【人気】LOLコスプレイヤー3名へのインタビュー!イベントを盛り上げるのはレイヤーだ!

はじめに


LOLプレイヤー達のコミュニティの中で、私が1番気になっていた界隈があります。それは「コスプレイヤー界隈」。美男美女がLOLに登場するチャンピオンの恰好をするという「LOLコスプレ」。

ゲームのファンとして、とても楽しくSNSに上げられる画像を見させていただいているし、LJLなどのイベントで会場に彩りを加えてくれている彼らのおかげで、イベントが一層楽しいものになっていると思います。

しかし、彼らの画像や映像は頻繁に目にするものの、活動の実態や考えていることは中々知ることができていないのではないでしょうか?

なので、今日はLOLコスプレイヤーとして活動されている、れいよう氏(画像左)さきっちょ氏(画像中央)中目黒のぶ子氏(画像右)に、気になることをあれこれ質問させていただきました。

LOLコスプレのきっかけ

筆者:まずはお三方のLOLとの出会いを教えていただけますか?

さきっちょ:日本サーバーが始まる前にNAサーバーで始めました!元々は他のネットゲームをやっていて、そのゲームを一緒にしていた友達がLOLをやり始めたんですね。その時のプレイしている様子が凄く楽しそうで、始めました!

のぶ子:私も友達がきっかけですねー。このゲームって女性プレイヤーは、彼氏に誘われことが多いとおもうんですけど…

筆者:そうなんですか!?(笑)

のぶ子:はい(笑)

筆者:それは知らなかった…

のぶ子:ただ、私の場合はですね?彼氏がやっている女友達に誘われましたね。

筆者:そっちなんですね(笑)

のぶ子:ただ、私の場合はLOLが初めてのネットゲームです!

筆者:珍しい!

れいよう:僕もLOLが初めてのネットゲームだったんですけど…

筆者:そうなんですか!?

れいよう:僕の場合はシーズン2からやってて、そのころはあまり日本にも浸透していなかった印象があります。UIとかも全部英語だったし、wikiを見ながらプレイしていました。なんでこんなゲーム始めたのかは思い出せないんですけど、凄くハマっていたのは覚えていますね!

筆者:では、そこからLOLコスを始めたきっかけを教えていただけますか?

さきっちょ:私は元々、少しだけコスプレの活動をしていて、しばらくコスプレをしていない期間があったんですけど、LOLをプレイし始めて「アーリ」っていうチャンピオンに出会って「アーリちゃんめっちゃ可愛い!コスプレしたい!」って思ったのがきっかけですね!

筆者:たしかにアーリは人気ありますもんねー

のぶ子:私はLOLコスが初めてのコスプレです。一昨年の冬コミで始めたんですけど、その時ってKDAのスキンシリーズが出た頃なんですよ。その衣装が可愛いくて、コスプレしたいって思ったのがきっかけです。

筆者:KDAはめちゃくちゃバズりましたもんねー!

れいよう:私は友達に誘われて始めました。コスプレは元々やってみたかったんですが、LOLコスが最初のコスプレですね。

筆者:れいようさんといえば、男性なのに女性チャンピオンのコスプレのクオリティが高いですけど、昔からずっと女性チャンピオンのコスプレをしてたんですか?

れいよう:そうですね。何度か男性チャンピオンもやったのですが女性のほうが面白いかなーと思って、それからずっと、そっちのコスプレをしていますね!

LOLコミュニティの過去と今、チャンピオン達の魅力

筆者:昨年、LOLというゲームは10周年を迎えたわけですが、お三方がコスプレを始めた当初と比べて現在のLOLコスコミュニティに変化はありましたか?

れいよう:単純にかなり大きくなったと思います!日本サーバーの開設が発表された時に日本で初めての公式イベントがあったんですけど、現場にいたコスプレイヤーなんて、たったの3人ですからね!?

筆者:そうなんですか!?今じゃ考えられませんね!

れいよう:イベントに来ていた人数自体も、本当に数えられるくらいでした。今、LJLなんかの大会があれば数千人規模で集まりますし、コスプレイヤーの人数も数十人はいますからね。そういった意味でもコミュニティは成長しているなーと感じます!

