【LJL2019レポート】再起と躍動のWeek6 BCついに勝ち星・CGA悲願のリベンジ達成

LJL Week6レポート

2019年2月24日におこなわれたLoLのプロリーグ「LJL 2019 Spring Split Week6」の模様をお届けします。BCはしばらくの不調を吹き飛ばす2連勝、CGAは2位争い中のUSGを相手に初戦の雪辱を見事晴らしました。ゲーム外でも、キャスターのファンミーティングがおこなわれたり、多くのファンが応援グッズを持参するなど、いつにも増して盛り上がった週となりました。

WEEK5 MVP

まずは先週のMVPプレイヤーの発表からです。AXZからuinyan選手とiSeNN選手の2名が選ばれ、今後のリーグにも期待ができる結果となりました。ADCで選出されたYutapon選手は誰もが予想できた選出で、もちろんNo.1 MVPに選ばれています。Week5の活躍を見れば当然の結果と言えますね。

各レーン

Week5 MVP
トップ:AXZ uinyan選手
ジャングル:AXZ iSeNN選手
ミッド:CGA Luna選手
ADC:DFM Yutapon選手
サポート:USG Enty選手

No.1 MVP

Week5 No1 MVP
Yutapon選手

これまでの順位

LJL Week5 Standings
Week6開始前の順位はこの通りです。
1位:(9-0)DetonatioN FocusMe
2位:(7-3)Crest Gaming Act
3位:(7-4)Unsold Stuff Gaming
4位:(5-5)Rascal Jester
5位:(4-6)Burning Core
6位:(3-6)V3 Esports
7位:(2-7)Sengoku Gaming
8位:(2-8)AXIZ

RJ vs BC

ピック/バン

LJL W6 RJvsBC
Rascal Jester(ブルー)★サイド選択
バン
ヨリック、ルシアン、リサンドラ、シヴィア、カリスタ
ピック
トップ:Alleycat/ポッピー
ジャングル:Wyvern/カーサス
ミッド:Hollis/ジェイス
ADC:Scottlyk/エズリアル
サポート:Yuki/アリスター

Burning Core(レッド)
バン
オラフ、ヤスオ、サイラス、ブラウム、サイオン
ピック
トップ:Cogcog/アーゴット
ジャングル:Once/シン・ジャオ
ミッド:Roki/ルブラン
ADC:Yutorimoyashi/カイ=サ
サポート:Mocha/スレッシュ

チームストーリー

teamstory
現在4位のRJと5位のBCによる対戦です。RJは先週DFMに敗れはしたものの好調が続き、BCはしばらく勝ちが無く厳しい戦いが続いている対照的な2チーム。実力的には拮抗しているだけに、どちらが勝つかはさっぱり読めない試合となりました。

試合の流れ

LJL BC FB
序盤、Once選手がカウンタージャングルでWyvern選手を倒しますが、カーサスのパッシブスキルによりキルを取り返します。ファーストブラッドはBCが獲得したものの大きな有利は獲得できません。

LJL RJ Herald
リフトヘラルドの戦いでは、RJがYuki選手のコンボからOnce選手にフォーカスを集めましたが惜しくもキルまで届かず、4キル獲得はBCとなりますが、ヘラルドはなんとかRJがラストヒットをとることに成功します。

その後のゲームはAlleycat選手に対してプレッシャーを与え続けるBCに対し、Wyvern選手を育てる動きに徹するRJ。お互いが別サイドでゲームを展開します、バロン戦はBCが危なげなく勝利し3レーンほぼ同時にインヒビターを破壊、そのままネクサスまで繋げWeek6初戦はBCが勝利しました。

