【LoL】女性プレイヤーとして初めてNALCSに出場したプレイヤー”Maria”がLJLへの参戦を希望

maria

画像:Remilia選手ツイッター

NALCSで初の女性プレイヤーとして有名になったRemilia選手(Maria)が、自身のツイッターでLJLに参戦を希望していると明かしました。

Remilia選手は以前からLJLでプレイすることを望んでおり、ツイッター上で何度かLJLチームへのアプローチをおこなっています。実力はプロリーグに出ていただけはあり折り紙付きで、特にスレッシュを得意とするサポートプレイヤーです。実績は下記。

しかし、LJLのサポートは韓国人選手や韓国へ留学経験のあるEnty選手など、熾烈なロール争いが起こっているポジション。他にも男女の違いによりゲーミングハウスでの共同生活の大変さなど、解決しなければならない課題は多いでしょう。

果たして、今後LJLでRemilia選手を見る機会はあるのでしょうか。でも、インパクトはありそうですよね。

情報元

Remilia選手 ツイッター

この記事の著者

Melt

Melt

1992年北海道生まれ北海道育ち
2000年よりオンラインの対戦ゲームをプレイし始める。

2010年に上京して以来、esportsの選手、イベントや大会の企画・運営、チームマネジメント、メディア等に携わり今に至る。

現 ゲーミングイベントチーム「Sky Rocket」のチーフディレクター

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る