【LOL解説】eyes氏インタビュー!LOL創世記からの立役者は何を語る?

LJLは2019年も盛り上がった。リーグ戦でも大物助っ人韓国人が入り、MSIとWCSの世界戦も残念な結果に終わったものの、あと一歩という姿を見せてもらえた。

日本サーバーも年月がたち、アマチュアシーンもなんやかんやで少しずつ賑わいつつある。さてみなさんそんなLJLや、それこそ日本のLOLコミュニティが昔々どんなものだったか知っているだろうか?

僕が知っているだけでも大会サーバーではなく、NAサーバーを使ってLJLが行われていたり(だから試合途中で緊急のパッチがあたったこともある)、日本のLOLコミュニティも、とても特殊でTwitchなんかではほとんど配信されていなかったり。

そんな僕が始めた頃よりも、更に前のLJL初期から実況という最前線でLJLそして.LOLコミュニティを引っ張り続けてきたeyesさんに今回は、お話を伺わせてもらった。

――今日はありがとうございます。早速ですが普段はLOL以外で、どういったことをしているんでしょうか?  

eyes氏:基本的には配信をしています。RPGやTFT等色々なゲームですね。あとはスマホゲームをよくやっています(画面いっぱいのスマホゲームのアプリを見せてもらう)。ゲーム以外だとジムや整体なんかにも行っています。基本的にはゲームが好きですね。

――LOLはいつ頃からやられていて、出会ったきっかけなどはあったんでしょうか?  

eyes氏:昔は格闘ゲームやFPSなんかをやっていました。もっと昔ならカードゲームもしていましたね。主にカウンターストライクをしていたんですけど、そのオンラインの友達がHeroes of Newerthというゲームをしていました。

今で言うDOTAやLOLの様なゲームなのですが、このゲームはアカウントを購入しないといけませんでした。ずっとそういうゲームをしたかったんですけど、そう思っているうちに無料でできるLOLができ、プレイし始めました。

だからシーズン1からずっとやっています。その当時はニコ生でLOLの配信をしている人を調べても、2~5つくらいしかない時代でした。

――そんな日本でほとんどLOLが広まってない中、どういった経緯で実況をし始めたのでしょうか?  

eyes氏:元々は「僕も配信してみたい!」と思ってニコ生でし始めたのがきっかけでした。その中で「LOLをやっている日本人と繋がりを持ちたい!」と思い、日本人10人集めてのカスタムという企画を始めました。

その中で最初のほうは普通に解説をしていたのですが、だんだん言うことが無くなってくるんですね。するとコメントで「実況してみたらどう?」という意見があり、やってみると想像以上にヒットし、その流れで当時あった色々なLOLコミュニティに呼ばれるようになりました。

――なるほど、そこからどういう風にLJLに入るのでしょうか?  

eyes氏:ある時、海外の実況者がお金を貰って仕事にしているのをみて「これが仕事になるのかよ!」と感銘を受けました。「やっていて楽しいし、仕事になるならこれを仕事にしてみたい」という気持ちが芽生えました。

そしてDetonatioNに入り、DetonatioNのチーム内の対決や、JCGの実況をしていました。その時DetonatioNの梅崎さんが、SANKOの方ととあるイベントで出会い「LJLっていうのを企画しているんだけど、実況にいい人いない?」という流れで僕を紹介してもらい、DetonatioNを辞めそのまま上京しました。

上京後はLJLを立ち上げからやりましたね。「仕事にしたい!」と思ってから約2年かかりました。

――Revolさんとはどういう経緯でコンビを組み始めたんでしょうか?  

eyes氏:TwitterのDMでお誘いしました。2度ほど断られましたが、その後「お仕事が決まったけど、それが始まるまでならできる」ということで、引き受けてくれました。

――そんなLJLや日本のLOLコミュニティを引っ張ってきたeyesさんですが、やっぱり初期からとは比べ物にならないくらい成長したと思います。その辺りはどうお考えですか? 

eyes氏:これくらいは成長すると思っていたので、その辺りは予想通りです。ただどれくらい貰っているか詳しいことはわかりませんが、選手がきっちりお金を貰えだしたのは嬉しいですね。ただ理想を言えばもっと稼いでほしい!1億とか。

――1億!でも海外の有名選手は何十億というのは聞きますよね  

eyes氏:全選手とは言わなくても、何千万円とかもらえるようになってほしいですね。ただでさえどの世界でも、プロというのは安定しない職業です。でもその分、見返りが大きくなればいいなと思っています。

――立ち上げからLJLに関わって苦労したことなどはありますか?  

eyes氏:まず「LJLという日本でLOLのプロリーグをやります」となった時、世間では「Eスポーツって何?」って時代でした。だから運営もLOLを知らない人が何人もいました。

「一般企業だとこうだよね?」ということも「ゲーマー的にはそうではない」ということが結構あるじゃないですか?そんな中で運営としてやっていたので、結構バチバチにやりあっていこともあります。

