【LoR】大きな変化!パッチ1.14の目玉「カード能力調整」と「フレンド観戦機能」とは?

【LoR】パッチ1.14

11/11(水)に発表されたパッチ1.14で大幅な修正が入ることになりました。今回入るパッチの中でも目玉である「カード能力調整」と「フレンド観戦機能」に関してまとめます。

◆カード能力調整

カード能力調整に関しては、実に15枚以上のカードに修正が入り、環境を大きく変えることになるのは間違いありません。

特に環境の変化に影響を及ぼすのは、アッパーは「ルシアン」「ジンクス」「エズリアル」「復讐の黒槍」、ナーフは「トランドル」「氷結の柱」「荒波のレックス」でしょう。

◆フレンド観戦機能

いよいよ待望の「フレンド観戦機能」が実装されます。

今回のアップデートでは「観戦無効化」のオプションが未実装なので、ゴースティング禁止の意味でラダーの観戦はまだ実装されておらず、現在フレンド観戦が可能なモードは、フレンド対戦、vs プレイヤー(ノーマル)、vs AI、そしてエクスペディションのみとなります。

ルームマッチを、第3者にフレンド観戦してもらいながら指南が貰えるので、よりルーンテラのプレイングの研究が加速することになるでしょう。

大会シーンでの配信でも有益な機能になります。以前までは、Discordの画面共有をミラーして配信に乗せる形をとっていましたが、配信者が対戦の観戦に入ってその画面を配信すれば良くなったので非常にうれしいアップデートになります。

パッチ1.14各調整カードの雑感

各カードの修正による環境への影響度(A~C)と修正内容、そして雑感をまとめていきます。

◆ルシアン

環境への影響度:A

【レベル2】
レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。
レベルアップしたラウンドでは、レベルアップ後に味方が力尽きても能力が発動しなかったのですが、今回のアップデートで発動するようになります。

セナが力尽きてレベルアップした後、他の1体の味方を「貪欲なブッチャー」等のカードで破壊して「奮起」の効果を発動するという流れが実現でき、強い動きになります。

シャドウアイル/デマーシアのサクリファイスギミック搭載のラリーデッキ、既存のビルジウォーター/デマーシアのルシアン型のスカウトラリーあたりが強化になります。

◆シヴァーナ

 

環境への影響度:C

【レベル1】攻撃力:3→4
【レベル2】攻撃力 4→5

チャンピオンカードであるにも関わらず、普通のフォロワーよりパワーがなく「エルヌックドラゴン」と揶揄されていたカードに、アッパー調整が入りました。

とはいえ、フォロワーレベルのカードが弱いチャンピオンレベルにパワーアップした印象で、アップデート後に試されはするでしょうがまだパワー不足で環境上位には入ってこないと予想します。

◆ブラッドミア

環境への影響度:B

【レベル1】
旧効果:アタック: ブラッドミアを除くアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。
新効果:アタック: 右にいるアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスに1ダメージを与える。
レベルアップ:6体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。 → 5体以上の味方がダメージを受けて生き残った時。

【レベル2】
旧効果:アタック: ブラッドミアを除くアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスから体力を1吸収する。

新効果:アタック: 右にいるアタック中の味方にそれぞれ1ダメージを与え、その味方1体につき敵のネクサスから体力を1吸収する。

旧効果の時は、体力が1のユニットがブラッドミアとアタックしに行くとアタック前に、ブラッドミアの効果で破壊されてしまうという使いにくい仕様があったのですが、今回のアップデートで、どの味方にアタック時の効果を与えるかを任意に選べるようになり、使い勝手が良くなりました。

レベルアップ条件も達成が容易になり、早い段階でバーンと回復の両方の効果を発揮できるようになりました。

カードパワー的には間違いなくアップなのですが、もともとのブラッドミア入りのデッキのアーキタイプ自体にパワーが無いので、上位環境には食い込んでこないと予想します。

アップデートからしばらくは見ると思いますが、大会シーンでは見ないといったレベルです。

◆トランドル

(画像7_トランドルB)

環境への影響度:A

【レベル1】
体力:6 → 5

【レベル2】
体力:7 → 6

元々の体力6は、ユニット1体では容易に交換できるサイズではなかったので、体力は5に修正されて妥当なスタッツになったと思います。

小型ユニットにバフをかけて5点打点という形も見えるので、以前よりケアを考えてブロックやアタックをしていくことになります。

◆氷冷の柱

環境への影響度:A

体力:8→ 6

もともと実質0コストでプレイできる壊れカードだったので、まだナーフが足りない印象です。体力6でもまだまだ仕事をすると思います。

「氷冷の柱」を生成する本体である「トランドル」自体にナーフが入ったので、このカードも見る機会は減るとは思います。

◆エズリアル

環境への影響度:A

【レベル1】
レベルアップ: あなたが敵を10回以上対象に選んだ時。 → あなたが敵を6回以上対象に選んだ時。

【レベル2】
旧効果:ネクサスストライク: フリーティングを持つミスティックショットを手札に1枚生成する。あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに2ダメージを与える。
新効果:ネクサスストライク: フリーティングを持つミスティックショットを手札に1枚生成する。あなたがスペルを詠唱する時、敵のネクサスに1ダメージを与える。そのスペルで敵を対象にした場合は代わりに2ダメージを与える。