筆者:そんなLOLコスコミュニティの雰囲気や良いところを教えてください

のぶ子:初めてコスプレをする前は「1人でイベントに行くのはちょっと怖いな」とかそんな不安があったんですね。でも、1人で部屋の中だけでコスプレをするのはもったいないなと思って、思い切ってれいようさんに相談してみたんです。

そしたら凄くサポートしてくれて。イベントの当日も待ち合わせしてくれたし、更衣室は男女違うんですけど、女子更衣室に一緒に行ってくれる人まで紹介してくれて、凄く楽しくイベントデビューできました。そういう意味で凄くオープンだし、アットホームなコミュニティだと思います!

筆者:れいようさん、めちゃくちゃ優しいじゃないですか!

れいよう:LOLコスのレイヤーさんたちはみんなファミリーですから!

筆者:名言出ましたね!

さきっちょ:今の文字に起こしたら絶対恥ずかしいやつだよ!(笑)

れいよう:たしかに!(笑)カットしてください!

筆者:絶対使います!(笑)

筆者:話は変わりますが、コスプレイヤーから見てLOLのチャンピオン(キャラクター)の魅力はどこにあると思いますか?

さきっちょ:やっぱり色んなキャラクターがいるところですね。かっこいいチャンピオンもいれば、可愛いチャンピオンもいるし、動物もいれば怪物もいますし。女子も男子も楽しめますよね。私はアーリちゃんが1番ですけど!

れいよう:スキンシリーズでいったら、KDAやスターガーディアン、projectなんてのもあってチャンピオンでも、スキンシリーズでも楽しめるっていうのも大きいと思います。

筆者:たしかにスキンシリーズを合わせてコスプレしている方もいますもんね。

今後の活動について

筆者:今後やっていきたい活動なんかがあれば教えてください

さきっちょ:アーリのコスプレを!あとはモフモフが好きなので、ナーとかですね。

れいよう:リワークされる、ボリベアもいいんじゃない?(笑)

筆者:あれはモフモフって言うんですかね?!(笑)

のぶ子:私はできるかどうかわからないですけど、アイバーンのコスプレですね。

筆者:アイバーン!?

のぶ子:木の表現が上手くいけば!

筆者:難しそう(笑) でも気になる!

れいよう:僕はコスプレではないんですけど、LOLコスプレイヤーたちが集まって実際にLOLをプレイする「LOLコスカスタム」をやってみようかなーと。はじめはオンラインでやってみて、盛り上がればオフラインイベントで大会チックにしてみたいとも思っています。

筆者:コスプレだけではなく自主イベントも考えてらっしゃるんですね!すごく楽しそう!

れいよう:とても楽しみです!

筆者:それでは最後にzerostさんのインタビュー記事でもしてもらった「日本のLOLシーンの未来予想」をお願いいたします。

れいよう:これから一気にコミュニティが大きくなることは、ないのかなと思います。その代わりじわじわと大きくなっていくと思っていて、コスプレでもそうなんですけどyoutubeの動画やイベントなどで、とにかく新規プレイヤーの入口を増やすことがその「じわじわ」を止めない燃料になるのかなーと思います。

筆者:なるほど。プレイヤー人口の増加がカギですもんね。本日はありがとうございました!

お三方:ありがとうございました!

インタビューの感想

僕は今でこそ生意気にもインタビュー記事などを書かせてもらっていますが、昔から初対面の人と話すのが苦手でした。特に今回お話をさせて頂いた、お三方のような美男美女が相手となると、どうにも緊張して会話が長続きしません(笑)

しかしお三方とも、質問をすれば真摯に考えてくれるし、気さくでとても話しやすかったです。そういった雰囲気が、LOLコスコミュニティ全体に流れていることを強く実感しました。

そして何よりも「LOL、Eスポーツ」という共通の話題があると初対面の人とでも楽しくお話ができるし、コミュニケーションを取れることが分かった1時間でした。

そんな楽しい雰囲気の中「僕もブラウムのコスプレしてみたいですね」と言ったところ、れいよう氏が「やりましょう!身体を鍛えるところから!」と、さっさくLOLコスファミリーへの招待状が。

最近お腹が出てきた筆者のLOLコスデビューは、まだまだ先になりそうです。

↓↓3名のTwitterはコチラ↓↓
さきっちょ氏tiwitter
中目黒のぶ子氏twitter  
れいよう氏twitter    

この記事の著者

吉田ヒデカズ

吉田ヒデカズ

構成作家やライターとして活動している吉田ヒデカズです。
LOLはシーズン3からプレイしているものの、ランク恐怖症のノーマル専。
「プレイしなくて楽しめるEスポーツ」をテーマに様々な視点から記事を作成しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る