沖縄県初のEスポーツメディアが主催する大会「ぷよぷよeスポーツ 沖縄チャレンジカップ」が開催

SEGAのタイトル「ぷよぷよeスポーツ」の大会が、2月3日(日)に沖縄にて開催されます。

大会概要

運営

共同主催:琉球放送株式会社・一般社団法人沖縄ゲーム企業コンソーシアムeスポーツ部会
共催:SiS OKINAWA実行委員会
運営:株式会社ザ・ウェーブ・ワンドット

大会名

RBC『ぷよぷよeスポーツ』沖縄チャレンジカップ

日時

2019年2月3日(日)15時30分~18時

会場

シネマQ(サンエー那覇メインプレイス 2階)

大会方式

16名によるトーナメント
その他レギュレーションはセガゲームス公式大会「ぷよぷよカップ」に準拠

応募

事前応募は既に締切
当日13時からのぷよぷよeスポーツ体験会参加者からの推薦2枠あり

出演者

イベントMC:空馬良樹

同日開催「沖縄県におけるeSportsの展望と異業種連携」シンポジウム

大会当日は内閣府 沖縄総合事務局主催によるシンポジウム「沖縄県におけるeSportsの展望と異業種連携」も開催されます。参加は無料なので、興味のある方は参加してみてはいがかでしょうか。

テーマ

・世界市場やeスポーツリーグ運営について
・東京の現状(Youtubeでのマネタイズ事例等)
・MICE等観光業から期待するeスポーツ
・沖縄でのeSportsの過去・現状(想定競技人口や地域コミュニティの展開事例等)
・ゲームメーカーとして沖縄に期待する事
・スポーツ団体としてeSportsに期待する事

登壇者

・渋川 浩史氏(一般社団法人 沖縄ゲーム企業コンソーシアム 事務局長)
・高津 友彦氏(琉球フットボールクラブ株式会社)
・谷田 優也氏(ウェルプレイド株式会社 代表取締役社長)
・玉城 国博氏(OTS MICE MANAGEMENT代表取締役社長)
・西山 泰弘氏(セガeスポーツ推進室 プロデューサー)
・本間 裕 氏(株式会社yTuber.tv) 

ぷよぷよeスポーツは、いばらき国体の競技タイトルにも採用

いばらき国体
ぷよぷよeスポーツは10月5日、6日に開催されるいきいき茨城ゆめ国体の文化プログラムにておこなわれる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の競技タイトルにも選ばれており、今注目のEスポーツタイトルです。

直近では1月31日(木)から2019年2月13日(水)までの期間限定で「ぷよぷよeスポーツ」を500円(税込)で購入できる期間限定セールもおこなわれるなど、ユーザーの獲得にも熱が入っています。

これを機に始めるプレイヤーは、数多く開催されているぷよぷよeスポーツの大会に参加してみてはいかがでしょうか。

情報元

RBC『ぷよぷよeスポーツ』沖縄チャレンジカップ | 琉球放送

eスポーツシンポジウム/eスポーツ体験会の開催について | 内閣府

SEGA | ぷよぷよポータルサイト | eスポーツ | 全国都道府県対抗 eスポーツ選手権2019 IBARAKI

この記事の著者

Melt

Melt

1992年北海道生まれ北海道育ち
2000年よりオンラインの対戦ゲームをプレイし始める。

2010年に上京して以来、esportsの選手、イベントや大会の企画・運営、チームマネジメント、メディア等に携わり今に至る。

現 ゲーミングイベントチーム「Sky Rocket」のチーフディレクター

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る