくれるでしょう。

◆ADC Gango選手

CGAから移籍したGango選手。USG時代に見せたGango Entyのduo botに戻った形ですね。LCKで「カリスタとJ4サポート」のコンビが現れたので期待してます。

◆SUP Enty選手

Raina選手から「今年で日本人ナンバーワンサポートは奪うぞ!」と宣戦布告されたEnty選手(僕が勝手に言ってます)。今年は、日本人サポートがバチバチにやり合うのに注目しましょう。

Crest Gaming Act

毎年いいところまでは行くけど…というチーム。今年は日本人BOTで、韓国MID JGラインで挑みます。

◆TOP Nap選手

今年もCGAのTOPレーンはこの男です。グラブルをどれだけ削って、LOLをしているかで今年のキャリー力が決まるのでしょうか?という冗談は置いておいて「今のメタ的にそこまで合っているのかな?」という話で言えば「オーン」や「エイトロクス」辺りがあるので、期待していいでしょう。

個人的には「チョガス」なんかの、Nap選手独特のポケットピックが見たいですね。

◆JG Cassin選手

僕は某韓国の情報を発信してくれる方の「cvmax進撃の巨人コラ」が大好きなのですが、そのDRXから来たcvmax産の(どこまで教えてたかはわかりませんが)Cassin選手です。ただ今年は、Viper選手を筆頭に(Chovy・・・)cvmax産の選手たちが活躍しているので、この選手も期待していいのでは?

◆MID Naehyun選手/Kaito選手

KZのMIDと言えばこの男でしたね。「アジール」が今Faker選手が好んで使っているので、アジールが得意なNaehyun選手も使うと思います。あとはヤスオにも期待したいですね。

サブのKaito選手は、Vainglory全一の実力者でした。Chovyが好きで、カシオペアが得意。去年は、KRサーバーでのシンドラランキング1位も確か取ったことがありましたね。こちらの選手も出てくるのを期待したいところです。

◆ADC Milan選手

アフェリオスが得意でレートを上げた男。アマチュア大会でも活躍し、スカウティングでもいいプレイを見せていましたね。ただ実績的にもCGAは、トップサイドでゲームを作るはずなので、どれだけ日本人BOTで耐えきれるか。そして上半身(TOP JG MID)が作った有利に乗って、ゲームを終わらせるかが今年の仕事になるでしょう。

◆SUP Alchemy選手

名前も昔に戻したAlchemy選手。MID ADでレートゲームキャリーするスタイルから、MID JGでゲームのテンポを取っていくスタイルになるCGAで、きちんとテンポを一緒に取ることができるかが見所です。

Fukuoka SoftBank Hawks gaming

今年1番の台風の目になりそうなチーム。「日本人がいねぇ!」という逆に振り切ったこのスタイル個人的には好きです。

◆TOP Apamen選手

最年長選手のこの男。過去を振り返ってもApamen選手がいるところは大体強いチームになる気もします。今のTOPは結構バチバチにやり合うので、Apamen選手にとってはやりやすいメタでしょう。髪型が今年も変わっているのが気になります!

◆JG Tussle選手

前シーズンは「リーシン」「ヴォリベア」などを使っていましたが、今シーズンは「グレイブス」「ニダリー」「リリア」辺りを使えないと話にならないメタです。オラフはよく使っていたのでその辺りは行けそうですが、今シーズンのメタにマッチできるかが注目ポイントです。

◆MID Dasher選手

今1番LJLで恐怖のMIDレーナーと言えばこの男です。来年あたり他チームのMIDレーナーが、恐怖から裁判を起こすのも時間の問題かもしれません。メタ的に・・・というか何を使わせても強いわけですが、チームも強くなって去年よりも余裕を持ったピックができるはずです。

◆ADC Zenit選手

2019年Gango選手とKTでのスターターを争い、そして去年の春もHLEで試合に出ていたZenit選手が「まさかLJLに?!」という気持ちです。野球と一緒でソフトバンクは金のかけ方えぐいので・・・ソフトバンクのアカデミーチームができるなら、個人的にはそっちも応援したいですね。

