【TFT攻略】序盤から終盤までの動きを制してランクを上げる方法とは?

私は、今回の記事で書いたことを実際に実践して、ほぼTFT未経験から140試合ほどでダイヤモンドに到達することが出来ました。

私がダイヤモンドに到達した際に、考えてたことを記事にしました。ランクを上げたい、強い動き方がわからないという方必見の内容になっております。

【TFT攻略】TFTの基本の動きと考え方とは?

◆ランクを上げたいなら同じ行動をする

TFTというゲームは、1位を取るゲームではなく平均順位位4以上を取るゲームです。7位を取った後に2位を取れば、平均順位は4位になります。

ランクを上げるなら、1回1回の試合に拘らずなるべく同じ行動を行い続けるのが大事になります。4位以上が、50パーセント以上取れる同じ行動を行い続けることが、勝利への近道になります。

◆効率よくゴールドを使う

TFTの基本ですが、無駄なゴールドを使ってはいけません。効率よくゴールドを使う必要があります。

効率よくゴールドを使えるタイミングは、構成毎に違うので自分の構成毎に自分のゴールドを使うタイミングを、決めておきましょう。

基本的にリロールは、キャリーチャンピオン(アイテムを持たせる予定のチャンピオンのこと)が出る期待値が高いところでリロールするのが正解です。

例えば、星4のチャンピオンをキャリーにする構成を使うとしたら

画像:https://lolchess.gg/

上記の表からわかるようにレベル7では星4が出る確率は15パーセント、レベル8では星4の出る確率は25パーセント、10パーセントの開きがあることが分かると思います。

次で死んでしまう場合以外で、レベル7でリロールしてはいけません。レベルで8リロールしましょう。絶対に期待値が高いレベルまで我慢!

◆決め打ちで強い構成を使い続ける

1番大事なのは、決め打ちで強い構成を使い続けることだと思います。「競合が多いから」「他の構成で使うチャンピオンが多くきたから」このような理由で、慣れていないorやったことない構成にいくのは、ランクを上げたいならやめましょう。

強い構成を使い続けることによって応用が利くようになり、構成のパワースパイク理解度、アイテムの応用力が上がっていきます。

その時強い構成は

https://lolchess.gg/statistics/meta

こちらのAvg.Rankが高く、そして黄金のヘラを使っていない&星5が必須ではない&ハイリロじゃない構成を決め打ちしましょう。

黄金のヘラは毎回ドロップするわけではなく、星5を入手するのは排出率の関係で安定しないので!

また最初のうちは、ハイリロ構成というチャンピオンレベル3が必要な構成はやめましょう。

理由としては、競合がいると揃えるのが難しいので周りの盤面を見なければいけない点が、最初のうちは難しいです。

もう1度言いますが最初のうち勝つために大事なのは、黄金のヘラを使っていない&星5が必須ではない&ハイリロじゃない構成を、決め打ちすることです。

このルールを守るだけでダイヤモンドまでは余裕です。

TFT序盤の動き方

TFTの序盤というのはステージ1・2辺りのことを指します。序盤で取るチャンピオンは3パターンで

  1. 自分の決め打ちで使う構成のチャンピオン
  2. 強いと言われているチャンピオン
  3. シナジーが強いと言われているチャンピオン

この3パターンです。上記に当てはまるチャンピオンを選んでいきましょう。

◆その時強い序盤の形をいくつか覚える

アイテムラウンドで、好きなアイテムを取るためにヘルスを削るのは、あまり強い行動ではありません。なるべくヘルスは削られたくないので、その時1番強い盤面を作る必要があります。

意図的に負けて、なるべくいいアイテムや連敗ボーナスを取りに行くのはやめましょう。とりあえず序盤に強いチャンピオンや、シナジーを並べておきましょう。

◆必要な構成の完成品を作る

決め打ちをする時は、アイテムに優先順位をつけておきます。例えばキャリーに必要なアイテムが、GA>ショージンの矛だった場合、必要なアイテムはBFソード×2 チェインベスト×1 涙×1となります。優先順位は、BFソード>チェインベスト>涙となります。