トーナメントの仕組みから、細かいことを言えばHPのページ1つこれは違うとか。今はもう運営にはいませんが、今でも中でどんなことをしているのかというのはわかっています。

――他には苦労したことはありますか?  

eyes氏:実況的な話で言えば、教えてもらえたり話を聞きにいける人がいなかったということです。だから海外のLOLの英語実況を全て翻訳してもらったり、短時間ですがアナウンサー学校に行かせてもらったりしました。

あとは普通のスポーツ実況理論を読んで、それをどうLOLの実況に結びつけるかなど、色々試しました。

――スタイルも昔と少し変わりましたよね?  

eyes氏:あの時は若かった(笑)昔は実況の基本や概念なとかを全く知らなかったので、イケイケドンドンでやっていました。ただ今でも毎年、色々と工夫して変えています。

例えば今年なら、テレビに近づけるということをしていました。具体的には「質問の回数を減らす」「描写を増やす」とか色々意識してやっていました。

一昨年なら毎週パワーワードを決めて「今日はお前の日だ!」や「何をやっているんだ!」などを言うように工夫していたこともあります。

――色々工夫されているんですね  

eyes氏:でもLOLと言うのは新しいジャンルなので、どういったものが合うかわからない。だから色々なところから吸収して、色々と挑戦しているんです。

毎年答えが見つかっているようで、見つかっていないのが大変ですね。あとは他に苦労したことはいっぱいあるんだけど・・・でも結局全部楽しかったな(笑)

――実況というのは具体的にどんなことを意識してやっているのでしょうか?  

eyes氏:どうストーリーを繋げるか、ということがまずあります。例えば試合前の選手やチームの成績、スタイルなどを把握してどういったバンピックをするのかを見ていき、そして実際そのピックでどういった経緯で、ネクサスを折るのか。という風にストーリーを繋げていきます。

――難しそうですね  

eyes氏:慣れると意外と大丈夫ですよ。いろんなスポーツの実況とかでも自然とやっていることです。他には今この実況解説は、どれくらいの人がどれくらい内容を理解しているのかを考えながらしています。

例えば今ならプレシーズンパッチですが、サイドレーンのくぼみやドラゴンの変更などの説明は必須ですが、来シーズンはオールスターでもう説明したのでいいよね。という感じです。

――1度説明したことはもう言わないということですか? 

eyes氏:そういうわけではなくて、それはコメントを見返して判断しています。毎試合自分の振り返りを兼ねてコメントはすべてチェックしているので、どの辺りの難易度まで説明のレベルを上げていいのか。そういったものを調整しています。

――全てはすごいですね。他に事前準備はあるのでしょうか?  

eyes氏:週によって変わるのですが、結構色々やっています。まずは先程いったストーリーを繋げるというのを作るのに必要な選手やチーム、メタの情報集めになります。

○○選手は何百試合目という雑学もありますし、データやスタッツをみてこのチーム、選手はどういうものかを把握したりもします。当然海外の試合も見ますし、ソロQの情報なども集めます。

――解説と変わらないような事前準備ですね  

eyes氏:自分である程度情報はもっておかないと、そもそも解説に話を振れませんからね。なのでそういうデータも自分たちで調べています。あとはゲーミングハウスに、お邪魔したりしていますね。

スクリムの画面は見ませんが、隅っこでどういう会話しているのか聞かせてもらったり、ご飯を見たりしています。丸1日かかるので結構大変です。ただそういう雑学系や豆知識の、手札の多さが実況では大事だったりもします。

――これからキャスターを目指す方になにかアドバイスはありますか?

eyes氏:キャスターはプレイヤーとは見られているもの、求められているものが違います。全てを投げ出せる人間でないと続かないと思います。

多い時では5.6万人に見られる立場ですから、もちろん技術とかは訓練するのは当然ですが、LOLというコミュニティに2.3年奉仕し、そういうことができるということが見せることができて、やっとスタートラインに立つ資格があります。

「僕やりたいです」では、できることではありません。あとはこの職業は、いつ食えなくなるかわかりません。僕自身もわからないくらいです。もちろん周りも僕自身もそうならないように努力しますが、どうしようもないこともあります。

だからお金だけを考えていたらダメで、お金は後からついてくるようなものだと思ったほうがいいです。後は自分がキャスターをする事でどういった未来を作りたいかというビジョンを持っているのは重要だと思います。

――話は変わりますが、色々変わった2019年のLJLはいかがでしたか?  

eyes氏:初めて8チームでのオフラインという形になって、会場も大きく変わりチケットも有料になりました。観客が周りから選手を見下ろせる形だったり、ファンミーティングも各チーム盛り上がったりもして、そういうところは良かったと思います。

後は降格のないフランチャイズ制になったので、長期的に見るチームが出てきたりそういうところは良くなったと思います。

――オフラインの環境はかなり良くなりましたよね  

eyes氏:ただ一方でオンラインから見ている方は「会場が変わったらしい」「新しいMCがいる」とか、それくらいしか変化を感じられなかったんじゃないかな?と思っています。