◆SUP Corporal選手

AXIZから移ったCorporal選手。前シーズンも後半かなりいい動きをしていたので、今年チームが変わっても期待したいところです。

Burning Core

去年爆発力はあるけど、安定して試合に勝てない・・・という問題点を抱えていたBC。今年はベテランを迎え入れて上位取りを目指します。

◆TOP RayFarky選手

Roki選手に「Evi選手を倒すならこいつしかいない!」と言わせるほど期待のTOPレーナー。「ダリウス」が代名詞ですが、他のチャンピオンでもキャリーすることができます。個人的にはチームがまだ若く、TOPの強さを活かしきれていないと思うので、今シーズンはもっとRayFarky選手から試合を動かせるといいなと思います。

◆JG Once選手

「どう見ても上手い」という評価です。現在のジャングルキャリーメタでは、暴れまわってくれるでしょう。特にMID JGラインでのゲーム展開を作れるプレイヤーが加入したので、ジャングルの変更が来るまでに勝ち星を稼ぎたいところですね。

◆MID Gariaru選手

前シーズン個人的には1番推していたMIDレーナーがBCに。去年のスタッツもかなりよかったので、今シーズン若いチームにアジャストできるかどうかが見所です。

◆ADC Yuhi選手/Akabuff選手

サブにAkabuff選手が入りました。そろそろデビューしてほしいですね。Yuhi選手もKRマスターになったところから、期待の若手であることは間違いありません。

◆SUP Proud選手

前シーズンは幅広いチャンピオンを使っていた印象があります。「ブリッツ」「バード」「モルガナ」などを使っていましたよね。「レル」辺りが練習しているとにらんでいます。

AXIZ

前シーズンかなりいい試合を最後には見せてくれたAXIZですが、残ったのはHogletだけに・・・。

◆TOP Ino選手

読み方はアイノらしいですね。DFMのサブにいた選手です。

◆JG Hoglet選手

唯一AXIZに残ったHoglet。いい選手ですが、今年のメンバーでジャングルを運営するのは難しそうです。

◆MID Megumiin選手

「我が名はめぐみん!」から取った名前ですかね?スカウティングでは「ゼド」と「ヨネ」で大暴れしていましたね。

◆ADC Honey選手

V3から移籍したHoney選手。いい選手ですが、新人なので回りも新人が多いこの環境で力が出し切れるかは疑問です。ただ現在ADCキャリーメタなので「カイサ」「アフェリオス」「サミーラ」で暴れまわる可能性はあります。

◆SUP Nemoh選手/Dicey選手

弱者ネ甲こと、Nemoh選手。「誰がなんと言おうがあいつはわしが育てた!」ということで、今シーズンは全力で応援するつもりです。ただ僕が教えたのはTOPなんですよね・・・。

Dice選手はデータがないのでわかりません!

Rascal Jester

同じアマチュアチームからここに入った選手が多いですね。

◆TOP Kinatu選手/Rando選手

スカウティングで断トツに上手く感じたKinatu選手が、入ってくれたのは超嬉しいですね!元オーバーウオッチのプロらしく、スカウティングでもセンスがいい動きしていました。

Rando選手は、イラオイとヨリックが上手いらしいですね。

◆JG Hachamecha選手/Cuaep選手

日本で1番JGが上手い男Hachamecha。去年はチームが弱い分、Hachamecha選手がキャリーする力がまだ衰えていないことが分かった気がしましたね。

サブのCuaep選手のあだ名は氷帝なので、そう呼んであげましょう。

◆MID Recap選手/Cosmic選手

ずっとプロに戻ってきて欲しいと思っていたRecap選手が返ってきました。「ライズ」も少しずつピックされるようになってきていますし、比較的やりやすいメタなのではないでしょうか。

◆ADC Ssol選手/Sirotama選手

Ssol選手は、LCKでは活躍の場こそあまりありませんでしたが、Aiming選手とMystic選手と争っていたことを考えれば仕方ないのかなとも思えます。

ボットレーンがKR2人で固めているので、しっかりレーンからスノーボールして、集団戦でもキャリーすることが求められています。

◆SUP Secret選手

今年23歳の選手。APKで活躍していたイメージが強いですね。ソロレーン2人が新人なので、ボットレーンからのスノーボールをサポートのSecret選手が上手に作ることが、勝利の鍵でしょう。

LJL 2021 Spring Split順位予想

1位 DFM

2位 SG

3位 SHG

4位 V3

5位 CGA

6位 BC

7位 RJ

8位 AXIZ

今年は1~5位本当に悩みました・・・。選手紹介も前半戦終了くらいでデータと一緒にもう少ししたいですね。今年もコロナの影響で会場などいけないとは思いますが、LJL楽しんでいきましょう。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783