LJL Spring Playoffs 2020 RJ VS CGAをデータからみて徹底予想!

さて、RJ VS CGA。あの1万ゴールド差がひっくり返った、お笑い試合をしたマッチアップです。このプレイオフでは、ひりつく試合をしてほしいですね。

hachamecha選手とYoshi選手の師弟対決もいいですよね。特にYoshi選手!あの猫が版権フリーなら、めちゃくちゃこの記事でもネタにしたかったです。

今回はデータ好きの大事なお供。game of legendsを使って、プレイオフのRJ VS CGAの試合展開や、その勝者を予想していきたいと思います。

V3 VS AXIZをデータからみて徹底予想!はコチラ

データで見るとLOLの試合観戦は楽しさ倍増

LOLはデータから見ると楽しさ倍増です。

◆試合展開が読める

データを見れば、試合展開が読めます。たしかにデータを見なくても、ある程度はできますが、精度が全然違います。

◆ピックから楽しめる

ピックが個人的には1番データが出るのかなと思っています。何をピックしたがっていて、そして何をピックされたくないのか。そういったものがわかるだけでも、ピックから「そうくるのか!」と楽しむことができます。

◆VCでどや顔出来る

データを調べていると、みんなで試合を見ている時にどや顔出来ます。

チームスタッツを比べてみた

 ◆BAN

まずは1番左上の「MOST BANNED BY RJ 」と「MOST BANNED BY CGA」、それと「MOST BANNED AGAINST RJ 」「MOST BANNED AGAINST CGA」を見比べていきましょう。

まずRJは上から「ルブラン」「アカリ」「ゾーイ」を嫌ってBANする傾向にあります。一方、CGAはそのままその3体を相手に警戒され、最も多くBANされています。

つまりRJからすれば、この3体は絶対に空けられないチャンピオンになるでしょう。Aria選手のポテンシャルは今シーズンすごいですからね・・・。

一方CGAはランブルを1番に嫌っていますが、RJは「ランブル」を最もBANされています。ほかにもキャッチスキルが強力な、「シンドラ」「ユーミ」「レオナ」「エリス」をCGAは嫌っています。

RJとすれば、そこを突いていけるようなピックをすれば、BO5を有利に運べるはずです。

◆試合時間

CGA

33分57秒

RJ

36分56秒

が平均の試合時間になります。これはCGAはLJLで最も試合時間が早く、一方RJはSGに次ぐ2番目に試合時間が遅いチームと対照的な対決になっています。

◆ゴールドやタワー

次は画像中央左の「ECONOMY」をご覧ください。順位では上のはずのRJが、ほぼ全てのスタッツでCGAに負けています・・・。なんで?

このスタッツからは、序盤の強さがわかります。つまりCGAの方が序盤強く、特にファーストタワーを取るのが強いのがCGAということになります。

分速ゴールドでもCGAの方が上回っていますし、正直これは予定外の結果でした。

◆キルデスやダメージ

画像中央右の「AGGRESSION」をご覧ください。ここでもほぼ全てRJがCGAに負けているな・・・。

もちろんキルを取ればいいわけではありませんが「Kill / Death Ratio(キル÷デス)」でもCGAが、RJにダブルスコアを付けています。

ただRJの「First Blood」はなぜか高く、この辺りはRJの上手さが見てとれます。

◆オブジェクト

画像左下の「OBJECTIVES」をご覧ください。これはRJが・・・。いやこれもCGAのほうがええやん!むしろ、なんでこのスタッツでCGAこんなに負けてるんや!そしてRJなんでこの数字で4位なんや!

データ見たら、わけわからんチーム同士ということしかわからん!RJが4位なら、CGAは余裕で3位になってないとおかしいやろ!

◆視界

画像右下の「VISION」をご覧ください。やっとRJのほうがスタッツのいいデータが来た・・・。ということでRJの方が、チーム的にしっかり視界確保もデワード(ワードを消すこと)もできていますね。

というよりも、CGAの「Vision Wards Per Minute(コントロールワードを1分辺りに置く数」の1.3は、割と普通なのですが「Wards Per Minute」の3.4が群を抜いて低いです。

おそらくトリンケット差ですよね。赤トリンケットにしてるならもっと「Wards Cleared Per Minute(ワードを1分辺りに消した数)」がもっと増えるはずですし。

この辺りがCGAというチームの、不安定さが表れているのかなと思います。

選手データから見るRJ VS CGAのチームスタイル

 ◆KP%(キル関与率)

RJは少し面白いくらい、キル関与率がばらけてますね。キル関与率は他のスタッツと違い、全選手が100%になってもおかしくない様なスタッツです。

なので70%を全ての選手が超えていないのは、SGとRJだけなので変わったチームだなと思います。

一方逆に、CGAは分かりやすいくらい、キャリーであるAria選手とGango選手のキル関与率が高いのが特徴です。

誰かに頼らないチームのRJと、2人のキャリーを中心に置くCGAの対照的なチームの戦いになりそうです。

◆DMG%(ダメージシェア)

 

CGAはものの見事に、キャリーであるAria選手とGango選手に集まっていますね・・・。彼らのダメージを、どれだけカットできるかがRJの課題になりそうです。

一方RJは少し面白く、Art選手はもちろん高いのですが、viviD選手が高いのが特徴です。「バード」「ランブル」「パイク」「ブリッツ」などキャリー系のサポートを使うのがRJの特徴と言えるでしょう。

そう考えれば、チームスタッツでRJが良くないのに勝っているのは、viviD選手のゲームメイク力に秘密がありそうです。

◆GOLD%(ゴールドシェア)

CGAはゴールドでもAria選手選手と、Gariaru選手に集めてるのが見て取れます。一方RJはArt選手には集めていますが、他は満遍なくと言ったところでしょうか。

なんというかRJはすごく「ふわふわしたチームだな」と言う感じですね・・・。逆にYoshi選手少しスタッツ低すぎないか?大丈夫か?!