しかし、すでにBFソードを持っていた場合はチェインベスト>BFソード>涙となります。

完成品を目指すのを、第1の目標にしましょう。強い構成+その構成のキャリーチャンピオンに付けるアイテムが、最終的には必要になります。

ドラフトラウンドでは、必要な構成の完成品を作るための素材を集めましょう。

◆序盤のアイテムの使い方

盤面に出しているチャンピオンの中で最初のうちは、最終構成でそのチャンピオンにつけるアイテム>最終構成で使わない相性が良さそうなチャンピオンに、つけてください。

序盤にヘルスを削られないのは大事なので、なるべくアイテムをケチらないほうがいいです。完成品じゃなくても、持たせているだけで勝率は変わってきます。

TFT中盤の動き方

ラウンド3・4くらいのことを指し、この辺りで決め打ちの強いシナジーに移行することが多いです。目安で言うとレベル7くらいからです。

◆キャリーチャンピオンを引きに行く

中盤で、キャリーチャンピオンを引きキャリーチャンピオンのレベル2を目指します。出来上がったキャリーチャンピオンに必要な理想装備を付け、決め打ちの構成の形になれば4位以上が、ほぼほぼ決まります。

注意点として、レベル7で星4を引くことは次でやられてしまう時以外は、やってはいけません。星4ユニットを引きに行くのは、レベル8になってからです

また、この辺りでリロールした時に決め打ち構成のチャンピオンを一緒に取っておきます。

◆構成の切り替え方を覚える

キャリーチャンピオンと相性のいいシナジーを出していきます。最終構成で使わないチャンピオンを抜いて、最終構成で使うチャンピオンを入れる!これだけです。

構成を切り替えるのに、慣れがいるので回数をこなすしかありませんが、決め打ちで同じ構成ばかりをやっているとだんだん覚えることが出来ます。

◆中盤のアイテムの使い方

余すことなく全部つけ切りましょう。どのアイテムもつけるだけでステータスが上がるので、ある程度は適当につけて大丈夫です。つけてないということだけは、もったいないのでやめましょう。

キャリーチャンピオンの理想装備が足りない時は、無理にアイテムを付けるのではなく、アイテムスロットを空けて置きましょう。後半で完成品を手に入れる機会があるので、その時に拾えたら装備するためです。

TFT終盤の動き方

ラウンド5~、すでに1~2人は脱落していたり、あと1回負けたら終わりくらいの状況の人がいる頃だと思います。

レベル8で、コスト5以外の全てのチャンピオンが星2になるorあと2回は、負けれる時はゴールドを貯めてレベル9を目指します。

新しいシナジーをあとひとつ入れる&コスト5チャンピオンを引きにいくために、レベルを上げることをおすすめします。

コスト4を星3にするのは大変難しいですが、レベル9はゴールドを貯めれば確実になることが出来ます。期待値はレベル9のほうが高いです。

ちなみに星4ユニットは、全部の山で1種類につき12体しかいないので他の人が、4体以上持っている時点でコスト4のユニットが、星3になることはありません。

◆配置を考える

アサシンや、相手を無力化することが出来るアイテムを持っている場合は、相手のキャリーをアサシンしたり無力化したり、AOEスキルが相手に多い場合はチャンピオン同士を離したりと、考えることは最初の時点ではそれくらいで大丈夫です。

次に当たる相手は、ほぼランダムなので分からないですよね。そんな時はHPが低い順に対策しましょう。もしHPが低い相手に当たったら、勝てる配置にしとくことをおすすめします。1つでも順位を上げるゲームです。

◆終盤のアイテムの使い方

5-4のドラフトラウンドや5-6は、アイテムの完成品が落ちます。キャリーチャンピオンの理想装備があれば、優先的に拾っていいと思います。

黄金のヘラ関係のシナジーを増やすアイテムも、強力なので頭の片隅に入れておいて。発動出来そうなら拾うのも1つの手だと思います。

まとめ

この記事で紹介したことを守ってTFTをプレイすれば、安定して50パーセント以上で4位以上を取ることが出来ます。最初の勝つためにの動きとして、頭に入れておく必要があるのは以下の2つです。

  1. TFTは4位以上を取るゲーム
  2. 決め打ち構成を行う。

この2つを意識してプレイするのが大事だと思います!

この記事の著者

ぬぴお

ぬぴお

LOLや格闘ゲームの大会を見るのが趣味で、LOLは日本サーバーからプレイしています。格闘ゲームはほぼ動画勢です。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る