LJL BC Mocha
インタビューに選ばれたMocha選手は照れながらも、「次の試合もガンバリマス」としっかりと聞き取れるくらいの日本語でコメントしました。

SG vs BC

ピック/バン

LJL W6 SGvsBC
Sengoku Gaming(ブルー)★サイド選択
バン
ヤスオ、イレリア、ジャーヴァンⅣ、ルブラン、ザック
ピック
トップ:Reiya/サイオン
ジャングル:Smile/スカーナー
ミッド:Taka/ゾーイ
ADC:OdduGi/カイ=サ
サポート:Raina/アリスター

Burning Core(レッド)
バン
オラフ、ヨリック、ルシアン、シン・ジャオ、ノクターン
ピック
トップ:Cogcog/アーゴット
ジャングル:Once/エイトロックス
ミッド:Roki/ビクター
ADC:Yutorimoyashi/カリスタ
サポート:Mocha/スレッシュ

チームストーリー

LJL W6 SG Raina
開幕戦初戦で1勝を挙げたSGですが、その後は1勝しかできない厳しい状況が続いているなか、先ほどの試合で久々の勝ち星を挙げた上り調子のBCとの対戦に少し不安を覚えます。

バンピックでは両者前のめりな構成になりましたが、果たしてどちらが上回るのでしょうか。

試合の流れ

LJL W6 SG FB
SGは序盤、Raina選手のフラッシュインのQから後ろに回ってのWで引き寄せ仕掛けます。Mocha選手のランタンにはしっかりワードを上に置くことで逃がさず、ファーストブラッドを獲得しました。

LJL W6 BC fight
バロン前のファイトではCogcog選手が完璧な戦いを見せますが、その後バロンに触ったBCに対して再エンゲージをしたSGがキルを返します。バロンはなんとかBCが獲得しました。

LJL W6 Mocha Hook
2度目のバロンまで長引いたこの試合を決めたのはMocha選手のフックでした。OdduGi選手に対して2回連続でフックを当ててキルを獲得しゲームを決めました。

BCはこの週2連勝と、翌週のDFM戦に向けて本調子とは行かないものの着実に修正してきた印象を受けます。1度目の対戦では惜しい所まで追い込んだこともあり、来週のDFM戦に期待が持てます。

RJ vs SG

ピック/バン

LJL W6 RJvsSG
Rascal Jester(ブルー)
バン
オラフ、ルシアン、カリスタ、アリスター、リサンドラ
ピック
トップ:Alleycat/アーゴット
ジャングル:Wyvern/タリヤ
ミッド:Hollis/ルブラン
ADC:Scottlyk/シヴィア
サポート:Yuki/ガリオ

Sengoku Gaming(レッド)★サイド選択
バン
ヤスオ、イレリア、サイラス、ノクターン、カーサス
ピック
トップ:Reiya/ヨリック
ジャングル:Smile/ジャーヴァンⅣ
ミッド:Taka/ゾーイ
ADC:OdduGi/エズリアル
サポート:Raina/タム=ケンチ

チームストーリー

LJL W6 RJ
お互いのチームがこの日1敗していて、なんとか1-1でこの週を終えたいと思っているでしょう。しかも、両チームともにBCに敗退しており、この試合は意地と意地がぶつかる試合になりそうです。

なお、SGとRJは1度目の対戦でSGが勝利しており、RJとしてはLJLの先輩として負けられないというプレッシャーもありそうです。

試合の流れ

LJL W6 Wyvern FB
ファーストブラッドはRJ、Wyvern選手が予想外のジャングルルートでトップガンクを決めます。これには解説のRevol氏も「これは読めない」とガンクルートを称賛。

LJL W6 SG BOT DIVE
しかしその後、SGの完璧なボットレーンへのダイブセットアップで2キルを取ります。これはOdduGi選手とRaina選手がレーン戦でScottyk選手の体力を削っていたからこそのダイブと言えるでしょう。

LJL W6 SGvsRJ focusReiya
しかしその後の集団戦は長い戦いが続き、お互い一歩も引かない戦いが続きます。SGはTaka選手のポークを軸とした戦いに、RJはWyvern選手のポークを中心とした戦いになります。RJはReiya選手のスプリットプッシュに対してチーム全体でプレッシャーを与えます。