各レーンのデータから見るRJ VS CGAの試合予測

ここからはリーグ全体から見るデータで、各レーナーを比べていきます。TOP JG MID ADCは一番右のGD@15(15分段階の相手とのゴールド差)で並べていて、SUPだけはVSPM(1分辺りのヴィジョンスコア)で並べています。

◆TOP

Nap選手と、cogcog選手はGD@15の数値では7位8位と、最下位争いをしている2人です。面白いことに「GPM(分速獲得ゴールド)」も2人は最下位ですが、こちらは342ゴールドで全く同じです。

一方、1試合あたりのアシスト数はどちらも数値がよく、やはりチームのために動くTOP同士という印象です。

確かに両チームBOT中心にゲームを進めるので、犠牲になりやすいレーンではあります。そんなチーム同士だからこそ、ここの2人の勝負でゲームが作れる可能性もある、ということです。ちなみに2人共RJ出身です。

◆JG

こちらもGD@15では7位と最下位の対決です。ただhachamecha選手のー122ゴールドと、Yoshi選手の-487ゴールドの差はあまりに大きい・・・。

365ゴールド差は1位であるbugi選手と、5位であるTussle選手よりも差が大きいわけですからね?

ちなみに「AVG DPM(1分間に与えるチャンピオンへのダメージ)」も7位と最下位の2人。というかあらゆるスタッツが、本当に悪いんですよねこの2人。

日本人JGとして頑張ってほしい2人ですが、韓国人の壁はあまりにも厚いシーズンになったのかもしれません。

◆MID

さて問題はここです。GD@15が1位であるAria選手が+412ゴールドに対して、ninja選手は最下位の-363ゴールドです。その差775ゴールド差。

15分までにこれだけつけられてしまうと、MIDの主導権は完全になくなってしまいます。

MID JGがDUOレーンだという理屈だとしても、CGAはRJに410ゴールド勝てるわけですから。なので、完全に15分まではCGAに主導権があります。

「GPM」に至ってはAria選手が428、ninja選手が363ですからその差は65ゴールド。これは30分の段階で、1950ゴールドまで広がる計算です。

はっきり言えば「化け物であるAria選手を、正直あまり良くないninja選手が抑えれるのか?」というのが、この試合のMIDの考え方になります。

抑えれるピック。例えば「マルザハール」や「カルマ」などといったピックが予想されます。

◆ADC

元CGAのArt選手と、Gango選手の戦い。意外にもGango選手はGD@15では-81と負けています。一方Art選手は146ゴールドと、RJのBOTレーンの強さが見て取れますね。

Gango選手はカリスタなどを多くピックしているのにも関わらず、この成績なのではっきり言えばCGAのBOTレーンには、レーニングの強さがあまりないと思っていいでしょう。

ただ「GPM」では9ほどしか差がなく、「AVG DPM」ではGango選手選手がArt選手を上回るところをみれば、このADCの2人に差はないと思っていいはずです。

◆SUP

こうやってみると、サポートに差があるのかなと思います。ただおかしなことに、GD@15ではGrendel選手の方がviviD選手よりもいいんですよね・・・。

ADCではあれだけ差があるのに、逆にサポートでは差があるのは・・・?と思って見てたら、多分Grendel選手のパンテオン分ですね。

そう考えたらGango選手のGD@15の数値は、もう少しましだと思っていいかもしれません。

さてデット数ではGrendel選手は4.2とワースト1位。viviD選手が2.3なのを考えると、かなりの差があると言っていいでしょう。

試合がもつれるようなことがあった場合、CGAのトラウマ1万ゴールドがひっくり返ることはもうないと思いますが、それに近いことはサポートの差から産まれるかもしれません。

結論

TOPはどっこい。キャリーのパワーはCGA。しかしJG SUPのラインはRJ・・・。正直この2チーム本当にわからない!まじで!なんでV3はAXIZ指名したの?

確かにこの意味の分からなさ怖いけども!本当に難しいですね。でも結論は出さないといけないわけなので・・・「3-1でRJ!!!」と予測します。

根拠としては、まずBo5ということでRJのほうがベテランが多く有利だということ。

あとはLOLは試合数が多くなればメンタルゲームになるので、どう見てもCGAは3試合やれば1試合やらかす未来が見えてます。

なのでそこでやらかして、チーム的に若いCGAは立て直せないかなと思います。いっちゃえばコーチであるQooコーチも、新人みたいなものですからね。

CGAが勝つには勢いで勝つしかないわけですが、それにはBo5という壁が立ちはだかると思います。

最後に

いやー・・・V3 AXIZは見ていて楽しいデータが多かったのですが、この2チームは本当にわからない!データ見てもわからない!

いや、データを見たからこそ「このチーム本当にわからねーな」という感覚が、主観を除いても本当にそうだったということでもあります。この調子でSG DFMも予想していくので、また会いましょう。

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る