【LoL】スキマ時間でEスポーツ観戦【LCK2019Spring Week1 SKT vs JAG】

LoL LCK SKTvsJAG

Eスポーツ大会で、試合が動いたタイミングや興奮したタイミングを筆者が独断と偏見で選び、Twitchクリップ機能を使ってご紹介する本企画。

最初にご紹介するのは、LoLでは一番レベルが高いと言われている韓国プロリーグ「LCK」です。2019年1月16日に2019シーズンの開幕を迎えたLCKの開幕試合、トッププロFaker擁する「SK Telecom T1(SKT)」vs「Jin Air Green Wings(JAG)」を振り返ります。

ロースター

SKT

TOP:Khan
JUNGLE:Clid
MID:Faker
ADC:Teddy
SUPPORT:Mata

JAG

TOP:Lindarang
JUNGLE:Malrang
MID:Grace
ADC:Route
SUPPORT:Kellin

Game1

BanPick

BLUE:SKT

■BAN
イレリア、アカリ、エイトロックス、カミール、キンドレッド
■PICK
TOP:ビクター
JUNGLE:リー・シン
MID:アーゴット
ADC:エズリアル
SUPPORT:タム・ケンチ

RED:JAG

■BAN
カシオペア、ルシアン、ジェイス、ゾーイ、アジール
■PICK
TOP:サイオン
JUNGLE:シン・ジャオ
MID:ガリオ
ADC:カイ=サ
SUPPORT:ラカン

試合の流れ

ファーストブラッドはJAG

世界レベルのトップレーナーであるKhan選手に対し、Malrang選手がしっかりと対応。我慢して我慢してのガンクを一発で決め、ファーストブラッドを獲得します。

インファーナルドレイクはSKTが獲得

Clid選手も相手のジャングルの位置をしっかりと予想し、的確なドラゴンの判断を下しファーストドラゴンを獲得しました。

JAG集団戦をいい形で仕掛けるも、SKTが神対応

Kellin選手がラカンのアルティメットスキル「みんなオレに夢中」からキャッチを試みるも、SKTの対応が上手くしっかりと返されてしまいます。

安定した戦いをみせるClid選手のリー・シン光る

この試合のベストプレイは間違いなくここ。Clid選手は1vs2の人数差が不利な状況でも果敢に追撃し、タワー下での飛びつきからのストップウォッチを使うプレイングも完璧。しっかりと2キルを取りきります。

JAG 最後の望みにかけた集団戦

またしてもKellin選手が素晴らしいイニシエートを決めるも、ここまでの差が付きすぎてしまったのか集団戦の軍配はSKTにあがり、そのままゲームエンド。1戦目に勝利したのはSKTとなりました。

Game2

BanPick

BLUE:JAG

■BAN
ビクター、ジェイス、イレリア、エズリアル、リー・シン
■PICK
TOP:サイオン
JUNGLE:エイトロックス
MID:ガリオ
ADC:カイ=サ
SUPPORT:ラカン

RED:SKT

■BAN
ルシアン、カシオペア、アカリ、カミール、ルブラン
■PICK
TOP:ライズ
JUNGLE:セジュアニ
MID:アーゴット
ADC:ヴァルス
SUPPORT:タム・ケンチ

試合の流れ

ファーストブラッドはJAG SKTもFaker選手を起点に返す

JAGはまたしても先にトップレーンに集合し、Khan選手をキル。しかしそこにテレポートしてきたFaker選手がしっかりと1キルを取り返します。

Clid選手の読み勝ち カウンターガンクを決める

ボットへのガンクを決めようとしたJAG。Kellin選手の素晴らしいエンゲージも虚しく、そこに待ち構えていたClid選手のカウンターガンクによりSKTはしっかりと2キルを重ねます。

Faker選手を4人で狙うも生存 Mata選手のナイスプレイ

4人に狙われたFaker選手を救ったのはMata選手。タム・ケンチのスキル「丸呑み」で間一髪Faker選手の救出に成功します。

バロン獲得はSKT JAGも1キル返す

先にバロンにアプローチしたのはSKT。しっかりと取りきり、Faker選手を囮にして4人の選手がバロンを持ち帰ります。Faker 名誉の戦死。

きれいなローテーションと集団戦が光るSKT

Mata選手の使うタム・ケンチの「船旅」による揺さぶりなどで、タワーを獲得していくSKT。JAGもテレポートからエンゲージを試みますが、Teddy選手がダメージを出し切ってそのままゲームエンド。勝利したのはSKTとなりました。

まとめ

SKTの2連勝で開幕したLCK。王者の帰還になるのかどうか、全LoLプレイヤーが注目するリーグになることは必至です。

JAGも要所でのエンゲージなどはしっかりとしていて、今シーズンのLCKも目が離せなさそうです。

この記事の著者

Melt

Melt

1992年北海道生まれ北海道育ち
2000年よりオンラインの対戦ゲームをプレイし始める。

2010年に上京して以来、esportsの選手、イベントや大会の企画・運営、チームマネジメント、メディア等に携わり今に至る。

現 ゲーミングイベントチーム「Sky Rocket」のチーフディレクター

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る

Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/wwifglkw/public_html/wp-includes/functions.php on line 3783