中盤くらいかなと思った矢先に始まった集団戦。Reiya選手がいないSGは先にOdduGi選手がダウンしてしまい崩れたかと思いきや、残った3人が粘り強い戦いを見せ、その間にReiya選手はネクサスタワーをどちらも破壊。Taka選手も体力がまったく無い状態からScottlyk選手をキルするビッグプレイを見せるなど人数差を感じさせない集団戦を展開します。

LJL W6 SGvsRJ Backdoor
SGはそこからテレポートでネクサスタワー前に合流したTaka選手がネクサスを破壊し、貴重な1勝をもぎ取りました。

DFM vs AXZ

ピック/バン

LJL W6 DFMvsAXZ BANPICK
DetonatioN FocusMe(ブルー)★サイド選択
バン
ジェイス、ヤスオ、カーサス、ビクター、ルブラン
ピック
トップ:Evi/ヨリック
ジャングル:Steal/グラガス
ミッド:Ceros/カルマ
ADC:Yutapon/ルシアン
サポート:Gaeng/ブラウム

AXIZ(レッド)
バン
ブラッドミア、ノクターン、サイラス、シン・ジャオ、ザック
ピック
トップ:uinyan/イレリア
ジャングル:iSeNN/ジャーヴァンⅣ
ミッド:Gariaru/コーキ
ADC:Day1/アッシュ
サポート:ThintoN/タム・ケンチ

チームストーリー

LJL W6 AXZ
現在圧倒的首位のDFMと、最下位のAXZの対戦です。AXZは先週2勝目を挙げて意気揚々と臨む1戦です。

最近のAXZの成長を見ていると、王者を倒す可能性さえ感じるファンもいるのではないでしょうか。

試合の流れ

LJL W6 DFMvsAXZ BOTFIGHT
DFMはボットサイドで、AXZはトップサイドで動かす戦いに。ボットレーンでは序盤仕掛けたDFMがファーストブラッドを獲得するも、ThintoN選手のカウンターで1-1交換。激しい試合の予感がします。

LJL W6 DFMvsAXZ TOPDIVE
9分でトップにダイブをしかけたのはAXZ。丁寧なセットアップからuinyan選手のとった有利をさらに広げていきます。しかしDFMはカウンターでボットのタワーを獲得しYutapon選手にゴールドを集めます。

LJL W6 DFMvsAXZ teamfight
タワーを獲得してからのDFMのローテーションは流石のものでした。すぐさまトップに動いたYutapon選手はトップレーンのタワーも破壊。タワープレート10枚分のゴールドを獲得します。その後22分ほどでの集団戦でYutapon選手がトリプルキルを獲得、そのままバロンに繋げます。Ceros選手がキャッチされて始まった集団戦でしたが、Ceros選手はフラッシュを落とすこと無くさばきました。

バロンを取ってからのDFMは丁寧な動きでした。キャッチされないように全員で動き、次々にオブジェクトを獲得していき、完璧なローテーションでゲームを畳みました。

CGA vs AXZ

ピック/バン

LJL W6 CGAvsAXZ BANPICK
Crest Gaming Act(ブルー)★サイド選択
バン
イレリア、マルザハール、シヴィア、ケネン、ビクター
ピック
トップ:Nap/アーゴット
ジャングル:hachamecha/リー・シン
ミッド:Luna/サイラス
ADC:Art/ルシアン
サポート:Grendel/スレッシュ

AXIZ(レッド)
バン

ピック
トップ:uinyan/ジェイス
ジャングル:iSeNN/ジャーヴァンⅣ
ミッド:Gariaru/カシオペア
ADC:Day1/アッシュ
サポート:ThintoN/タム・ケンチ

チームストーリー

LJL W6 CGA
プレイオフ圏内のCGAと未だ最下位であるAXZの戦い。CGAはこの後に同じくプレイオフ圏内のUSG戦を控え、チームの士気的にも負けられない戦いです。