例えば他の地域なら、集団戦だけのダメージや、チャンピオンの勝率、選手の豆知識など各地域色々工夫しています。後はアナリストデスクとかですね。

――アナリストデスクはみんな期待していますね  

eyes氏:休憩中オフライン側はファンミーティングとかをしていますが、オンライン側は何もありませんよね。そういうところが改善されたらなと思います。

運営の判断や、技術的な問題もあると思うので、あくまで僕個人として期待しているという感じになりますが。

――実況解説にも新しいペアが入りました。その辺りはどうですか? 

eyes氏:新しい実況解説が入り、交代しながらになって楽になりましたね。昔は大変な試合数を2人でこなしたりしたので、それを思うと助かっています。

ただ、シーズン中にペアが変わったりしたのは少し苦労しました。長く組んでいるRevolさんなら、どんなボールを投げれば打ち返してくれるのかわかっているので、投げるボールを探すだけでいいです。

しかしペアが変われば、どんなボールを投げないといけないのかも頭のリソースを使うので、普段しないことをしたので疲れました。あとRevolさんなら打ち返せなくてもイジったりできますし。

――LJLや世界で好きな選手やチームはいますか? 

eyes氏:良く聞かれるのですけど、いないんですよね。もちろんリスペクトしている選手はいるのですが、昔から芸能人やスポーツ選手にそう思う人がいません。

どちらかと強いチームや選手が好きになります。基本的に勝っているチームが主導権を持っているので「勝っているチームが何をするか」を考えないといけないじゃないですか。

――Revolさんは逆に、負けているチームのことを言っているイメージがありますよね
eyes氏:あれにも理由があって、まず僕が勝っているチーム側のことを聞きます。その後に負けているチームは、じゃあどうしなければいけないのか?ということを聞くのがよくやる切り口なんですね。

ただ最近はRevolさんがその返しがわかっているので、それを待たずに自分から負けているチームのことを話しています。「こいつツッコミ消したな~」と思っています(笑)。

――(Zerostファンボーイの僕の電波) 

eyes氏:Zerostですか?瞬間的にはすごく上手いですよね。だから僕もずっと推しています。安定はしないんですけど(笑)去年とかならDFMがUSGに負けた試合は、USG側にかなり寄った実況をしていたはずですよ。「強いDFMをやっつけようとするチームが現れた!」って風に。

――――2019年のLOLのメタ的にはどう思われましたか?

eyes氏:今年は面白かったと思いますよ。やっぱり30分くらいが丁度いいかなと思っているので。試合内容もあのLCK地域ですらアグレッシブに動いて面白かったですし、実況的にも言うことが無くならないので助かりましたね。

――今後の目標などありますか? 

eyes氏:割と色々な目標は達成してきたので、夢という形になるかもしれませんが、LJLがWCSベスト16に残ったときに実況をしていたいですね。

ベスト16に残ると今年はなかったのですが、選手の呼び込みとかで一同に集まったりするんですね。会場とかも変わりますし。そしてできれば現地で実況をやって、雰囲気や熱気を現地から伝えたいです。

その先は・・・わからないですね。ただRiotのゲームでここまで来たので、ずっとRiotのゲームに関わっていけたらなと思います。Riotから新しいゲームも次々出ていますし、これからも出るようですしね。

――最後にファンへお願いします  

eyes氏:飯を食え食えと言われますが・・・おかげさまで今年実は3キロ太りました(笑)。ジムに行った成果がでているのかな?なのでジムを継続したいなと思っています。あとは怖いと言われることもあるのですが、現地でも気軽に話しかけてください。

筆者から

僕がLOLを長く関わっている理由の1つに間違いなくeyesさんの存在がある。「プロシーンに興味は殆どなかったが、日本語の実況解説なら聞いてみるか」という理由で見始めた人は僕だけではなく、他にもかなりいるのではないだろうか。

そんなeyesさんの進歩はまだ止まらない。この前のオールスターのTFT解説も素晴らしいほどわかりやすく、周りからも高評価の声が聞こえている。

もしTFTが、大会やプロ化などが進んで、そこにTFT専用の新しい解説が入ったとする。その横に実況にeyesさんがなったとしても、サモナーズリフトと同じだけの安定感をTFTでも見せてくれるだろうなという期待がもてた。

これから先も、eyesさんはずっとRiot Gamesを通して僕たちの前に姿を見せてくれるのではないだろうか。eyesさんありがとうございました。

来年また同じ時期に今度はキャスターみんなに意見を聞いて、できれば新年会の前に全てのインタビュー記事を書き上げて新年会のネタになればなと思っています。

追伸 eyesさんが新年会配信で遅れたのは自分のせいと言っていましたが、キャスターのインタビューが好評なのであえて感覚を開けたようです。eyesさんのせいではありませんよ!

この記事の著者

syouko

syouko

学生時代はスポーツでプロを目指し、その後スポーツのコーチへ。
CIV4マルチという闇のゲームを4年したあとLOLにハマり、アマチュアチームの代表兼コーチとして1年半運営。
LOLを競技として捉えている人達を応援しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る