レベルアップ時の効果が大きく刷新されました。以前のように、リーサルターンでバーストスペルを連打して相手ネクサスを削り切る動きはしにくくなったので、昔からあるエズリアルカルマのデッキタイプよりも、暗黒エズリアルや凍結エズリアルといったアーキタイプが復権する可能性があります。

◆ジンクス

環境への影響度:A

【レベル2】
レベルアップしたラウンドでも効果が発動するように。

ルシアンに合わせて、同じ修正が入りました。しかし「ジンクス」の場合、レベルアップ時の効果をレベルアップしたラウンドで発動するには、レベルアップ後に何らかの方法で何らかの方法で1度手札を1枚以上にしてから、再び0枚にする必要があるため「ルシアン」よりは、使い勝手が悪いと思います。

もともとパワーのあるディスカードアグロデッキのアッパーになるので、環境でディスカードアグロを見る機会が増えるでしょう。

◆タリック

環境への影響度:B

【レベル1】攻撃力:2 → 3
【レベル2】攻撃力:3 → 4

スタッツ的にパワー不足が否めなかったチャンピオンだったので、妥当な修正だと思います。最近K/DAイベントで実装された「アウト・オブ・ザ・ウェイ」と合わせたデッキが、台頭してくる可能性があります。

◆ティアナ・クラウンガード

環境への影響度:C

攻撃力:7 → 8
体力:7 → 8

妥当な修正だとは思いますが、高コストカードはプレイすること自体にカウンターの裏目が大きいので採用率は、そこまで変わらないと思います。

◆運命を紡ぎし石群

環境への影響度:A

体力:4→ 3

トランドルと合わせたランプデッキの必須カードです。スペルやチャレンジャー持ちのユニットで除去が効きやすくなったのは、システムユニットとしては大きな痛手です。

ランプアーキタイプは、今回の修正で大きくナーフされてしまったので、環境から数を減らすでしょう。

◆綿毛の世話人

環境への影響度:C

コスト:4 → 3
体力:3 → 2

マナカーブ的にはデッキに採用しやすくなりました。しかし、以前のパッチで「戦場の料理人」のナーフが入ったことも有り、もともとサポート軸のアーキタイプが強くないことからも、環境への影響は微少だと思います。

◆瞬脚のミーナ

環境への影響度:C

攻撃力:6 → 7
体力:5 → 6
キーワード:なし → クイックアタック

このカードも「ティアナ・クラウンガード」と同様に高コストカードであるので、あまり採用率は上がらないと思います。

◆魔改職人

環境への影響度:C

コスト:5 → 4
攻撃力:2 → 1

パッチノートには「コスト帯を下げることでこれまでよりも使いやすく、魅力的な選択肢となるよう変更します。」とありますが、4コストに下げてもそのコストに見合った働きができるかは、かなり疑問です。

◆復讐の黒槍 (カリスタの「復讐の黒槍」)

環境への影響度:A

旧効果:このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に3ダメージを与える。
新効果:このラウンド中に味方が力尽きていた場合、ユニット1体に4ダメージを与える。

この修正は、環境にインパクトを与えると思います。スペル1枚で4点ダメージを出せるのは既存カードですと「怖襲の魔鴉」のみなので、シャドウアイルに強力な除去スペルが来るのは、大きな変化をもたらすでしょう。

カリスタのチャンピオンスペルなので、これも合わせると実質6枚体制でデッキに組み込めるのも大きな魅力になっています。

◆荒波のレックス

環境への影響度:A

攻撃力:7 → 6
追撃:ランダムな敵に一斉砲撃を7回詠唱する。→ ランダムな敵に一斉砲撃を6回詠唱する。

下手なチャンピオンカードより、強いとされていた「荒波のレックス」にようやく修正が入りました。弱体化こそしましたが、未だ盤面への影響力は絶大で戦える能力ではあると思います。

◆エクリプスドラゴン

環境への影響度:B

体力:5→ 7

単純に、破壊されにくくなったという意味ではアッパーなのですが、このユニットを使用するうまみは、デイブレイク/ナイトフォール効果にあります。

今回の、アッパー修正が採用理由とはなりにくいので採用率は、さほど変わらないと思います。

パッチ1.14試してみたいおすすめデッキ

今回の修正が入り次第、私が試してみたいデッキを紹介しておきます。あくまでデッキ例ですので、強さは保証できません。気

になるようでしたら、回してみて感触を確かめながらデッキ内容を弄ってみて欲しいです。

◆ルシアンカリスタアグロ

デッキコード:

CICQCAYABYAQGBIEAIAQAFRGAIBAKBAGAQAQKHRLGAYQIAICAAEQCAQFAEAQGBICAIAQKCZCAA

◆凍結エズリアルコントロール

デッキコード:

CIBQCAQBAICQCAIDBMPCUMQGAECBWHZEGE2DUAICAECACJYA

 まとめ

パッチ1.14の目玉として「カード能力修正」と「フレンド観戦機能」が実装されました。

今回のカード修正は、エキスパンション中盤の環境にインパクトを与えるものであり、今後の環境の動きが非常に楽しみなものとなりました。

来月にはシーズントーナメントが開催されることもあり、ルーンテラ界のより一層の活性化を期待しています!

この記事の著者

jyori

jyori

デジタルカードゲームでe-sportsのすそ野を広げたいという思いから、日々配信や大会参加しています。
プレイするゲームは主にLoRです!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る