一方AXZは先程のDFM戦で煮え切らない試合の後ということで、切り替えられているかが焦点になります。

試合の流れ

LJL W6 CGAvsAXZ Bait
ThintoN選手のナイスベイトでGrendel選手をキルしファーストブラッドを獲得したAXZですがすぐあとボットでのファイトはhachamecha選手の素早い寄りでCGAが1キル返します。

LJL W6 CGAvsAXZ Nap solokill
しかしAXZは狙っていた戦術が上手く決まらないままゲームが進み、hachamecha選手が序盤圧力をかけていたトップでNap選手がソロキルを獲得。ゲームが少しずつCGAに傾いていきます。

LJL W6 CGAvsAXZ Luna engage
Luna選手がDay1選手のアルティメットを奪うなどで積極的にエンゲージしていき、ドラゴン前のファイトではDay1選手にアローがヒット。AXZは対応し切れず集団戦をCGAが制します。集団戦を覆せなかったAXZはそのまま押し切られて本日2連敗を喫しました。

DFM vs V3

ピック/バン

LJL W6 DFMvsV3 BANPICK
DetonatioN FocusMe(ブルー)
バン
スレッシュ、エイトロックス、ジェイス、ジャーヴァンⅣ、グラガス
ピック
トップ:Evi/サイラス
ジャングル:Steal/シン・ジャオ
ミッド:Ceros/ハイマーディンガー
ADC:Yutapon/カイ=サ
サポート:Gaeng/ガリオ

V3 Esports(レッド)★サイド選択
バン
ルシアン、ヨリック、タム・ケンチ、ダリウス、エズリアル
ピック
トップ:Paz/アーゴット
ジャングル:Neo/リー・シン
ミッド:Ace/シンドラ
ADC:masyo/ヤスオ
サポート:viviD/セジュアニ

チームストーリー

LJL W6 V3
V3は先週の最後の試合でAXZ相手に集団戦で勝ちきれず敗退してしまい、この試合に負けると週をまたいで2連敗という場面。リーグ中盤の重要なポイントだけに連敗は避けたいところ。

しかし相手は王者DFMということもありピック/バンで奇策を仕掛け、ボットレーンでヤスオ・セジュアニというシナジーを活かした編成でゲームの組み立てを狙います。LJLに途中から合流したMasyo選手を信頼しているピックであることは間違いありません。

試合の流れ

LJL W6 DFMvsV3 BOTGANK
ボットで動かしたいV3はNeo選手が常にボットガンクを狙います。しかしDFMはそれに対ししっかりと警戒しGaeng選手とYutapon選手はガンクに対ししっかりと引いて対応します。逆にSteal選手がボットへ寄ってカウンターキルをとるなどボットで有利を作ります

LJL W6 DFMvsV3 ENGAGE
さらに、トップのEvi選手はいつものごとくですが、ミッドのCeros選手がカウンターピックを取られているにもかからわずレーンで有利を取る奮闘。結果、全ロールで有利をとっていたDFMが持ち前の綺麗なローテーションでゲームを綺麗に畳みました。

LJL W6 Evi Interview
Evi選手は試合後のインタビューで「LJLで無敗はチームとして掲げている目標というわけではありません。LJLを勝ち抜けてその先にある世界を見ています。MSIで結果を出したいですね。」と意気込みを話しました。また、Steal選手がEvi選手に冷たいのでは?という問いに対しては「まあ、あいつ(Steal選手)はツンデレですから(笑)」と仲の良さを示しました。

USG vs CGA

ピック/バン

LJL W6 USGvsCGA BANPICK
Unsold Stuff Gaming(ブルー)
バン
ルシアン、シヴィア、ノクターン、ゾーイ、アジール
ピック
トップ:apaMEN/アーゴット
ジャングル:Tussle/ジャーヴァンⅣ
ミッド:Dasher/リサンドラ
ADC:Keymaker/エズリアル
サポート:Enty/スレッシュ

Crest Gaming Act(レッド)★サイド選択
バン
スウェイン、マルザハール、ジェイス、ルブラン、ハイマーディンガー
ピック
トップ:Nap/エイトロックス
ジャングル:hachamecha/リー・シン
ミッド:Luna/サイラス
ADC:Art/ブラッドミア
サポート:Grendel/ガリオ

チームストーリー

LJL W6 USG
この日最後かつ一番注目されていた試合となりました。2位争いをしているチームUSGとCGAの直接対決です。
この2チームの直接対決の結果は、士気的にも順位的にも今後のリーグ戦に大きく影響が出そうです。

Keymaker選手がメイジではなくADCをプレイする貴重な試合に目が離せません。

試合の流れ

LJL W6 USGvsCGA Firstblood
ファーストブラッドが発生したのは10分になろうとした瞬間でした。Enty選手のフックからhachamecha選手を狙ったUSGですが、hachamecha選手はTussle選手のアルティメットに対して完璧にフラッシュで反応しました。しかし逃げ先へKeymaker選手がアルティメットを打つことでしっかりと回収します。

LJL W6 USGvsCGA teamfight
18分時点、Luna選手に対して仕掛けたUSGですが、仕掛けに対してLuna選手はクレンズとDasher選手から奪ったアルティメット、さらにはGrendel選手のアルティメットによりカウンターに成功し2キルを獲得します。

LJL W6 USGvsCGA Elderdrake
ドラゴンは6連続でUSGが獲得し、USGが相当有利に思われていたゲームでしたがゴールド差はそこまで開かずに進んでいきます。バロンを狙うUSGに対して集団戦を仕掛けるCGA。それでも大きなキル交換には至らず、バロンの獲得には至りません。ゲームが動いたのは40分、エルダードラゴンの攻防でhachamecha選手がしっかりとスマイトでエルダードラゴンを獲得します。

LJL W6 USGvsCGA baronfight
そのままバロンに向かったCGAに対してUSGはapaMEN選手がルーンによりサモナースペルをスマイトに変更。Keymaker選手のアルティメットに合わせてフラッシュインでバロンスティールを狙いましたが、たった165ダメージ足りずバロンスティールに失敗、止める術が無いUSGはそのまま押し込まれてしまい、CGAは悲願のリベンジを果たしました。

現在の順位

LJL W6 Standings
かっこ内はWeek6開始前の順位です。
1位:(11-0)DetonatioN FocusMe(1位 -)
2位:(9-3)Crest Gaming Act(2位 -)
3位:(7-5)Unsold Stuff Gaming(3位 -)
4位:(6-6)Burning Core(5位 ↑)640
5位:(5-7)Rascal Jester(4位 ↓)
6位:(3-7)V3 Esports(6位 -)
7位:(3-8)Sengoku Gaming(7位 -)
8位:(2-10)AXIZ(8位 -)

まとめ

BCが貴重な勝ち星からの2連勝、CGAはUSGに対しリベンジを果たすなど、この週にもドラマが有りました。さらにこの週は応援グッズを持ってきているファン推しチームのユニフォームを着て応援しているファンも多く、応援の熱量がいつも以上に感じられました。

さらに今週はキャスターのファンミーティングがあり、ファン方々も自分の好きなキャスターとの交流を楽しんでいました。

来週以降からは後半戦となるLJL、応援にさらに熱が入るのは間違いなく今後も目が離せなさそうです。

前週/Week5のLJL記事:【LJL2019レポート】涙と感動のWeek5 AXIZの意地・DFMとUSGの熾烈なトップ争い
次週/Week7のLJL記事:【LJL2019レポート】波乱のWeek7 王者DFMにシーズン初黒星をつけたのは福岡の侍たち

参考リンク

LJL2019 Spring Split Week 6 – Twitchアーカイブ動画

LJL公式サイト

関連記事

ページ上部へ戻る